■8月14日(土) ~後編~
午後7時過ぎ、無事にスタート地点の『McCarran Rent A Car Center』に到着しました。
追加料金を取られること無く返却も無事に終り、無料シャトルバスに乗って空港まで戻ります。

タクシーで空港に到着するとチェックインカウンター前に下ろされるので、荷物を押して到着ゲートの方へ移動しタクシー乗り場へ。タクシー乗り場ではテーマパークの様な行列が出来ていましたが、次から次へとタクシーが来るのであっという間に乗れる順番がやってきました。
マッカランのタクシー乗り場

最終日の宿泊ホテルはMGM Grand Hotel & Casinoです。
ストリップ沿いの大きなホテルでは空港から一番近いホテルなので、タクシー料金は10ドルほどでした。
MGM Grand

MGMのロビーです。
チェックインの対応をしてくれたのはアジア系の女性でしたが、とても対応が良く、しかも滑舌が良いのか英語がとても聞き取り易くて、今回の旅行で一番好印象なホテルでした。
カードキーを受け取ると、カジノの横にある秘密の扉の様なところから客室があるフロアへ移動します。
この扉を入るにも客室のカードキーが必要となっています。
MGM Grandのロビー

客室はデラックスルームですが、いたって普通の客室でした。
荷物を部屋に置くと直ぐに外へ出ます。
MGMに泊まるのは初めてでしたが、2年前に館内を見ていたので、とくに館内見学はしませんでした。
客室

ホテルを出ると、ストリップ沿いを黙々と北へ歩きます。
土曜日の夜ということもあって、道路も歩道も連なる店舗も人で溢れています。
途中、見知らぬ夫婦と記念撮影♪
なぜ写真を撮ったのか忘れました( ̄∀ ̄)?
見知らぬ夫婦

ラスベガスの街はとてもハイテンション!!
全員が酔っ払っているという訳ではないでしょうが街の雰囲気がそうさせるのでしょうね~♪
普通に歩いていると見知らぬおじさんがハイタッチしてきたりします(笑)
いたるところにコスプレした人がいてチップを稼いでいます。
これで商売が成り立つアメリカってやっぱり魅力的ですね(≧∇≦)
コスプレおやじ?

ホテルのカジノ内では撮影禁止なのですが、通りを歩いていてもカジノがあるので外から撮影しました。
テーブルの上でポールダンスしています(@ ̄∇ ̄@)
カジノのポールダンス

街の雰囲気を楽しみながら歩いていると・・・

なんとブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー夫妻が!?
ブラピ&アンジー夫妻

隣りにはなんとブリトニー・スピアーズ!!!
去年、ボストンのコンサートに行ったくらい大ファンのブリちゃんに会うことが出来ました(笑)
ブリちゃん 
ブリちゃんと3ショット

スピーディーワンダーとデュエットもしてみました♪
スピーディーワンダー 

タイガーウッズがパッティングに悩んでいたのでなつ譲と一緒にアドバイスしました♪
タイガー 

これは誰ですかね??
誰かな? 

オバマ大統領もお忍びでラスベガスに遊びに来ていました♪ Yes,we can!!(≧▽≦)
オバマ 

他にもたくさんの有名人に会いました(笑)
実はここはホテル The Venetian(ベネチアン) の中にあるワックスミュージアムMadame Tussaudsなのです。
新婚旅行で行ったハリウッドにあるワックスミュージアムより格段に質が良くとてもリアルでした。
ブリちゃんが見たいが為、MGMから30分以上歩いてベネチアンまで行き、25ドル/人の入場料を払って入りましたが、予想以上に楽しく満足しました(@ ̄∇ ̄@)♪
Madame Tussauds

ワックスミュージアムを出るとベネチアンの中を見て回ります。
年末年始に本物のイタリアを見ていますが、本物に負けないぐらい豪華な造りになっています。
ベネチアンの中

館内にはドレスアップした人達がたくさんいます。
カメラを向けると快くポーズを取ってくれます♪
ラスベガスの女性達1 
ラスベガスの女性達2

さらに奥に進むとベニスの街が現れ、水路にはゴンドラが行き交っています。
既に11時を過ぎていましたが、空は明るいので変な感じでした(*/。\*)
ベニスの街 
ベニスの街

館内をぐるっと一周し、ロビーを通って外へ出ました。
ベネチアンのロビー

外に出ると、ストリップの大通りに掛かる歩道橋を渡り反対側へ。
来たときの反対側を通ってMGMまで戻りました。

今行ってきたベネチアンです。
ベネチアン

Mirage(ミラージュ)です。
新婚旅行ではここでランチバフェをいただきました♪
ミラージュ

Caesars Palace(シーザースパレス)です。
シーザースパレス

1日目に泊まったBellagio(ベラッジオ)です。
ベラッジオ

ベラッジオの前にあるParis(パリス)です。
パリス

ベラッジオの隣にあるAria(アリア)です。
ラスベガスのシティーセンターでもあります。新婚旅行の2年前は何もない空き地でした。
アリア

MGMの前にあるNewYork NewYork(ニューヨーク・ニューヨーク)です。
ニューヨークニューヨーク

やっとホテルに戻り、就寝したのは午前2時過ぎでした(*/。\*)


■8月15日(日)
6時に起床、荷造りをして7時にチェックアウトしました。
タクシーに乗ってマッカラン国際空港へ移動します。
アメリカン航空のセルフチェックインカウンターでチェックインし、ラスベガス⇒ロサンゼルスの国内線と、ロサンゼルス⇒成田の国際線の航空券を発券しました。
ここで、なんと国際線がプラス550ドル/人でビジネスクラスにアップグレード出来るのを知り、かなり心が揺らぎましたが、グッと我慢しエコノミークラスで発券しました(πーπ)
空港到着

セキュリティチェックを通過し、搭乗ゲートがあるDゲートに移動しました。
折角ラスベガスに来たのに、今回は一度もカジノで遊びませんでした。
空港内のスロットマシーンの前で記念撮影だけです( ̄ー ̄)♪
Dゲート内にて

その前にあるRUBY'Sで朝食を食べることに。
アメリカで最後のハンバーガーなので味わっていただきました( ̄▽ ̄)
RUBY'S 
RUBY'Sのハンバーガー

10時15分、ラスベガス発のアメリカン航空AA793便に乗り、1時間ほどでロサンゼルスに到着しました。
アメリカン航空同士の乗り継ぎなのでターミナルの移動は必要なく、同じターミナル4内で時間を潰します。
一度外に出ても良かったのですが、もう一度セキュリティチェックを受けるのが面倒なので止めときました。
ターミナル4

12時45分、ロサンゼルス発のアメリカン航空AA169便にてアメリカを出国しました(πーπ)
帰りの飛行機内での機内食です。
やっぱりアメリカン航空の機内食は美味しいです♪
機内食1 
機内食2 
機内食3 
機内食4

日本時間8月16日(月)16時05分、無事に成田空港に到着しました。
成田空港内で久々の日本食を食べ、19時55分発の福岡行のJAL便に乗って帰りました。
成田空港到着


最後に、今回の『アメリカ グランドサークルの旅』は初めての(ツアーではない)完全個人旅行であり、初めて海外で車を運転するレンタカーの旅でした。肝心な英語力は中学生レベルしかない私なので、出発前は不安ばかりでしたが、幸い事故やその他のトラブルもなく無事に終えることができ、かなり充実したドライブ旅行となりました。
予算的には交通費・宿泊費・食費をトータルして、ピーク時期であるこの時期のツアー利用よりは若干安い程度ですが、好きな時に寄り道したりコースを変えたりと融通が利くので価格差以上に価値がある旅行でした。
この経験を活かし、今後も(頑張って働いて)可能な限り世界中を旅してみたいと考えています♪

アメリカ グランドサークルの旅 2010 ~完~



◆◆◆アメリカ グランドサークルの旅 2010◆◆
#1:2010.8.10(出国~ラスベガス到着)
#2:2010.8.11(ラスベガス~グランドキャニオン~カイエンタ)
#3:2010.8.12(モニュメントバレー~モアブ~アーチーズ)
#4:2010.8.13(キャピタルリーフ~ブライスキャニオン~カナブ)
#5:2010.8.14前編(カナブ~アンテロープ~ザイオン)
#6:2010.8.14後編(ラスベガスの夜~帰国)




クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
■8月14日(土) ~前編~
この日はラスベガスへ戻る日、長い一日なので2編に分けてレポします。

5時半起床、Kanab(カナブ)の朝もかなり冷え込み、部屋の外に出て寒さにビックリしました。
荷造りを終わらせチェックアウト前にスーツケースを車に積み込みます。
ロビーで待機し6時半からの“FREE BREAKFAST”に一番乗りです。
今日も朝食はセルフのワッフル、シロップを掛け過ぎてドロドロになりました^^;
Kanabの朝食

なつ譲の後ろに写っているのは3人組の日本人です。
日本人って何処に行っても居るもので、カイエンタでもモアブでも同じホテルに日本人が居ました。

カナブを7時半ごろ出発し、US-89を東へ120kmほど走ります。
9時前にはLake Powell(レイクパウエル)に到着し、Glen Canyon Dam(グレンキャニオンダム)の横にあるビジターセンターに立ち寄りました。
ところで、出発地のカナブはユタ州でサマータイムを採用しているのですが、グレンキャニオンダムがあるペイジはアリゾナ州なのでサマータイムを採用していません。なので実際は8時前に到着したことになります。
よって、まだビジターセンターは開館しておらず、建物の裏に回ってグレンキャニオンダムとレイクパウエルを見学しました。
ビジターセンター 

奥に見えるのが人造湖のレイクパウエルで、ダムはコロラド川を堰き止めています。
このダムの下流にグランドキャニオンがあるのです。
レイクパウエル 
グレンキャニオンダム

ダムの前に掛かる橋を渡り、Page(ペイジ)の街に入りました。
ペイジ

11時半のアンテロープツアーを予約しているので、念のためオフィスの場所を確認しました。
アンテロープツアー

ツアーの開始時間までまだまだ時間があったので、近くにあるHorseshoe Bend(ホースシューベント)を見に行くことにしました。
ペイジの街を通り抜け、再びUS-89に戻って少し南下します。4kmほど走ると右側に小さな駐車場の入口があったので入りました。既に駐車場には車がたくさん止めてあり、運良く1台分のスペースがあり駐車することが出来ました。
駐車場に車を止め、この看板のところから歩いて行きます。
ホースシューベントの入口

丘を上がったところから振り返って見た駐車場です。
ホースシューベントの駐車場

この丘を上がったら直ぐにHorseshoe Bendが見えるかと思っていたのですが、もう少し歩かなければいけませんでした^^;
ホースシューベントへのトレイル

歩き難い砂のトレイルを10分ほど歩き、Horseshoe Bendに到着しました。
ここも当然ながら柵などは無い断崖絶壁、落ちたらオシマイです(笑)
ホースシューベント

帰りは上りが長いので15分掛かりました(*/。\*)
車に乗って再びペイジの街へ戻ります。
まだ9時を少し過ぎた頃でしたが、アンテロープキャニオンツアーの受付だけでも済ませておこうとオフィスを訪れると、「まだ早すぎ!」と怒られてしまいました^^;
仕方ないので時間潰しに再びレイクパウエルを見に行くことにしました。
グレンキャニオンダム 

グレンキャニオンダムを通過し5kmほど戻ったところで、小高い丘の上にあるビューポイントを発見!
ベンチと看板があるだけで何も無いところですがレイクパウエルが一望できます!
レイクパウエル 
レイクパウエル 

レイクパウエルを堪能したら再びペイジの街に戻ります。
ツアーの受付を無事に済ませ、出発まで1時間弱あったので、近くにあったカフェでちょっと早いランチにしました。
BLTサンドイッチとブルーベリーマフィンを注文しました。
BLTとはベーコン(Bacon)、レタス(Lettuce)、トマト(Tomato)の略です。
ランチ 

ツアー開始の10分前にカフェを出て、オフィス前に戻るとたくさんの人で賑わっていました。
中には日本人の姿も何名かありました。
アンテロープツアーのオフィス 

アンテロープツアーはこの4WD車の荷台に乗って行きます♪
ツアーの車 

4WDの荷台で揺られること15分ほど、アンテロープに到着しました。
Antelope Canyon(アンテロープキャニオン)にはアッパーアンテロープとロウアーアンテロープがあり、今回見学するのはアッパーアンテロープの方です。
アッパーアンテロープの看板

AZ-98から少し入ったところにアッパーアンテロープのゲートと駐車場があり、ツアーの4WDは素通りして中に入ります。
駐車場の横から砂漠のような未舗装路の道を走ってアッパーアンテロープの入口を目指します。
アンテロープの未舗装路

5分ほど砂漠の道を走るとアッパーアンテロープの入口に到着しました。
入口周辺にはツアーの車がたくさん止まっています。
アッパーアンテロープの入口

4WD車を運転してきたナハボ族のドライバーがガイドとなり、アンテロープの中に入って行きます。
内部は狭く、右側通行が原則のようですが、みんな写真を撮っているのでなかなか前に進みません。
アンテロープの見所は流れるように侵食された砂岩の模様はもちろんのこと、天井から差込む太陽光の光線も魅力的で、太陽が高くなる正午ごろにその光景を多く見ることが出来ます。
そのようなことから、私達が参加した夏期間の11時半のツアーは人気があり、なかなか予約を取ることが出来ないそうです。
アンテロープの中 
アンテロープの中 
アンテロープの中 

狭い通路を歩いていくと反対側の外に出るので、もう一度同じ通路を通って入口へ戻ります。
入口に戻って来ると、4WD車に乗り込みペイジの街へ戻ります。
車に乗り込むメンバーは行きも帰りも同じメンバーなので、隣りのフランス人家族と仲良くなりました♪
家族4人で3週間のアメリカ旅行に来ていると、日本語で教えてもらいました^^
高校時代に日本語を勉強したらしく流暢な日本語を喋っていました。
フランス人家族 

スタート地点であるペイジの街に戻って来たのは午後1時過ぎ、何も無くそのまま解散です。
フランス人家族に挨拶し、ツアー前に給油も済ませていたので車に乗って直ぐに出発しました。
この日はラスベガスに戻る日で、午後9時までにレンタカーを返さなければ延長料金を取られてしまいます。ペイジからは約450kmの道のりで8時間も有れば余裕ですが、途中で通過するザイオン国立公園も少しは見ておきたいので十分と言える時間はありませんでした^^;

ペイジの街から朝来た道を120km戻ってカナブの街でトイレ休憩し、小腹が空いたので食糧を買い込んで直ぐに出発しました。
カナブの街を通過し、US-89からUT-9へ左折します。
ペイジから2時間も掛からずZion National Park(ザイオン)に到着しました。
ザイオン 

国立公園なのでゲートでANNUAL PASSを提示し、マップとパンフレットを貰います。
公園内に入ると直ぐにビューポイントを発見!Checkerboard Mesa(チェッカーボードメサ)です。
チェッカーボードメサ 

ザイオン国立公園内の道路はとても狭くて、所々に工事中のところがあり、信号のある片側通行が2箇所ありました。車から下りて外の写真を撮る余裕があるくらい長い信号待ちでした(笑)
工事中

何箇所か暗くて狭いトンネルもありました。
どれくらい狭いかと言うと大きなキャンピングカーだと1台しか通れないぐらい。白髪のおじいさんが「Stop」と「Go」の看板を持って人力信号機をしていました。
その暗くて狭くて長いトンネルを抜けると、突然、大きな岩山が目の前に現れます!
The Great Arch 
ザイオン国立公園

砂が堆積したスリッピーな道路を慎重に運転し、ビジターセンターに到着しました。
ザイオンのビジターセンターはシャトルバスに乗る人が車を止めることもあって駐車場がとても広く、似た様な建物も多くて、どれがビジターセンターなのか分り難かったです。
ギフトショップで買い物し、直ぐにザイオンを出発しました。
ビジターセンター 

UT-9を西へ40km走ると、I-15に突き当たり左折ます。
I-15になると交通量も増え、パトカーの姿も多く見掛けるようになったので、制限速度を越えないように慎重に運転しました。
このI-15をひたすらに真っ直ぐ走り続けるとラスベガスに辿り着きます。
ラスベガスに近づくにつれて、だんだんと標高が下がっていくので気温は上がっていきます。
今回のレンタカープランはガソリンを満タンにして返さなくても良いプランになっていたので、出来るだけ使い切ろうと思い、ペイジでの出発時に給油してから一度も給油していませんでした。ラスベガスまで残り50kmというところぐらいでガソリンは残り1目盛りでした。
燃費向上のためエアコンを切って窓を全開にして走りました。外の風は日本では感じることの出来ないドライヤーの様な乾いた熱風で、これもまた楽しかったです( ̄▽ ̄)♪

ラスベガスの街に入るとまだガソリンは大丈夫そうだったのでエアコンを入れて、快適ドライブに変更です。片側5車線以上ある大都会のフリーウェイを楽しみつつ、スタート地点のレンタカーセンターに到着しました♪
無事に走行距離約1,350マイル(約2,160km)のドライブを終え、返却することが出来ました。
レンタカー返却 

到着したのは午後7時を少し過ぎた頃、予定通りの到着時間でした。
この後、ラスベガスの夜はまだまだ続きます( ̄∀ ̄)♪

⇒ アメリカ グランドサークルの旅 2010 #6 へつづく



◆◆◆アメリカ グランドサークルの旅 2010◆◆
#1:2010.8.10(出国~ラスベガス到着)
#2:2010.8.11(ラスベガス~グランドキャニオン~カイエンタ)
#3:2010.8.12(モニュメントバレー~モアブ~アーチーズ)
#4:2010.8.13(キャピタルリーフ~ブライスキャニオン~カナブ)
#5:2010.8.14前編(カナブ~アンテロープ~ザイオン)
#6:2010.8.14後編(ラスベガスの夜~帰国)




クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
■8月13日(金)
この日の予定移動距離は約550kmと結構長め^^;
5時半に起床して、6時からのFREE BREAKFASTを一番乗りでいただきました♪

7時ごろモアブのホテルを出発しUS-191を北上します。
この辺は標高が高いので朝方はとても冷え込み、走行中の車の窓が寒くて開けられないくらいです。
50kmほどUS-191を走るとI-70に突き当たり左折、制限速度も120kmにアップして快調に西へ走ります。
Green Riverという小さな街を通り過ぎ、I-70を55kmほど走ると、UT-24に左折して南下します。
I-70

UT-24を50kmほど南下したところでちょっと寄り道します。
この看板を右折して16kmほど走るとGoblin Valley State Park(ゴブリンバレー)があります。
ゴブリンバレーへの曲がり道

State Paekですがゲートがあり、入場料の7ドルを支払って公園内に入りました。
支払いの時、スタッフのお兄さんに10ドル札を出すと「銀行に行ってないのでお釣りがないから2ドルないかな?」と言われたので12ドル渡し、お兄さんの財布の中から5ドルのおつりを貰いました(笑)
ゲートから少し走ってゴブリンバレーに到着です。
観光客は少なく私達を入れても全部で5~6人ほど、トイレはあるのですが水洗ではなくハエが多くて綺麗と言えるものではありませんでした。
(帰りにゲートの裏にあるトイレを発見!ここは水洗でした。)
ゴブリンバレー

殆ど人気のないゴブリンバレー、あまり大きな公園ではないので1時間もあれば歩いて回れそうです。
ゴブリンの様に見える岩も近づくとこんなに大きいです♪
ゴブリン

始め、ゴブリンバレーへ曲がる道をナビを信じたせいで、本当の曲がり道を2~3km通り過ぎてしまいました。ナビが案内した未舗装路です。昔はこの道でゴブリンバレーに行っていたのでしょうかね??
ナビが示したゴブリンバレーへの曲がり道

ゴブリンバレーを後にし、再びUT-24に戻って南下します。
途中、Hanksvilleという小さな街で給油しました。
給油中♪

ゴブリンバレーから70kmほど走るとCapitol Reef National Park(キャピタルリーフ)に入ります。
キャピタルリーフ 
キャピタルリーフ

途中、車が数台と待っているビューポイントがあったので止まってみることに。
ただの絶壁かと思って近づいてみると…
絶壁

インディアンが描いたとされる壁画がありました。
日本でも展望台などにある様な双眼鏡が設置されていて、じっくりと見ることが出来ます。
壁画

国立公園なのに何故かゲートもなくビジターセンターに到着。
ビジターセンターではお土産を購入し、トイレを済ませて直ぐに出発しました。
ビジターセンター 
キャピタルリーフ

キャピタルリーフを通り過ぎると、Torreyという小さな街に入り、街を通過せずに手前のUT-12へ左折しました。
UT-12に入ると景色は一変し、木々が生い茂るDixie National Forestの中を走ります。
広大な牧場などもあり、たくさんの牛が放牧されていました。
Dixie National Forest

森の中を走る道路はどんどんと標高が上がり、ところどころにビューポイントがあってキャピタルリーフのシーニックドライブ方面を一望することが出来ます。
Dixie National Forest 
Dixie National Forest

Boulderと言う小さな街を通り過ぎると、また日本では有り得ない様な場所を通過します。
今回の旅行で、私が一番印象的だったこの道ですが、左右は断崖絶壁でガードレールもありません。
その様なところを尾根伝いに14%の激坂で下って行きます。
有り得ない道路 
UT-12

しばらく走ると今まで走ってきた道を一望できるビューポイントを発見しました。
UT-12

360度何処を見回しても絶景ばかりです♪
UT-12 
UT-12

盗撮シリーズ その3
やっぱり外国人は絵になります♪
記念撮影をする金髪美女

お気に入りの絶景ポイントを通過し、しばらくするとEscalanteという街に入りました。
ちょうどお昼時でお腹が空いていたのですが、店らしい店は無く、ガソリンスタンドのコンビニに寄りました。
ガソリンスタンド

店内で長さ30cmぐらいの大きなサンドイッチを作ってもらい、カットした半分ずつを食べながら移動しました。
サンドイッチ

お腹がいっぱいになると眠くなり、なつ譲と運転を交替しながら1時間弱走ってBryce Canyon National Park(ブライスキャニオン)に到着しました。
ブライスキャニオン

ゲートでANNUAL PASSを提示して入場し、いつもの様にまずビジターセンターを訪れます。
既に夕方5時ごろで、そろそろビジターセンターも閉まりそうだったので、ビューポイントに行く前に買い物を済ませました。
ブライスキャニオン・ビジターセンター

ブライスキャニオンにもサンセットポイントやサンライズポイントなどを含め、たくさんのビューポイントがあるのですが、時間がないので一番有名なブライスポイントだけ行くことに。
国立公園内にはシャトルバスが走っていて、ゲート前の駐車場やビジターセンターの駐車場に車を止めて、各ビューポイントを巡ることが出来ます。
私達が行ったブライスポイントの駐車場は狭く駐車台数が限られているので、地球の歩き方などによるとシャトルバスで行くことが望ましいと書かれていましたが、運良く駐車スペースを確保することが出来ました。
ブライスポイント

ブライスポイントは標高8300フィート(約2,500m)もあるので涼しい風が吹いています。
駐車場から100mも歩くとビューポイントがあります。
眼下には無数の土柱が立ち並び、グランドキャニオンほど高さはありませんが、眺めていると吸い込まれそうな錯覚に陥ります。
ブライスポイント 
ブライスポイント

ブライスキャニオンの入口の街で給油を済ませ、宿泊予定のKanabの街を目指します。
UT-12を西へ少し走ると国立公園ではありませんがRed Canyon(レッドキャニオン)と言うところを通過しました。
レッドキャニオン 
レッドキャニオン 

レッドキャニオンを過ぎてしばらく走るとUS-89に突き当たり左折します。
そこからはUS-89をひたすら南下し、ブライスキャニオンから約120kmあるKanabの街に7時過ぎに到着しました。
Kanabでの宿泊ホテルはBest Western Red Hills(ベストウエスタン レッドヒルズ)です。
ホテルというよりモーテルといった感じで、客室の前に車を止めます。今までのホテルより設備などのグレートは下がった気がしますが、アメリカらしいホテルに泊まれてちょっと嬉しかったです(≧▽≦)♪
中庭にはプールがあって、日が落ち涼しくなってきているにも関わらず、たくさんの人が泳いでいました。
ベストウエスタン レッドヒルズ 
ベストウエスタン レッドヒルズ 
ベストウエスタン レッドヒルズ 
ベストウエスタン レッドヒルズ 
ベストウエスタン レッドヒルズ
 
客室はとても広く、バスルームはバスタブ無しのタイプでした。
客室 
バスルーム 

このホテルには夕食用のレストランが無いので、夕食を求めてKanabを散策します。
まず、街に入ってすぐに路肩に駐車しているパトカーがいたので、生ポリスでも見ようか近づいてみました。
なんとダミーのパトカーで、中にはマネキンが乗っていました^^;
ちなみにユタ州のナンバープレートはデリケートアーチが描かれています。
パトカー 

人気の無い閑散としたKanabの街を今度は逆方向へ歩くと、街外れに大きなギフトショップを発見!!
どうやらツアー旅行などで連れて来られるギフトショップらしく、裏には大型バスが駐車できる広い駐車場もありました。
ギフトショップ 

ギフトショップの他にもレストランも併設されていて、敷地内には観光客用の撮影ポイントがたくさんありました(笑)
ギフトショップ内 
ギフトショップ内 
ギフトショップ内

品揃えが豊富なギフトショップで買い物をしていると、いつの間にか外は真っ暗に。
直ぐ近くのレストランで夕食を食べることにしました。
レストラン

人気の無い街ですが、ホテルも満室だったので人はたくさん居るようで、レストランの中もお客で賑わっていました。
レストランの店内 

当店No.1と書かれたメニューともう1品適当に注文し、ディナーサラダを1つ注文しました。
「Steaks」の欄にあったのでステーキらしいステーキを想像していたのですが、出てきたのはハンバーグのようなステーキでした(笑)
今回の旅で初めてビールも注文しましたが、水っぽくてチンタオビールの様でした( ̄▽ ̄*)
サラダ 
ステーキ1 
ステーキ2

味は悪くなくとても美味しくいただきましたε=(´ロ`)げぷっ
お腹いっぱいになり満足してホテルへ戻り、翌日も早朝出発の為、急いで就寝しました。


⇒ アメリカ グランドサークルの旅 2010 #5 へつづく



◆◆◆アメリカ グランドサークルの旅 2010◆◆
#1:2010.8.10(出国~ラスベガス到着)
#2:2010.8.11(ラスベガス~グランドキャニオン~カイエンタ)
#3:2010.8.12(モニュメントバレー~モアブ~アーチーズ)
#4:2010.8.13(キャピタルリーフ~ブライスキャニオン~カナブ)
#5:2010.8.14前編(カナブ~アンテロープ~ザイオン)
#6:2010.8.14後編(ラスベガスの夜~帰国)




クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ