先月、ブリトニー・スピアーズのコンサートの為、ボストンに行ってきました。
詳しくは各記事をご覧下さい。

*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*
5泊7日ボストン・ニューヨークの旅!!
~ブリトニー・スピアーズに会いに行こう♪~

1)3月15日 ボストン編
2)3月16日 コンサート編
3)3月17日 ニューヨーク編1
4)3月18日 ニューヨーク編2
5)3月19日 オプショナル編
《番外編》
)旅行の準備~その1~
)旅行の準備~その2~
)旅行の準備~その3~
)旅行の準備~その4~
)旅行の準備~その5~
)旅行の準備~その6~
*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*

で、一つご紹介するのを忘れておりました。コンサートグッズです。
ブリトニー・スピアーズの公式サイトにツアーグッズらしきものがオンラインで買えるようになっていますが、実際、会場に行ってみるとサイトにあるものとは殆ど違うものでした。
公演前も終了後も、グッズ売り場はすごい人だかりで近づける様な状態では無かったのですが、売っているモノといえばヨレヨレのTシャツばかりで、しかも自分で作れそうな簡素なものばかりだったので、買うのは諦めました。価格も結構高かったし・・・。(たぶんオンラインで購入した方がイイかもしれませんよ)

入場して直ぐにパンフレットは購入していたので十分満足していました。
僕らは結構早めに入場していたので、パンフレット+マスク?を30ドルで購入することが出来ましたが、途中からマスクは品切れになった様で、パンフレットだけが30ドルで売っていました。
パンフレットとマスク
サービスで2ページほどお見せします(^ー^)♪
パンフレット1
パンフレット2

最後に、会場のバンクノースガーデンの3階にはピザやホットドック、アイスクリームなどのお店がたくさんあるのですが、そこで飲み物を購入する時にプラス2ドルでコンサートツアーのロゴがプリントされたカップに入れてくれました♪
カップ




クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーサイト
ボストン・ニューヨークの旅も最後日です。
3月19日(木)、ニューヨークの天気は朝から雨で、この日はオプショナルツアーを予約していました。
でも、この日はニューヨークにいないので、雨だろうが関係ありません(^ー^)♪

朝7時、ホテルのロビーにお迎えのバスが来ました。
バスには僕達以外に、同じホテルから3名、他の滞在先から2名の計7名が乗り、30分ほどで郊外にあるジョン・F・ケネディ国際空港に到着しました。空港で4名と合流して計11名に増えました。
JFKからはjerBlueの9時29分発の飛行機で、同じニューヨーク州の都市バッファローへ行きます。
搭乗まで少し時間があったので、朝食に巨大なハンバーガーをそれぞれ注文して食べました^^;
ホリデーインハンバーガー

約1時間ほどでバッファロー空港に到着しました。
ここでボストンから参加の3名が合流して、合計14名になりました。
現地ガイドの指示に従い、バスに乗り込んで目的地『ナイアガラフォールズ』を目指します。
1時間弱で国境の町に到着。国境ではバスから降りて、一人ずつ入国の手続をしました。
カナダ側に入国するとまず昼食会場に案内されました。
アメリカ滝の正面にあるシェラトンの13階にあるレストランで、バフェ形式の昼食をいただきました。
バッファロー空港バス
添乗員さんカナダ国境
入国審査所シェラトン

シェラトンの各階の角には、人が4~5名ほどしか入れない小さなテラスがあって、早めに昼食が終わったので、そこからナイアガラの絶景を眺めました。
シェラトンからのナイアガラ

食事が終わるとシェラトンを出て、アメリカ滝の正面にある展望台まで歩いていきます。
前日までは天気が悪かった様ですが、この日は真っ青で日差しが眩しいほどの快晴でした!!
シェラトン

バスに乗り込み上流にある水門まで行き、そこでUターンしてカナダ滝の前まで戻ってきてきました。
バスを降りて『JOURNEY BEHIND THE FALLS』という滝の裏側を見るアトラクションに参加しました。アトラクションといっても自分でトンネルの中を歩いていくだけです。
2つある、普段は水の裏側を見ることが出来る場所は凍っていて、行き止まりになっていました。
滝の裏入口凍った滝の裏

一番大きな展望場所からは水しぶきが上がるカナダ滝を間近に見ることができ、アメリカ滝側を見ると、その水しぶきで虹が出来ていていました。
カナダ滝
アメリカ滝と虹

地上に上がり、テーブルロック展望台から今度は流れ落ちるカナダ滝を間近で見ました。
この辺りは油断すると水しぶきが雨のように降ってきて、あっという間にびしょ濡れになります。
テーブルロック
かもめとナイアガラ

ナイアガラ観光も終わりバスに乗り込み、「斉藤カナダ」というお店に案内され、お土産を購入しました。
その後は帰りの飛行機まで時間があるということでナイアガラ川の下流の街まで行き、ギネスブックにも登録されているという、世界一小さな教会を見ました。
渦巻き渓谷水力発電所
昔のナイアガラナイアガラ川下流
世界一小さい教会

国境の橋まで戻り、アメリカへの入国審査を待つバスの中からナイアガラにお別れを言って、バッファローまで戻りました。
見納めのナイアガラ

ニューヨークに戻り、自分たちのホテルが最後だったので到着まで夜のドライブを楽しみました。

次の日は朝6時にホテルを出発。
ニューヨークは雪で、飛行機の出発が1時間遅れましたが、無事、日本に帰り着きました。



            

*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*
5泊7日ボストン・ニューヨークの旅!!
~ブリトニー・スピアーズに会いに行こう♪~

1)3月15日 ボストン編
2)3月16日 コンサート編
3)3月17日 ニューヨーク編1
4)3月18日 ニューヨーク編2
5)3月19日 オプショナル編
《番外編》
)旅行の準備~その1~
)旅行の準備~その2~
)旅行の準備~その3~
)旅行の準備~その4~
)旅行の準備~その5~
)旅行の準備~その6~
)コンサートグッズ
*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

3月18日(水)、この日は一日ニューヨーク観光です。
前日の天気予報では雨になっていたのに、朝6時に起きて外を見ると快晴でした。
朝7時にホテルを出て、コロンバスサークルからレッドラインの地下鉄に乗って、マンハッタン島の最南端まで行きました。終点のサウスフェリー駅で降りて、自由の女神へ行きます。
バッテリーパーク1
バッテリーパーク2
朝8時前なのに、チケット売り場のあるクリントン砦の前には列が出来ていました。
8時30分になると、クリントン砦の入り口が開き、中にあるチケット売り場に行くことが出来ます。
自分たちは事前にホームページでチケットを購入していたのですが、とりあえず一番左の窓口に並んで、どうすれば良いのか聞いてみると、そのままフェリー乗り場に行って良いということなので、何も引き換えることなく、クリントン砦の裏にあるフェリー乗り場へ行き「RESERVE」と書かれた列に並びました。
チケット売り場フェリー乗り場の行列

フェリー乗り場にあるテントの中で、空港と同様なセキュリティチェックを受け、9時出発のフェリーでリバティ島へ渡りました。フェリーの甲板は人で溢れています。
リバティ島へ渡ると人の流れに沿って、自由の女神の台座の入り口へ歩いていきます。
フェリーの甲板
台座の入り口
台座の中へは大きなカバンは持ち込み出来ないらしく、自分のカバンも該当したので手前のテント内にあるコインロッカーへ預けました。
コインロッカーは生年月日と両手の指紋でロックされ、後で解除するときは生年月日を入力しました。
台座に入る前にまたセキュリティチェックがあり、エアシャワーのあるゲートを潜りました。
コインロッカーセキュリティチェック
台座の中は自由の女神に関する博物館になっていて、予約していたオーディオツアーの音声を聞きながら、見学して廻りました。
各展示物のそばに3桁の数字が書かれていて、その数字を端末に入力することによって、その展示物の説明が流れるようになっています。
博物館1博物館2
博物館3博物館4
展示が終わると、らせん階段を上がっていき台座の上に出ました。外に出ることができ外周を回ることも出来ました。入口のセキュリティチェックを受けたテントやロウアーマンハッタンが一望できます。
台座の中からは天井を見上げると自由の女神の内部が見ることが出来ます。
ロウアーマンハッタン
入り口付近自由の女神の中

外に出て自由の女神の正面で記念撮影しました。
バッテリーパーク行きのフェリーの出発時間まで時間があったので、レストランでランチしました♪
自由の女神
レストランハンバーガー


バッテリーパークに戻り、ウォール街方面へ歩いて行きました。
バッテリーパーク

ボーリンググリーンという広場にある雄牛のブロンズ像の前で多くの人が記念撮影していました。
雄牛のブロンズ像1雄牛のブロンズ像2

そこから100mほど北へ歩くと左側にトリニティ教会が見えます。
トリニティ教会

トリニティ教会の前から東に伸びる通りがウォールストリートで、少し入るとニューヨーク証券取引所やフェデラルホールなどがあり、報道関係の車などがたくさん止まっていました。
ニューヨーク証券取引所

来た道を戻りもう少し北へ行くとワールド・トレード・センター跡地のグラウンド・ゼロ、現在はWCT Siteと呼ばれる場所が見えてきました。現在は2012年の完成を目指してフリーダムタワーや犠牲者追悼のメモリアル公園の建設が行われていました。
WTC Site

リバティプラザというWTC Siteが見える広場で、少しボーっと休憩した後、トリニティ教会の前まで戻りグリーンラインの地下鉄に乗って42丁目にあるグランド・セントラル駅まで行きました。
グランド・セントラル駅

グランド・セントラル駅から外に出て、42丁目沿いをイーストリバー方面へ歩いて行きました。
1番街まで行くと左側に世界の国旗がたくさん並んだ国連本部が見えました。
国連本部
国連本部では外から記念撮影だけして、すぐにグランド・セントラル駅まで戻りました。
たった4ブロックですが、歩きつかれたのでバスに乗って戻りました。
分かり難いですが、右の写真の高架の道路は、映画『アイ・アム・レジェンド』でウィルスミスが敵の罠に引っかかって、宙吊りにされる場所です。
バスの中グランド・セントラル前

グランド・セントラル駅の中に戻り、来たときと同じグリーンラインの地下鉄に乗ってダウンタウン方面へ行き、ブルックリンブリッジ駅で下車しました。
外に出るとすぐ目の前がブルックリンブリッジの入口です。
ブルックリンブリッジ駅構内ブルックリンブリッジの入口

ブルックリンブリッジを歩いて渡り、ブルックリンまで行きました。
橋の上の歩道は自転車用と歩行者用に白線で仕切られています。でも、皆そんなのお構い無しで真ん中に立って記念撮影していました(笑)
ブルックリンブリッジの路面ブルックリンブリッジから見たマンハッタン1
ブルックリンブリッジ
ブルックリンブリッジから見たマンハッタン2

約1.8kmある橋を30分ほどかけてゆっくり歩き、ブルックリン側へ到着しました。
ブルックリン到着

ブルックリンでの目的はマンハッタンの夜景を撮影することだったので、撮影ポイントの公園を目指してDUMBOの街を歩きました。もともとDUMBOは倉庫街だったらしく古いレンガ造りの建物や昔の路面電車のレールが残っていたりして、とても雰囲気の良いところでした。
橋のたもとでは結婚式の写真撮影をしていたので、便乗して撮影させてもらいました。
DUMBO
ウェディング1ウェディング2

ブルックリンブリッジパークのベンチに陣取り、日が暮れるのを待ちました。
旅行に行く前は、治安はどうなんだろうと不安に思っていたけど、同じように夜景を待っている家族やカップルなどがたくさんいたので、全然安心でした。
マンハッタンブリッジ
ブルックリンブリッジ

ベンチに座って日が暮れるのを待っている間、いろいろと人間観察することが出来ました。
右下の写真、リア・ディゾンに似ていませんか!?
人間観察1人間観察2
人間観察3リア・ディゾン?

ピザを買いに行って食べたり、近くのスタバのトイレに行ったりして、2時間ほど待ってやっと暗くなって来ました。三脚を立てて、セルフタイマーで撮影開始です。
マンハッタンの夜景1
場所を変えてもう一枚。
マンハッタンの夜景2
少し下がって、リバーカフェとブルックリンブリッジを入れてもう一枚。
マンハッタンの夜景3
帰り際にブルックリン・ハイツ・プロムナードからもう一枚。
マンハッタンの夜景4

人通りの少ない住宅街を歩いてクラークSt,駅からレッドラインの地下鉄に乗って、マンハッタンへ戻りました。途中、42丁目の駅で降り地上に出て、夜のタイムズスクエアを見ました。
タイムズスクエア

またそこからイエローラインの地下鉄に乗って、次の57丁目で降り、カーネギーホールの外観を眺めホテルまで歩いて帰りました。
カーネギーホール


>>>>>>オプショナル編へつづく

*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*
5泊7日ボストン・ニューヨークの旅!!
~ブリトニー・スピアーズに会いに行こう♪~

1)3月15日 ボストン編
2)3月16日 コンサート編
3)3月17日 ニューヨーク編1
4)3月18日 ニューヨーク編2
5)3月19日 オプショナル編
《番外編》
)旅行の準備~その1~
)旅行の準備~その2~
)旅行の準備~その3~
)旅行の準備~その4~
)旅行の準備~その5~
)旅行の準備~その6~
)コンサートグッズ
*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*。.:*:・'゜☆。.:*

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ