上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■12月31日(金)
あっという間に帰国日です。
朝8時に朴さんがホテルまで車で迎えに来てくれ、再び朴さんの家を訪れます。
最終日の朝食も朴さんのお母さんの手料理をいただきました!
私達が来るということで肉まんを沢山作ってくれていたので、お土産にもいただいて帰りました♪
手作り肉まん

ノビルのキムチです。
ソルロンタンを食べた店でも出てきましたが、お母さんのキムチは一つ一つ根を取り除いているので土臭く有りません。日本では味わえないキムチなので、思わず食べすぎちゃいましたε=(´ロ`)げぷっ
ノビルのキムチ

朝食を食べ終わるとお母さんとお別れし、朴さんの車で空港まで送って貰いました。
空港へ行く前に高陽市内のスーパーマーケットによってお土産を購入しました。
スーパーマーケット 
スーパーマーケット

新鮮なキムチも購入しました。
匂いが出ないようにラップでグルグル巻きにしてくれます。 
スーパーマーケット 

買い物も終わり、いざ空港へ。
途中、2日前に全線開通したばかりの空港鉄道(A’REX)と併走しました。
空港鉄道

空港に着くと直ぐにチェックインして荷物を預けます。
空港は出国する韓国人と帰国する日本人で賑わっていました♪
仁川空港 

朴さんと姪のユンちゃんにお別れし搭乗口へと入ります。
13時10分仁川空港発の大韓航空789便は定刻通り出発しました。

たった60分程の短いフライトですが、足が伸ばせる非常口前の席にしてみました。
アメリカなどの10時間以上のフライトだと、目の前がトイレなので人の溜まり場&ストレッチ場所になるのでいつも敬遠している座席です^^
789便の機体はとても綺麗で、エンターテイメント用のモニターも9インチぐらいありました。
大きなモニター

非常口前の座席なので、緊急時の対応マニュアルを熟読します( ̄▽ ̄)♪
非常口前の席

手帳を見ながらアナウンスする客室乗務員です。
スッチー

短いフライトですが、一応国際線なので機内食が出てきます♪
チラシ寿司とチョコレートです。
機内食

無事に福岡空港に到着しました!
福岡空港

福岡は雪が降っていて気温は3℃でしたが、何故だか温かく感じました(@ ̄∇ ̄@)
実質2泊3日の弾丸ツアーでしたが、ツアーでは味わえない韓国を堪能できました♪

  - 完 -

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
■12月30日(木)
朝6時に起床し、朴さんの家まで歩いて行きました。
日中でも-10℃ぐらいなのでこの時間帯だとたぶん-15℃ぐらいでしょうか?
風もあったので体感温度はもっと低かったことでしょうね(*/。\*)
一山西地区 
一山西地区

朴さんと合流し、雪の中を歩いて近所のお店に朝ごはんを食べに行きました。
一山西地区 
朝食の店

朝8時前でしたが、店内には一組の客と、従業員が朝食を食べていました。
朝食の店

この店でいただいたのは、牛背骨肉とジャガイモのカンジャタンです。
このサイズのカンジャタン(中)で26,000ウォン、朝食から豪華です^^
カンジャタン 
カンジャタン 

食後のスープでピビンパを作ってくれます。
韓国のりが沢山入っていて、おこげも香ばしくてマシッソヨ~♪
ピビンパ 
ピビンパ

朝からガッツリいただきお腹いっぱいになりましたε=(´ロ`)げぷっ
直ぐ前の大通りからバスに乗り込み、ソウル市内へ移動します。
バス

満員のバスに揺られ、1時間ほどでソウル市内中心部の光化門に到着しました。
ここからは市内を周遊するシティーツアーバスに乗って市内観光をします。
バスのコースは「都心コース(10,000ウォン)」と「古宮・清渓コース(12,000ウォン)」がありますが、今回は都心コースにしました。
チケットを買うとマップと一人に1つ膝掛け用の毛布をくれました。
このあとこの毛布がマフラーとなりスカーフとなり、かなり活躍しました!
シティーツアーバス 
シティーツアーバス 
シティーツアーバス

早速バスに乗り込み、直ぐ次の停留所で下車して『徳寿宮』を見学しました。
ここで偶然にも前日チャングムテーマパークで一緒に写真を撮ったカップルに遭遇し、お互いビックリしていました^^
徳寿宮

ツアーバスは30分間隔で回って来るので、次のバスが来る間に見学を終わらせ、直ぐに次へ移動します。
ツアーバスの中

また次の停留所で下車して南大門市場を見学します。
市場の入口周辺にはカメラの店も沢山ありましたが、ほとんど日本と値段は変わりませんでした。
迷路のような市場の中をウロウロと歩いていると、店の前に立っている男の人たちに『お兄さ~ん!完璧なニセモノあるよ!!』と声を掛けられ続けます^^
南大門市場 
南大門市場

南大門市場の中心部で韓国ならではの食材にチャレンジ!!
小豆を煮たような匂いがするので大丈夫かと思い、一粒食べてみましたが「ムリッ!!」でした。
ポンデキと言って蚕のさなぎの煮込みで、噛むとプチッとした食感とドロッとしたものが口の中に広がり、慌てて飲み込みました(*/。\*)
南大門市場 
南大門市場

南大門市場を出て再びツアーバスに乗り込み、次はソウルタワーに行きました。
タワーの少し下でバスを下ろされ、坂を歩いて上ります。
ソウルタワー 
ソウルタワー

ソウルタワーの入場チケット(8,000ウォン)を購入し、タワーの展望室へエレベーターで上ります。
ソウルタワー 
ソウルタワー

展望室からは真っ白な雪に覆われたソウルの街を一望できます。
ソウルタワー

タワーの内部にはギフトショップやカフェなどもあります。
ソウルタワー

タワーを下りると、直ぐそばにあったレストランで軽く食事をしました。
ソウルタワー

タワーの周辺は公園のように整備されていて、夜景のスポットでもあります。
柵には願い事が書かれた南京錠がたくさん付けれています。
ソウルタワー 
ソウルタワー

ソウルタワーを下りて、またツアーバスに乗り込み次は東大門市場へ。
しかし、ビルの隙間風が強く我慢が出来ないほどの寒さだったので、直ぐ次のバスに乗り込み移動します。
次は昌徳宮の予定でしたが既に入場可能時間を過ぎていたのでスルーし、青瓦台で下車しました。
ここは時々テレビのニュースにも出てきますが、韓国の大統領が居住する官邸です。
写真は撮っても良かったのですが、ビデオカメラは怒られました^^;
青瓦台 
青瓦台

青瓦台に乗ってきたツアーバスが最終便だったため、青瓦台からは地下鉄の駅まで歩き、地下鉄に乗って明洞(ミョンドン)へ移動しました。
地下鉄

明洞では寒さに震えながら少しショッピングを楽しみました。
明洞 
明洞

お土産に「龍のひげ」も購入しました。
明洞

明洞は物価が高いので一山に戻って夕食を食べようという事になり、1時間ほどで明洞を出て再び地下鉄に乗ってソウル駅へ移動しました。
一山行き電車の発車時刻まで40分ほどあったので、ソウル駅の中のロッテマートでもお土産を購入しました。
ロッテマート 
ロッテマート

ソウル駅前のソウルスクウェアです。
ビル全体が虹のように光っていました♪
ソウルスクウェア 
ソウルスクウェア

高陽市方面行の京義線は最近出来た路線で、電車も線路も駅もとても綺麗でした。
30分ほどで炭峴駅に到着しました。
京義線の電車 
炭峴駅

一山はソウル以上に極寒です。
駅からホテル方面へ歩いていると、良さそうな焼肉屋を発見しました。
お店の名前は『コギKing』です。
夜に写真を撮り忘れたので、翌朝、ホテルをチェックアウトしてから車の中から撮影しました。
コギKing 

一人13,900ウォンで食べ放題、肉も美味しくて、飛び込みで入った店にしてはヒットでした!!!
コギKing 
コギKing 
コギKing 

ビールと焼酎をいただき、閉店時間ギリギリまで食べ続け、満足してホテルに戻りました♪

⇒ 韓国プチホームステイ旅行記 #4 へつづく

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
■12月29日(水)
5時半に起床し、7時に友達の朴さんが迎えに来てくれました。
朴さんの運転する車で高速道路を走り、ソウル郊外の高陽市というところにある朴さんの家に行きました。
朴さんの車で移動中

朴さんの家は高陽市一山西地区というところで、空港から約1時間で到着しました。
昔からの市営住宅で、室内はもちろんオンドルなのでとても暖かいです。
朴さん家 
朴さん家

朝食をいただきました♪
メインは手作りの肉まん、それに白菜キムチとノビルキムチなどです。
韓国の一般家庭では肉まんは無いようですが、朴さんは小さいころ中国に住んでいたこともあって中国の料理も作るそうです。写真の肉まんをすべて食べてしまい、もう一杯同じ量をおかわりしましたε=(´ロ`)げぷっ
朴さん家でのご飯が今回の旅行の中で一番美味しかったです!
朝食

食後の運動という訳ではありませんが、朴さんが病院に行くというので一緒に歩いて行きました。
この日の気温も-10℃前後、道路は除雪されていますが歩道の雪はカチカチに凍っています。
散歩 
散歩

10分ぐらい歩いて病院に到着しました。
ハングルは全く読めませんが、ここは整形外科らしいです^^
韓国の整形外科 
韓国の整形外科

診察を受けて20分ぐらい治療を受けるということなので、その間、病院の近所を散策してきました♪
韓国の市場

病院が終わるとまた来た道を歩いて戻り、途中でクリーニング屋さんに寄って家へ戻りました。
家に戻ると朴さんと同居してしている姪と一緒に車に乗って観光へ出発です。
高速道路を走り、ソウル市郊外の北部にある楊州市(ヤンジュ)というところにある『大長今(チャングム)テーマパーク』に行きました。
入場料は一人5,000ウォンととてもお手ごろ価格でした♪
大長今テーマパーク

ご存知の方も多いと思いますが、チャングムとは2003年ごろ放送された韓国の大河ドラマで、賤民の女の子(チャングム)が御医(宮中で王を診療した医師)まで上がった実在人物の一代記を描いたドラマです。2000坪の敷地に水間(スラッガン)や司院(サオンウォン)など約200間の建物が建てられていて、実際に撮影に使ったオープンセットです。
少し前に団体客が帰ったそうで、テーマパーク内は数組のお客しかいなかったので自由に見て回ることが出来ました。
大長今テーマパーク 
大長今テーマパーク 
大長今テーマパーク

ここでの最大の目的はコレです♪
チャングムの衣装を着て自由に撮影することが出来ます。
料金は一人8,000ウォンで時間は無制限でした。
衣装の試着

私は国王の中宗(チュンジョン)の衣装を、なつ嬢は皇后・文定王后(ムンジョンワンフ)を選びました♪
衣装の試着 
衣装の試着 
衣装の試着

この時間帯のお客は私達ともう一組のカップルだけで、ちょうど同時に試着をしていたので、国王と皇后と医女と内禁衛従事官の4人で記念撮影しました(@ ̄∇ ̄@)
このカップル、男性は韓国人、女性は日本人でアメリカ留学中に出会ったらしく、普段の会話は英語だそうです。
記念撮影

チャングムを堪能し次の目的地へ移動です。
ちょうどお昼頃だったので、途中にあったお店でランチにしました。
たくさんあるメニューから選んだのはソルロンタン、以前プサンに行ったときに美味しかったので朴さんにリクエストしていました。
朴さん曰く、ソルロンタンは二日酔いのときに朝食として食べることが多いそうです。
薄いとんこつスープに牛肉とそうめんの様な細い麺が入っています。
少し塩を入れて味を調整しながら、ごはんやキムチと一緒にいただきます。
ソルロンタン 
ソルロンタン

お腹も一杯になり、後部席でウトウトしていると次の目的地である臨津閣(イムジンガク)に到着しました。
ここは北朝鮮との間の軍事境界線の民間人統制区域の南端で、一般市民が北朝鮮に最も近付ける場所です。
展望台の中にはファストフードやコンビニなどもあってとても近代的な造りで、周辺は公園の様に整備されています。駐車料金は2,000ウォンですが、展望台などの入場は無料で、展望台に備え付けの双眼鏡も無料でした。
イムジンガク 
イムジンガク

イムジンガクを出て高陽市へ戻る途中にもう一箇所、北朝鮮が見える場所に立ち寄りました。
烏頭山(オドウサン)統一展望台というところで、高台に展望台やいろいろな展示室があります。
展望室からは臨津江の対岸に直接、北朝鮮を見ることが出来ます。
オドウサン統一展望台

目の前の臨津江は凍って流氷の様になっています。
臨津江

焦点距離600mmで撮影した北朝鮮側です( ̄▽ ̄)
「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」と「AF-S TELECONVERTER TC-20E III」の組み合わせでDX(APS-C)で撮りました。
北朝鮮

韓国側の監視所です。
本当はあまり撮ったらいけないところだそうです^^;
監視所

室内には展示室や劇場などがあり、統一にかける努力の足跡を説明しています。
ちょうど日本人の団体観光客が来ていたので、便乗してガイドの説明を盗み聞きしました(笑)
展示室

のんびり見学していたら閉館時間になってしまい、追い出されるように統一展望台を後にしました。
高陽市に戻ると朴さんのお母さんを乗せ、5人で夕食を食べに金浦市郊外のお店へ行きました。
金浦市郊外の店 
金浦市郊外の店

ここのお店のメインメニューは参鶏湯(サムゲタン)で、普通のサムゲタンは丸い土鍋ですが、この店では鶏の臭みを消すために竹の器に入っていて、TVでも紹介されるぐらい有名なお店だということです。
サムゲタン待ち

もち米が入ったスープの中に、小さいな鶏が丸ごと入っていて、エビやアワビなどが贅沢に盛られています。器の中には焼いた石が入っていて、その熱でアツアツの状態で運ばれてきます。
竹の器でもやっぱり少し臭みがありましたが、とても美味しくいただきました♪
ちなみに一人前19,000ウォンです。
サムゲタン

夕食後はそのまま宿泊するホテルまで送って貰いました。
京義線の炭峴駅の近くにあるABATAホテルで、朴さんの家から歩いて15分ぐらいのところです。
ここに2泊しました。このホテルも激安で、二人で1泊60,000ウォンでした。
ABATAホテル

値段の割りにとても綺麗で、素泊まりには十分な設備でした。
ABATAホテル 
ABATAホテル

⇒ 韓国プチホームステイ旅行記 #3 へつづく

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。