■1月3日(火)
『シドニー出国&上海トランジット 編』です。
上海&シドニー旅行記も最終回、帰国まで一気にご紹介します。

シドニー最後の朝、6時に起床して荷造りし、8時にセルフチェックアウトしました。
ホテル前にはなかなかタクシーが通らなかったので、ちょうど来たバスに乗ってボンダイジャンクションまで移動しました。
ボンダイジャンクションには沢山タクシーがいました。
国際線ターミナルまでは40ドル弱でした。シティレールの空港線は一人約15ドルと高めなので3人以上ならタクシーの方がお徳ですね♪
タクシーの車内

あっという間に空港到着!
帰りの飛行機は12:00発のMU0562便なのでだいぶ早く空港に到着しましたが、中国東方航空はウェブチェックインが出来ないので座席の指定は早い者勝ちです!まだ9時前でしたがチェックインカウンターには20人ほどの人が並んでいました。
9時半ごろにはチェックインが開始され、無事に10時間のフライトの座席を確保することが出来ました♪
出国

チェックインが終わると直ぐに出国審査、セキュリティチェックを済ませ、残ってるオーストラリアドルを使い切りました♪
免税店

免税店やお土産屋を行ったり来たりしていたらあっという間に出発の時刻になり、無事に定刻通りシドニーを離陸しました!
10時間のフライトも、帰りの上海までは日中の移動なので眠らなくて良いので気が楽です。
では中国東方航空のお世辞にも美味しいと言えないエコノミーの機内食をご紹介します^^
機内食 
機内食 
機内食 
機内食 
機内食

同日の午後7時過ぎ、無事に上海浦東国際空港に到着しました。
機内に入国カードが無いとということで、みんな空港に到着してから記入しました(笑)
入国を済ませ荷物も受け取り、6日ぶりに乗るリニアモーターカーで上海市内へ移動です。
リニアモーターカー

先頭車両だったので運転席を覗いていました。
なんかおもちゃの様なハリボテの様な運転室です。
ハイテクな雰囲気は全くしませんね~延長コードに扇風機が繋がれてましたし^^;
循環用のサーキュレーターかな?
リニアの運転室

龍陽路駅から地下鉄2号線に乗り換え、南京東路駅に到着しました。
南京東路

南京東路駅からスーツケースを押して南へ3ブロック、東へ1ブロック行ってホテルに到着しました。
トランジットで宿泊したホテルは新城飯店(Metropole Hotel)です。
3名1室1泊9,000円でした。
ネット予約だったので既にクレジット決済されていたのに何故か300元のデポジットを取られました。
新城飯店

部屋に荷物を置くと直ぐにホテルを出て、外灘の夜景を見に行きました。
ホテルから東に2ブロック、歩いて5分ほどの距離です。
6日前は昼間の外灘を見ましたが今度は夜景です。
緯度的には鹿児島と同じくらいなのに頭が痛いぐらいの寒さでした。
やっぱり大陸は寒さが違いますね。
午後10時になった瞬間、外灘周辺のライトアップが終了して真っ暗になりました^^;
外灘の夜景 
外灘の夜景 
外灘の夜景

ちょっとの間でしたが夜景が見れて良かったです。
もう少し遅かったら見ることが出来ませんでした。
小腹が空いたのでホテルの帰りにファミマ(全家)でおでんとおにぎりを買いました♪
(今考えると、帰国後の嘔吐&下痢はこれが原因かな?)
ファミマ


■1月4日(水)
翌朝は5時に起床です♪
チェックアウトして空港へ移動します。
当然ですが朝早いのでホテルのロビーには誰も居ませんでした。
チェックアウトのときにフロントの人が何処かへ電話して確認、そうしたらデポジットの300元が返って来ました♪
ホテルのロビー 
ホテルのロビー

早朝の南京東路です。
写ってませんが太極拳している人が沢山いました♪
早朝の南京東路

帰りもリニアモーターカーに乗りました。
今思えばリニアというよりモノレールって感じですね(^-^)
リニアモーターカー 
リニアモーターカー 
リニアモーターカー

空港は照明がほとんど着いておらず、暗いです。
帰りの飛行機は10:35発ですが、既にチェックインカウンターには沢山の人が並んでいました。
上海浦東国際空港

荷物を預けてセキュリティチェックを受けると、朝ごはんを食べに行きました。
お店はシドニーに行く前に入った同じお店です。
水餃子の食べ納めです^^
上海浦東国際空港 
上海の朝食 
上海の朝食 
上海の朝食

ゆっくり朝食を食べ、お土産を買っていたらあっという間に時間に。
帰りの飛行機は搭乗ゲートからバスに乗って、滑走路の隅へ移動しました。
中国東方航空 
中国東方航空

無事に上海を離陸しました♪
上海浦東国際空港

福岡までは約1時間半のフライトですが機内食が出ます。
私の食べた機内食史上ワースト1となるダメダメ機内食でした(--; ・・・これが原因??。
機内食 
機内食

飛行機から筑後川見えました♪
筑後川

午後1時過ぎ、無事に福岡空港に到着しました。
今回の海外旅行は一か所滞在ののんびり旅行のつもりでしたが、なかなか充実した内容でした。
また、中国東方航空を利用した激安旅行でしたが、機内食が×なこと、エンターテイメントシステムがないことを除けば、全然使えるプランだなと実感しました!!
中国系の航空会社を利用するときはPadやPSPなどの暇潰し、安全な日本の食料を持参することをおススメします!福岡からだと成田に行くより、韓国の仁川や上海経由で行った方が選択肢も多くてお得に旅行できることが証明でしました^^
また次回の海外旅行に向け、頑張って働こうと思います♪

-完-

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
■1月2日(月)
『シドニー滞在4日目(ブルーマウンテンズ) 編』です。
この日のスケジュールはブルーマウンテンズまで片道2時間の電車の旅です。

いつもの様に朝早く起きたのですが、この日も祝日で朝早いバスがなかったのでタクシーでボンダイジャンクションまで行って、シティーレールに乗り換えてセントラル駅まで移動しました。
セントラル駅に到着するとインフォメーションでBlue Mountains Lineの出発時刻とプラットホームナンバーを確認します。ブルーマウンテンズへはBlue Mountains LineのKatoomba(カトゥーンバ)駅で下車し、徒歩かバスに乗ってビューポイントまで行く予定です。出発時刻の8時18分までだいぶ時間があったので、構内でトイレを済ませ、2時間分のおやつを購入して電車に乗り込みました。
セントラル駅 
セントラル駅

とくに意味はありませんが先頭車両の2階席に乗り込みました。
始めのうちは、他に欧米人のカップルが2組ぐらいいるだけで快適な電車の旅でしたが、駅に到着する度に韓国人のオバサン集団が増殖し、最終的にはほとんどの座席がトレッキングか何かを楽しむであろう韓国人グループで埋め尽くされました。
カトゥーンバ駅に到着するまでの約2時間は騒がしくハングルが飛び交う電車の旅でした(笑)

カトゥーンバ駅に到着です。
改札などはなく、到着ホームから地下道を通って駅の表に出ることが出来ました。
カトゥーンバ駅 
カトゥーンバ駅 
カトゥーンバ駅

ブルーマウンテンズのビューポイントまでは直線で2km弱の距離です。
カトゥーンバ駅前から伸びる道をまっすぐ歩けば辿り着きますが、ほとんどの人がバスを利用しています。
セントラル駅などで、シティからカトゥーンバ駅まで運賃とブルーマウンテンズでのバス乗車券がセットになったチケットを売っているのですが、今回は購入しませんでした。なので歩いて行きます♪
ブルーマウンテンズエクスプローラー

普段なら大した距離ではないのですが、前日、ボンダイビーチに行くときに足の裏を火傷して水膨れができていたので拷問の様なウォーキングでした(笑)
この写真の坂の向こうがカトゥーンバ駅です。
カトゥーンバの街

そして、その反対側はアップダウンのある直線道です^^;
カトゥーンバの街

ビューポイントであるエコーポイントに到着です。
そんなに気候も暑くなく快適なので、足さえ痛くなければ、わざわざバスに乗らなくてもちょうど良い散歩コースでした♪
エコーポイント 
エコーポイント

エコーポイントで小遣い稼ぎをしていたアボリジニのオジサンです♪
一緒に写真も撮ってもらいましたよ!(有料です。)
アボリジニ

エコーポイントからの眺めです。
ん~微妙^^;
正直言って感動ありませんでした。確かに絶景ではありますが・・・どうやら順番を間違えたようです。
アメリカのグランドキャニオンを見る前に訪れた方がイイかも知れませんね。
エコーポイント

有名なスリーシスターズという岩です。
スリーシスターズ

ブルーマウンテンズには他にロープウェイに乗って絶景を楽しむところや、ジャングルに下りてブッシュウォークを楽しんだりする様ですが、エコーポイントだけで満足しました^^
時間もちょうどお昼時だったので、エコーポイントにあるレストランでランチにしました。
レストラン

レストランの中は日本人、中国人、韓国人の団体ツアー客で溢れていました。
ツアー客

私たちは誰もいないオープンテラスでブルーマウンテンズを眺めながらいただくことにしました。
エコーポイントのレストラン

ツアー客はビュッフェランチを食べていましたが私たちは単品で注文です♪
上からペンネ、BLT、スペシャルバーガーです。どれも20ドル前後(汗)
オーストラリアは大して食べ物美味しくないのに高くて困ります(--;
ペンネ 
BLT 
スペシャルバーガー

食事が終わると同じ建物内でお土産を購入し、カトゥーンバ駅へ戻ります。
足の痛みもピークに達してましたがタクシーも捕まらず、なんとかカトゥーンバ駅に辿り着きました。
駅に到着すると直ぐにシティ行きの電車が来たのでチケットを購入して乗り込みました。
帰りの2時間のはほとんど寝ていたのであっと今にセントラル駅に戻って来ました。
セントラル駅

セントラル駅からサーキュラー駅まで移動し、今度は船旅です♪
サーキュラーキーからフェリーに乗ってワトソンズ・ベイというところまで行きます。
到着した時はちょうどフェリーが出たばかりで、次のフェリーが来るまで30分ほど待ちました。
フェリー乗り場

私たちが乗るフェリーが港に入って来ました。
その向こうには大きな豪華客船が入港しています。
フェリーと豪華客船

オバサンも絵になります♪
オバサンとダウンタウン

直ぐに出航しました。
フェリーと言ってもクルーザーの様な船なのでかなりのスピードです。
船首の方に立って景色を眺めていましたが風が強くて帽子が飛ばされそうになりました。

オペラハウスです。
オペラハウス

ミセスマックォーリーズポイントです。
ミセスマックォーリーズポイント

ミセスマックォーリーズポイントのすぐ裏にある軍用港です。
軍用港

一つ目の港、ダブル・ベイに到着しました♪
ダブル・ベイ 
ダブル・ベイ

二つ目の港、ローズ・ベイです。
ローズ・ベイ 
ローズ・ベイ

ローズ・ベイを出航したあたりで見えたハーバーブリッジとオペラハウスです。
シドニーの街

終点のワトソンズ・ベイに到着しました。
ワトソンズ・ベイ 
ワトソンズ・ベイ

ワトソンズ・ベイに到着したのは夕方5時過ぎでしたが、ビーチの横のシーフードレストランはたくさんのお客さんで賑わっていました。私達もここで夕食を食べようかとちょっと思ったのですが、とりあえずボンダイビーチまで戻ることにしました。
ワトソンズ・ベイ

公園を横切ってバス停に行くと、ボンダイビーチ方面へ行くバスは既に終っていました^^;
ワトソンズ・ベイ 
ワトソンズ・ベイ

バス停のすぐ近くにギャップパークという看板を発見!
階段を登っていくと断崖絶壁の海がありました。
奥にヨットが見える辺りがシドニー湾の入口です。
ギャップパーク 
ギャップパーク

ギャップパーク前でタクシーを捕まえ、ボンダイビーチのホールストリートまで戻りました。
いろいろとレストランを覗いてみましたが、結局はジャンクフードに落ち着きました。
フィッシュハウスというお店でタコ、エビ、白身魚のフライとシュリンプサラダを買いました。
これで約60ドル(5000円弱)です。
やっぱり物価が高いですね~^^;
フィッシュハウス 
フィッシュハウス

シドニー最終日の夕食は、ボンダイビーチの芝生の上で海を眺めながらいただきました。
ボンダイビーチ

帰りにはデザートということで、初日に寄った同じお店でフローズンヨーグルトを買い、食べながらホテルまで歩いて帰りました♪
フローズンヨーグルトショップ

⇒上海&シドニー旅行記#6へ続く

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
■1月1日(日)
『シドニー滞在3日目 編』です。
この日のスケジュールは郊外にあるコアラパークにコアラを見に行きます。

昨晩はカウントダウンで隣の若者達が騒がしかったですが、朝まで騒ぐということはしないみたいで、直ぐに静かになり、私達もぐっすりと眠ることが出来ました。
朝5時半に起床し、早めに準備が整ったので7時前にはホテルを出発しました。
前日のようにバスでシティまで行こうかと思っていたのですが、日曜日だったのでバスがほとんど無く、仕方ないのでタクシーでボンダイジャンクションまで行きました。
ボンダイジャンクションからはシティレールに乗ってセントラルまで移動します。
セントラル

セントラル駅からはNorthern Lineの電車に乗って、ハーバーブリッジを通り、シドニー北部のペナントヒルズという田舎町まで行きました。
ペナントヒルズ駅

ペナントヒルズの駅からはバスに乗って移動します。
5分ほど待ってるとコアラパーク方面へ行く632番のバスが来ました。

※尚、コアラパークに関する情報は『M@gosido.com』というサイトを参考にさせてもらいましたm(_ _)m

念の為、乗車するときにドライバーに確認し、降りるところもよく分からないので、到着したら教えてくれるようにお願いしました。コアラパークまで一人2ドルぐらいでした。
632番のバス

10分ほどでコアラパークのバス停に到着しました。
コアラパークの前がバス停なので、お願いしなくても分かったかも知れません^^;
まだ開園の30分ほど前だったので、ぼーっと座って待ちました。
コアラパーク

ぼーっと待っていると次々とスタッフらしき人達がやって来て、開園作業を始めました。
しばらくすると私たち以外のお客も一組(女性3人)現れ、ゲートの前に並んでいました。
開園時間の9時30分になると、入口でチケットを購入して入場します。一人24ドルです。
事前情報では19ドルと聞いていたのですが、どうやら値上がりしたようです。
クレジットカードも使用できます。
コアラパーク

コアラパークはあまり広い動物園ではありません。
たぶんシティのハイドパークの方がかなり広いと思います。
しかし、コアラ以外にもたくさんの動物が居ました。
一番初めに出迎えてくれるウォンバットです。
ウォンバット

鳥類も多くてフクロウやオウムなどがいました。
フクロウ 
オウム

ペンギンは日陰から出ようとしませんでした。
ペンギン

ディンゴというオーストラリア独特の動物らしいですが、野良犬にしか見えません^^;
ディンゴ

コアラパークで一番多くいるのがカンガルーやワラビーです。
カンガルー

ウォンバットでしょうか?
もぞもぞ動いていましたが顔を見ることは出来ませんでした。
ウォンバット?

さて、コアラパークのコアラのご紹介です。
コアラパークだけあって、園内のいたるところにコアラがいました。
園内の中心部にコアラが沢山いる場所があって、そこで“コアラのお触りタイム”の様なものが1日4回行われます。
コアラパーク

その時間になるとスタッフがユーカリの木に止まっているコアラを柵の上まで持って来てくれるので、触ったり一緒に写真を撮ったりすることが出来ます。
残念なことにシドニーがある州では州法でコアラ抱っこが禁止されているので、抱くことは出来ません。コアラが抱きたいならケアンズやブリスベン、アデレードなどに行く必要があります。
園内にいるコアラはほとんどが寝ています。ときどき起きてユーカリの葉を食べたり、痒いところをかいたりして、満足するとまた直ぐに寝てしまいます(笑)
コアラ 
コアラ 
コアラ 
コアラ 
コアラ

10時20分のお触りタイムが始まりました♪
スタッフが各グループごとに声を掛けてくれるので、呼ばれたら近づいてコアラをなでなでしたり、顔を寄せて写真を撮ったりしました。初めてコアラに触りましたが、とくに臭くもなく、毛もフワフワしてて柔らかく気持ちが良かったです♪
コアラ 
コアラ

コアラを十分に堪能しコアラパークを満喫したので、10時49分発のペナントヒルズ駅方面行きのバスに乗るため早々にコアラパークを出ました。
この日は日曜日だったので(1月1日です)バスが1時間に1本しかありませんでした。
コアラパーク前のバス停

ペナントヒルズ駅に到着するとチケットを購入すると、直ぐにシティ行きの電車が来ました。
ペナントヒルズ

そしてあっという間にシティへ戻って来ました。
街の中はすっかりキレイに掃除され、前日にあったフェンスやバリケードの様なものも撤去されて、前日にカウントダウンイベントが行われた余韻はほとんど残っていませんでした。
タウンホールで電車を乗り換え、サーキュラーキーまで来ると、ちょうどお昼時でお腹が空いていたのでベンチに座ってホットドックをいただきました♪
ホットドック

オペラハウス周辺も(たぶん)普段通りの状態に戻り、たくさんの観光客でにぎわっていました。
前日よりも天気が良くて、ハーバーブリッジもオペラハウスも鮮やかに観えました♪
ハーバーブリッジ 
オペラハウス

前日は入れなかった王立植物園(ロイヤル・ボタニック・ガーデンズ )ももちろん解放されていました。
ミセスマックォーリーズポイントまで王立植物園内を歩きます♪
王立植物園

王立植物園から見るシドニーのダウンタウンです。
ダウンタウン

オペラハウスからミセスマックォーリーズポイントまでは歩くと結構な距離です^^;
ゆっくり歩くとたぶん20分ぐらいかかるでしょうか?
ミセスマックォーリーとは19世紀の初代総督夫人のことで、彼女がお気に入りだった場所に岩で椅子が作られました。
ミセスマックォーリーズ・チェア 
ミセスマックォーリーズ・チェア

ミセスマックォーリーズポイントから眺めるオペラハウス、ハーバーブリッジ、ダウンタウンです。
シドニーで一番有名なポイントですネ♪
ミセスマックォーリーズポイントからの眺め 
ミセスマックォーリーズポイントからの眺め

セレブな若者たちが優雅に楽しんでします♪
セレブな方々

シドニー観光は満足したのでボンダイへ戻ることに。
王立植物園を横切ってサーキュラーキーに戻り、そこからバスに乗って帰りました。
ホテルへ一旦戻ると、着替えてボンダイビーチへ。
この日も泳いで、夏のシドニー(オーストラリア)を満喫することにしました!
しかし、ここで大失敗(+_+)
ホテルからビーチまで裸足で歩いて行ったら足の裏を火傷して水膨れになってしまいました。
もともと買う予定だったのですが、途中で3ドルほどのビーチサンダルを購入しました(笑)
二日前よりも天気が良いので海がとても綺麗でした!
両足の裏がヒリヒリしていましたが、とりあえず忘れて泳ぎました♪
ボンダイ・ビーチ 
ボンダイ・ビーチ 
ボンダイ・ビーチ

夕方まで泳ぎました。
帰りはホテルの近くにあったピザハットで夕食のピザを購入し、コンビニではデザートのフルーツを買って、2012年の最初の日が終了しました。

⇒上海&シドニー旅行記#5へ続く

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ