ミャンマー最終日、ヤンゴンの朝です。

とても立派なサミットパークビューホテルですが、Hotels.comのクーポンで2千円ほどで泊まれました。
朝食のビュッフェをお腹いっぱいいただき、8時半にチェックアウト、荷物をフロントに預け、最後の観光に出発です。
ミャンマー旅行

ホテルの前の道を横切り、更に人民公園の中を横切って、シュエダゴォン・パヤーの西口に出ました。
20151001-2.jpg

歩道をのんびり歩きまず向かったのがNLD(国民民主連盟)本部です。
ここでアウンサンスーチーさんの写真が入ったNLDグッズを購入します。
しかし、地球の歩き方には9時からと書いていたのですが、開店は10時からだそうで、仕方ないのでタクシーに乗って近くにあるチャウッタージー・パヤーに涅槃仏を見に行きました♪
ミャンマー旅行

チャウッタージー・パヤーをさらっと見終えると、再びNLD本部に戻りました。
歩いても15分ほどの距離ですが、暑いしタクシー代も安いのでタクシーを利用します。
タクシーで5分ほどの移動で2000チャット(約186円)でした。
まだ10時になっていませんでしたが、既に開店していました(笑)
ポロシャツとワイシャツ、それにピンバッジとキーホルダーを購入して10000チャット以下でした。
ミャンマー旅行

NLD本部前にいたタクシーに乗り、今度はダウンタウンにあるスーレー・パヤーへ。
今度は20分ぐらい乗りましたが、それでも3000チャット(約280円)でした。
スーレー・パヤーの前でタクシーを降りると何故か日本人に道を聞かれ、タクシーで行くことをお勧めしました♪
スーレー・パヤーの入場料は3ドルでした。
グルッと中を一周して、西側の陸橋から道路を渡って外に出ます。
ミャンマー旅行

インド人街をしばらく歩き、ボーヂョーアウンサンマーケットに来ました。
市場の中は2階建てになっていて、衣料品や民芸品、装飾品などの店ばかりで、食料品はありませんでした。
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

マーケットの北東の角にある有料トイレ、1回200チャットでした。
ミャンマー旅行

そのトレイのすぐ前にある陸橋を上ると、線路の上を横切ることが出来ます。
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

時間は11時を過ぎたころでしたが、既に暑さでバテていたので早めにランチにすることにしました。
陸橋を渡って一つ目の角を右に曲がると、『門道』という日本料理店があったので入ってみることにしました。
開店時間10分前ぐらいでしたが、「どうぞどうぞ」と日本語で接客してくれます。
先ず頼んだのはもちろんミャンマービール!
そしてチャイナタウンで伊勢海老がかなり安く売っていたのを見ていたので、ちょっと期待してエビフライ定食(8ドル)を注文してみました。かなり期待ハズレのしょぼいエビフライでしたが、ご飯とみそ汁が美味しかったぁ(^^;;
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

日本食を食べ元気になったところで、次に向かったのがヤンゴン中央駅です。
はじめからヤンゴン観光の午後はここから環状線に乗ってぐるっと一周しようと決めていました。
ミャンマー旅行

駅構内の陸橋を渡り、環状線の6・7番ホームに移動します。
改札などはありません。
ミャンマー旅行

ホームに行くと、中央辺りにあるこの部屋で切符を購入します。
事前のリサーチ通り、外国人は室内で切符を販売され、手厚い接客を受けました♪
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

12時25分の列車に乗る予定でしたが、駅員に遅れていると言われたので、その間に1番ホームにある有料トイレへ行きました。のんびり7番ホームに戻ると、今度は45分ごろに4番ホームに来るよと言われ、線路を横切って4番ホームへ移動しました。
ほぼ時間通りに電車がホームに入って来ました。
日本のお古列車で、窓にはワンマンと書かれています。
車内にも日本語表記がたくさん残っていた、どうやら名古屋辺りで使われていた車両の様です。
ミャンマー旅行

今回乗った列車は右回りでした。
左回りのものや、完全に一周しない車両もあるそうなので注意が必要です。
車内の様子は自由奔放です♪
タイやベトナムの様に次から次に売り子が車内を歩いて来て、見ているだけでも楽しかったです(^_^)
ミャンマー旅行

2時間50分ほどで1周してヤンゴン駅に戻って来ました。
その後は駅前でタクシーを拾い、再びチャイナタウンへ。
どこで夕食を食べようかと物色しながら、ぶらぶらと行ったり来たりして時間を潰しました。
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

最終的に決めた店は、前日Fさんと夕食を食べて店の向かいにある店。
チャイナタウンの19番ストリート、通称BBQ通りにある店にしました。
ミャンマー旅行

最後の晩餐です。
ミャンマービールもどの料理も美味しいですが、やはり一人での夕食は寂しいものがあります(^^;;
ミャンマー旅行

夕食を食べ終わると、大通りでタクシーを拾いホテルへ戻ります。
ホテルに戻っても部屋はないので荷物だけ受け取り、しばらくロビーでWiFi繋いでのんびりしました。
帰りの飛行機は23時過ぎなのでまだまだ時間はありますが、とくに行きたいところもなかったので19時前にタクシーを呼んでもらい、空港へ移動しました。
空港まではそんなに距離はないのですが、渋滞が激しいので1時間以上かかりました。

国際線のターミナルに到着です。
なぜかチェックインカウンターに入る前にセキュリティチェックがありました。
パソコンも何も出す必要もなく、すんなり通過しましたが入ってしまったので出ることが出来ません。
帰りも大韓航空で仁川経由なので、21時過ぎまでチェックインカウンターが開くのを待ちました。
ミャンマー旅行

チェックインを済ませチケットを貰うと、2階のイミグレへ。
イミグレを通過するとお土産の売店やレストランがあったので、残ったチャットとUSドルを使い切りました。
搭乗ゲート前でもう一度セキュリティチェックを受けました。
ミャンマー旅行

定刻通りヤンゴン空港を出発し、朝7時50分に仁川空港に到着しました。
飛行中はほとんど寝ていました。
仁川でのトランジットは6時間ほどありましたが入国はせずに空港内で写真整理などをしながら時間を潰しました。
14時30分の福岡行きの飛行機に乗り、無事に日本に帰り着くことが出来ました。

今回、ベトナムに続く2度目の一人旅でした。
確かに一人旅は自由気ままで楽しいのですが、やはり食事の時などは寂しさを感じます。
ただ同じように一人旅してる人や外国人との出会いはとても楽しく、刺激的でした。
次回があるかどうか分かりませんが、またいつか何処かへ行けたらいいなと期待してます(^-^)♪
スポンサーサイト
バガン滞在3日目、バガン最終日です。

この日にチェックアウトして夕方の飛行機でヤンゴンに戻りますが、夕方まではバガン観光です。
サンライズのリベンジとちょっと早めに行って星空でも撮ろうと考え3時前に起きました。
前日はホテルの前にバイクを移動しててくれたバイク屋ですが、この日はありませんでした。
近くの路上で寝ていたおじさんが懐中電灯を持ってやって来て、バイク屋のおやじを起してくれました。
バイク屋のおやじは「Sorry~Sorry~」と言っていましたが、営業時間は5時からなので早く来た私の方が悪いのです(笑)
流石に3時台はバガンのメインストリートも人ひとりいません。
街灯はありますが、ほとんど真っ暗で、街中でお経の様な音楽が大音量で流れているので気味が悪いです(^^;
シュエサンド・パヤーはライトアップもされておらず、入口手前の道も未舗装路の該当なしなので本当に真っ暗でした。
マグライトを口にくわえ、事前にレリーズケーブルを接続してきたカメラを三脚にセットして星空の撮影にチャレンジしてみました。
ほとんど星なんて撮ったことなかったので、ピント合わせが難しくて苦戦しました。
何とか撮れたのがこのシェサンド・パヤーと星空のコラボです。
ミャンマー旅行

しばらく撮って星空撮影に満足したので、真っ暗なシェサンド・パヤーに上り、定位置である北東の角を陣取りました。
この日は前日より雲が少なく、空も綺麗に朝焼け色に染まりました。
オレンジ色のくっきり太陽はありませんでしたが、この日も気球が飛んできて、満足する一枚が撮れました♪
ミャンマー旅行

6時半ごろには地上へ。
ここに来るのは最後なので、3日間懲りずに私にロンジーを売りつけに来ていた女の子からロンジーを買ってあげました。
右の女の子でロンジーは5000チェットです。
ミャンマー旅行

早速その帰りに畑の中に入って、現地人っぽい写真を撮ってみました(笑)
ミャンマー旅行

ホテルに戻ると最後の朝食をいただきます♪
卵のチョイスをオムレツにしてみました。
ミャンマー旅行

朝食が終わると部屋に戻りパッキングしました。
12時まで居れるのですが、そのころ一度戻ってくるのが面倒なので、先にチェックアウトして荷物を預けることにしました。
部屋を出るとお世話になったスタッフがいたので記念に一枚♪
ミャンマー旅行

荷物をレセプションに預け、バイクを再び借りてまず向かったのがニャウンウーのシュエズィーゴォン・パヤーです。
ここはとても長い参道と黄金に輝く仏塔が特徴で、バガン一ゴージャスです。
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

次はオールドバガンまで戻り、アーナンダ寺院です。
前日、外観だけ見て回った寺院などを今度は一つ一つ中に入って見て周りました。
ただ、どこを見ても同じような感じで、中に置いている仏像なども昔すべて盗難にあい、オリジナルもすべて博物館などで保管しているらしくて、見て回ってもあまりパッとしませんでした(笑)
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

前日も通ったスラマニ寺院の横を通過してミン・ナン・トゥ村へ。
そのまま通過してバガン・ビューイングタワーに行くつもりでしたが、村の前で村人に日本語で呼び止められちゃいました♪
じりじりと太陽が暑い中、オバサンと一緒に村の中を歩いて、村人の生活を覗きます。
案の定、最後のシルバー製品のお土産売り場に連れて行かれましたが、何も買わずに立ち去りました(^_^)
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

バガン・ビューイングタワーの前で出会ったヤギの群れです。
ミャンマー旅行

バガン・ビューイングタワーにレストランがあるそうなので、そこでバガンを眺めながらランチでもしようかと思っていたのですが、タワーの下まで行くと全く人の気配がなく、入るのが怖かったので写真だけ撮って立ち去りました(笑)
ミャンマー旅行

電動バイクのバッテリーも減ってきたので、とりあえずニューバガンに戻ることにしました。
最後に一つパヤーに立ち寄りました。
ダマヤッズィカ・パヤーです♪
ミャンマー旅行

ニューバガンに戻ると、新しいレストランを探すのも面倒なので、前日と同じレストランで昼食をいただきました。
前日は注文しすぎて食べ切れなかったので、学習して1品とデザートのフルーツを注文しました♪
ミャンマービールは最高にウマイです(^^)/
ミャンマー旅行

2回もお世話になったこのレストランのスタッフ、記念に写真を撮らせて貰いました♪
ミャンマー旅行

時間は14時前だったので、そろそろホテルへ戻ることにしました。
3日間使用した15号車を返却し、ホテルのレセプションで荷物を受け取りました。
Fさんの事前情報でシャワーが借りれたということだったので、お願いしたところご快諾♪
朝まで泊まっていた部屋でシャワーを浴びてさっぱりさせて貰いました。
レセプションでお礼を言い、タクシーを呼んで貰いました。
スタッフがついてこいと言うので一緒にホテルの外へ出ると、レンタルバイクやのおやじがタクシーもしているらしく、トヨタマーク2で空港まで送って貰いました。料金は10000チャットでした。
午後は暑いしもう見るところもないので、早めに空港に行って涼しいターミナル内でのんびり過ごそうと思って早めに空港に行ったのですが、そんなに考えは甘くなく、ターミナル内に入れるものの店舗などは閉まっていてエアコンも切れているのでサウナ状態でした。
何もすることもないのでターミナル前のこの木の下で昼寝したり、空港の敷地の外にあったレストランでコーラを飲んだりして時間を潰しました。
ミャンマー旅行

同じようなことを考えてる人がいて、私の10分後ぐらいに一台タクシーが来ました。
中から現れたのは日本人の男性一人旅(笑)
その後、ターミナルのエアコンの電源が付くころから意気投合して、ずっと旅行話で盛り上がりました♪
予約していた飛行機はエアーバガンでしたが、帰りの便はエアーKBZでした。
16時ぐらいにチェックインカウンターがオープンし、チケットを受け取りましたが座席が決まっていないオープンシートでした。
それとこの時空港ターミナル内で待っていた人はほとんど日本人で、私が乗った飛行機の中もどうみても半分以上は日本人でした(笑)
ミャンマー旅行

バガン空港で意気投合したIさんとヤンゴン空港から一緒にタクシーに乗り、ダウンタウン方面へ。
私の方が先に降りたので、いつか何処かでの再会を近い、握手をしてお別れしました♪
私がホテルに到着したのが19時50分ぐらいでした。
実は私の泊まるサミットパークビューホテルからシュエダゴォン・パヤーまで近いので、先にヤンゴン入りしているFさんとホテルのロビーで待ち合わせしていました。しかし私が空港に到着するのが19時前で、空港からは渋滞が予想されるので19時半までに到着できなければFさんには先にシュエダゴォン・パヤーに行ってもらう約束になっていました。
案の定、間に合わなかったのでチェックインを済ませると部屋を荷物に投げ込み、急いで移動しました。
ミャンマー旅行

シュエダゴォン・パヤーの営業時間は21時までなので、急いで行かないと間に合いません。
仏塔は見えてるのに結構距離があります。
西口から入って、仏塔の手前で80000チャットの入場料を支払いました。
ミャンマー旅行

偶然にもすぐ目の前にFさんがいて合流することが出来ました。
Fさんは中を見て回り、私はライトアップされた仏塔の撮影に専念しました(笑)
人が多いし、意外に明るいので人を消すのに苦労しました♪
閉館時間ギリギリまで居ると、南口から外に出て、何処かに夕食を食べに行こうということになりました。
目の前にいたタクシーの運転手に行くとチャイナタウンだろ、と言うのでチャイナタウンまで移動しました。
タクシーで3000チャットです。
ミャンマーに限らずでしょうが、タクシーは乗る前に価格の確認&交渉は必須です!
ミャンマー旅行

チャイナタウンに到着しました!
道にはみ出るほどの屋台や露店があり、多くの人で賑わっています。
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

適当に入り易そうな店を探し、この店に入りました。
ミャンマー旅行

チャイナタウンなので基本は中華料理です。
適当に3品頼みましたがどれも美味しくて満足でした。
すぐ隣の席に二人旅の日本人の女性が少し遅れて来ましたが、バガンからの同じ飛行機に乗っていました。
向こうも覚えてた様で、何注文しましたか?と聞かれ、私達と同じものや近所のテーブルの人と同じものを注文していました(笑)
ミャンマー旅行

ヤンゴンの夜も満喫し、ホテルに戻ります。
タクシーに道順を説明しているFさんです。
Fさんのホテルの方が手前にあったのに、タクシーの運転手がよく英語が分からない様なので先に私のホテルに行ってくれました。その後、私のホテルのドアボーイが通訳し、なんとかFさんのホテルも分かり、ここでFさんとお別れとなりました。
ミャンマー旅行


翌日へつづく
バガン滞在二日目。
早起きしてサンライズを見に行きます!

朝4時半にFさんと待ち合わせ、暗闇の中、電動バイクに乗って前日サンセットを見たシュエサンド・パヤーへ。
既に一人先客がいて、その人も日本人でした。
前日のサンセットと同じ場所に陣取り、今度は反対側を向きます。
明るくなるころには人だらけ、しかもほとんど日本人です(笑)
ミャンマー旅行

この日のサンライズは地平線に少し雲があり、あまりハッキリした太陽を拝むことは出来ませんでした。
しかし、雨季には飛ばないと言われている熱気球が1機だけ右から左へ横切り、サンライズを演出してくれました。
ミャンマー旅行

サンライズが終わるとホテルに戻り、Fさんと一緒に朝食を食べました。
朝食はいくつかの選択肢から選ぶオーダーバイキング方式でした。
ミャンマー旅行

Fさんは一日早くバガン入りしていて既に主なパゴダを廻っているので、朝食が終わると別行動で観光しました♪
これがアレインドマールホテルの入口です。
ミャンマー旅行

その入り口の前にレンタルバイク屋があり、3日間お世話になりました。
サンライズから帰って来た時に一日分のレンタル料6000Kを支払い、21時まで借りることが出来ました。
また一時的に帰って来てもその間にチャージしてくれるので安心でした♪
ミャンマー旅行

メイン通りにあるホテルの入口を示す看板、夜だと暗くてとても分かり難いです。
ミャンマー旅行

一人ではず向かったのは、オールドバガンにあるゴドーバリィン寺院です。
バガンで2番目に高い寺院だそうです。
中には入らず外観だけ写真に撮って次へ移動します。
ミャンマー旅行

次に来たのはエーヤワディー川の川岸にあるブー・パヤーです。
黄金に輝く円筒型の仏塔が特徴です。
ミャンマー旅行

ブー・パヤーの前で現地の僧侶に食べ物をねだっていた人がいたので、あまり使えない少額紙幣をごっそりと寄付すると喜んで写真を撮ってイイよと言うのでお言葉に甘えて一枚撮りました(^^)/
ミャンマー旅行

次もオールドバガンにあるマハーボディー・パヤーです。
道端にあるのでバイクから降りずに外観の写真を撮っていたら、流暢な日本語でオバサンが話しかけて来ました。
私の持っていた地球の歩き方を取り上げ、パラパラとページをめくると、ここに私が載っていると言います。
地球の歩き方2014~2015版のP276にある読者投稿ページで確かにこのオバサンのことが取り上げられていました。
名前はPhyu Phyuさんと言うそうです。
そのページを開いた地球の歩き方を持ってもらい、記念に一枚撮りました♪
ミャンマー旅行

次はシュエグージー寺院で写真だけ撮って通過。
ミャンマー旅行

シュエグージー寺院の奥にある、ダビィニュ寺院です。
前日のスコールのせいか、大きな水たまりがありました。
ミャンマー旅行

タラバー門です。
9世紀ごろの城壁の名残だそうで、左右には堀の跡も残っています。
ミャンマー旅行

タラバー門のすぐ近くにあるアーナンダ寺院です。
バガン遺跡を代表する、最大かつ最もバランスのとれた美しい寺院だと言われているそうです。
ミャンマー旅行

アーナンダ寺院の前にあった広場で、ダビィニュ寺院を背景に自撮り撮影をしてみました♪
ミャンマー旅行

ダビィニュ寺院から少し南に行ったところにあるダヤマンジー寺院です。
昔いろいろあった様で未完成の寺院だそうです。
ミャンマー旅行

ダヤマンジー寺院からスラマニ寺院に抜ける農道で再び自撮り♪
ミャンマー旅行

スラマニ寺院の横を通過し、その裏にある名前の分からない寺院。
入口にプルメリアと黄色い花の門があってとても素敵な寺院でした。
この寺院を管理しているのか、ただ住み着いているのか分かりませんが、片腕のないおじいさんが親切に対応してくれました♪
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

舗装された道路へ戻ると、ニャウンウー村をぐるっと一周してニューバガンに戻りました。
ミャンマー旅行 

ニューバガンに戻ると、Fさんに教えてもらった川岸にあるレストランでランチをいただきました。
もちろんミャンマービールもいただきます!
お客は私と日本人4人組だけでした。
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

一旦ホテルに戻りました。
朝部屋を出るときにチップを置いていたからか、ベッドに花飾りがありました(笑)
ミャンマー旅行

午後は休憩と言うことで、ホテルのプールで泳いでミックスジュースをいただきました♪
イギリス人の女性とプールサイドで二人きりでした(笑)
ミャンマー旅行

15時を過ぎたごろに再びシュエサンド・パヤーへサンセットを見に行きます。
Fさんとは現地で待ち合わせしていました。
ミャンマー旅行

だいぶ早めに到着したので、シュエサンド・パヤーの上でのんびりと過ごしました♪
ミャンマー旅行

素敵なカップルに写真をお願いされたので、逆に写真を撮らせてとお願いしました(^^)/
ミャンマー旅行

で、肝心なサンセットですが、前日よりは良かったのですがやはり地平線近くに雲があり、その中に沈んでいく太陽しか見ることが出来ませんでした。
それとこの時期(雨季)の太陽の沈むポイントは仏塔や寺院が少なくて、シュエサンド・パヤーではそれを絡めた写真を撮るのは難しいかも知れません。日の入りのポイントが少し左へ(南へ)移動する乾季がやはりベストなのかも知れません。
ミャンマー旅行

Fさんはサンセットの途中でヤンゴン行きのバスの時間が迫って来たので、一足先に帰ってしまいました。
サンセットが終わると一人でニューバガンに戻り、ホテルの近くにあったグリーンエレファントというレストランで、一人寂しくミャンマーカレーをいただきました♪
ミャンマー旅行 
ミャンマー旅行

これでバガン2日目終了です。

つづく