■5月5日(金)
アメリカ旅行最終日!
今日のスケジュールはソルトレイクシティまでの約350kmの移動だけ。
ハンプトンインの朝食をのんびりいただき、9時にチェックアウトしました。
朝食

ホテルを出て数百メートルのところにある、今回の旅行で3回目となるWalmartへ♪
余ったドルを少しでも減らそうと、余計なものをいっぱい買ってしまいました。
Walmart

1時間半ほどショッピングを楽しむと、あとは南への大移動です。
このまま直接ソルトレイクシティーに行っても時間が余るので、ソルトレイクシティーの手前50kmほどの街でフリーウェイを降りてマクドナルドでランチを食べました。
そしてその近くのグレートソルト湖にある「アンテロープアイランド州立公園」に立ち寄りました(^-^)♪
ゲートで入場料を払い、湖の中の一本道を走って島に渡ります。
島に近づくにつれてヘドロの腐った様な鼻をつく臭いがしだし、悪臭で窓を開けることができません。
そして島の中に入ると小バエの様な小さな虫がたくさん飛んでて、髪の中や耳に入ってくるので不快でたまらず、一つのビューポイントだけ見るとすぐにUターンして公園を後にしました。
アンテロープアイランド 
アンテロープアイランド 
アンテロープアイランド 
アンテロープアイランド

再びフリーウェイに戻ると、そのまま空港へ行って17時前にレンタカーを返却です。
レンタカー返却

今回の走行距離は1748ml(2813km)でした。
走行距離

帰りの飛行機は22時前だったので、それからは空港内で夕食を食べたりしてのんびりと過ごしました。
空港

1時間ほど遅れてソルトレイクシティー国際空港を出発し、ロサンゼルス国際空港に24時ごろ到着しました。
次に乗る1時05分発の上海行きの便まで1時間ぐらいしかありません。
5番ターミナルに到着し、次の便のゲートを確認しようと電光掲示板を見ると、私たちが乗る便だけゲートが空白になっています。
広い空港内をあてもなく探すには時間がないので、私たちが乗る中国東方航空はデルタ航空とのコードシェア便ということもあり、到着した5番ターミナルの一番奥にあるデルタ航空のインフォメーションカウンターに並びました。
デルタ航空インフォ

対応スタッフは二人で、客は私たちの前には5〜6人並んでいました。
どうやら何かトラブルがあったらしく、近くの搭乗ゲートも混雑していました。
しばらくすると対応スタッフの一人が「私の勤務時間はもう終わった」みたいなことを言っているのが見え、まだ私たちが並んでいるにも関わらず荷物をまとめて帰ってしまいました。
スタッフが一人になり対応スピードはさらに遅くなり、インフォメーションカウンターに並んでいても全く進みません。
痺れを切らして、隣の搭乗ゲートにいたデルタ航空の職員のとろこに行って聞いてみると、インフォメーションカウンターの横に電話があるから直接そこで聞いてくれと言われました。
電話で説明するほど私の英語力がないので、そのデルタ航空職員にお願いして電話してもらい、しばらく待ってやっと日本語ができる人と繋いでもらうことができ事情を説明しました。
日本語を喋る電話の相手はどうやら中国人の様で、ゲートを教える様に催促すると「あなた達もう飛行機には乗れない」の一点張り、「なぜ乗れないの?」と聞き返してもなかなか教えてくれません。
やっと聞けたと思った時には出発の15分ほど前で、電話をしてくれたデルタ航空職員と一緒にインターナショナルターミナルまで走って行きましたが、寸前でゲートが閉められ乗ることが出来ませんでした。
愕然としました。
まだそこに飛行機があるのだから乗せてくれと言っても全くダメでした。
デルタ航空職員も「ソーレイト、ソーリー」と言って謝ってきます。

家族をインターナショナルターミナルに残したまま、デルタ航空職員と一緒に5番ターミナルに戻り、今後の手続きをしてもらいました。
結果、24時間後の同便に乗れることになり、近くのホテルをデルタ航空が手配してくれました。ホテル代は領収書を提出して、後日デルタ航空に請求することとなります。

すべての手続きが終わり空港を出たのが朝の4時前でした。
いろいろとお世話になったデルタ航空職員がホテルのシャトルバスまで送ってくれ、シャトルバスで5分ほどの距離にあるホテルに移動しました。
ソルトレイクシティーで預けていた手荷物は、私たちが乗れなかった飛行機から降ろされ、中国東方航空の事務所に保管されるということで、その時は受け取ることはできず、荷物がないままホテルにチェックインしました。
デルタ航空が手配したホテルはなんとヒルトンでした(^^;;
一泊約24,000円の部屋を2部屋用意されていました。
チェックインすると部屋に入り、シャワーも浴びずにそのままベッドに倒れこんで眠りました。

目覚ましを3時間後の朝7時にセットしていました。
みんな寝ていましたが私はとりあえずシャワーを浴びます。
中国東方航空の飛行機に乗ることにはなっていますが、そうなると日本の到着が5月8日(月)になってしまい、仕事を休まなければいけません。
どうにか早く帰る方法はないかといろいろ考えた結果、やはり帰りの便を自腹で購入する方法しかないだろうと思い、なつ嬢を起こして状況を説明すると、私だけすぐに空港に行くことにしました。ちょうどホテルのシャトルバスがあったので空港までは無料で行くことができました。

インターナショナルターミナルに到着するとまず、中国東方航空のカウンターに行って荷物を返してもらいます。
昨晩の事情を説明して荷物の半券を見せるも「その荷物は日本まですでに言ってる」としか言いません。他のスタッフに再度調べてくれてとお願いするとどうやらあることが分かったらしく、後5分で持ってくるからそこで待っていろと言われ、結局受け取ったのが30分後でした。
なんとか荷物は手元に取り返したので次は航空券の購入です。
すぐ隣にJALのカウンターがあったので聞くと、日本便は午後しかないらしく、しかも席に空きがないということでダメでした。
スマホのスカイスキャナーアプリを使って検索してみると11時30分発のアメリカン航空がヒット!
値段は一人8万円ぐらいでした。
しかし、すでにスカイスキャナーで購入出来る期限を過ぎている様でデータを入力して進んでいると途中でエラーになってしまい購入できません。
仕方ないので直接、4番ターミナルのアメリカン航空のチェックインカウンターに行き、そこでチケットを購入することにしました。
荷物を受け取った時点でなつ嬢に電話をしていたので、ホテルをチェックアウトしてみんなでターミナルまで来てもらいここで合流することが出来ました。
そしてアメリカン航空のカウンターで確認するとスカイスキャナーで見たとおり座席の空きはあるのですが、金額が一人1,300ドル、空港税やチャージを入れると1,500ドルぐらいでした(^^;;
時間はすでに10時半頃になっていたので思い切って購入、しかも成田着だったので羽田から福岡までの国内線をセットでは購入できず、それはオンラインで別途自分で手配しました。
座席はバラバラになってしまいましたが、ギリギリで11時30分発のアメリカン航空に乗ることが出来ました。
飛行機に乗ってから周りの座席を見渡してみると、空きが1〜2席あるだけでした。
直前の手配で5人全員が乗れただけでも奇跡でした♪

無事に成田空港到着です!!
なんとか遅れずに日本に戻ることが出来ました。
成田空港 
成田空港

成田からリムジンバスに乗り羽田へ移動し、夜20時ごろの国内線で福岡に到着したのが22時前です。本来は福岡空港の国際線ターミナルに帰ってくるはずでしたが、国内線ターミナルに到着したので、無料バスに乗って国際線ターミナルへ移動し、駐車場に止めていた自分の車にやっと帰り着くことが出来ました♪

最後の最後でアクシデントがあり大変な旅行でしたが、とても思い出に残る貴重な経験の旅行でした!
これに懲りずにまた行きたいと思います(^o^)/
スポンサーサイト
▪️5月4日(木)
ガーディナーのベストウエスタンの朝食会場は、前日夕食を食べたレストランでした♪
とてもアメリカらしい雰囲気のあるレストランです♪( ´θ`)ノ
ベストウエスタンの朝食 
ベストウエスタンの朝食

ホテルを出発して2〜3分のところに北ゲートのルーズベルトアーチがあります。
ゲート周辺は2年前は工事中でしたが、広い駐車場もできて綺麗に整備されていました。
ルーズベルトアーチ

前日に見学したマンモスホットスプリングスはスルーしてしばらく走ると右手に大きな湖がありました。
2年前の時はなかった雪が今回の旅では沢山あるので、朝の水鏡に写り込んでとても綺麗でした♪
イエローストーン

北ゲートからオールドフェイスフルまでは50km以上あります。
しばらく走っていると前回と同じくバイソンの群れに道を塞がれてしまいました。
バイソンスピードで歩いている方向へ車でゆっくりとつけていきます。
バイソンが反対車線に入ったタイミングを見計らって追い抜きますが、触れそうな距離を通過します。
イエローストーン 
イエローストーン

今回はイエローストーンはほぼ通過するだけなのでグリズリーは見れないだろうと諦めていましたが、運良く2頭のグリズリーに遭遇することが出来ました♪
冬眠明けなのか、少し痩せたグリズリーですが、ゆっくり進みながら車の中から写真を撮ることができました(^o^)/
イエローストーン

寄り道しながらのんびり走ったのでお昼前にオールドフェイスフルに到着です。
イエローストーン 
イエローストーン

2年前に買った娘お気に入りのクマのぬいぐるみ「ベアちゃん」を新調したかったのですが、モデルチェンジしてて買えませんでした。仕方なくバイソンと小熊のぬいぐるみを追加しました♪
オールドフェイスフルは中国人の観光客で溢れていて、レストランも中国人で混雑していたので、前回と同じく全く同じ場所で同じラーメンをいただきました(笑)
イエローストーン 
イエローストーン

15時過ぎまでオールドフェイスフルでのんびり過ごし、今日の宿泊地を目指して移動開始です。
西ゲートからイエローストーンを出て南へ2時間ほど走り、アイダホ州のアイダホフォールズという街に到着です。
グランドティートン

最後の宿泊はヒルトン系のハンプトンイン!
ハンプトンインに泊まるのは2010年の初グランドサークルの時、カイエンタで泊まった振りです(^o^)/
ハンプトンイン 
ハンプトンイン

チェックインを済ませるとすぐに夕食で歩いてすぐ近くのSnowEagleへ行きました。
ここは2年前も訪れた店で、オーナーの奥様が日本人の日本料理が食べれる地ビールスポーツバーです♪
前回お会いできなかった奥様にも会うことができ、近々日本に旅行に来るということなので、また日本で会う約束をしました♪
SnowEagles 
SnowEagles 
SnowEagles 
SnowEagles

食後はSnowEaglesの前にあるスネーク川沿いを散歩しながら、のんびりとホテルに戻りました♪
SnowEagles

つづく
■5月3日(水)

ワイオミング州の田舎町、シェリダンのベストウエスタンの朝食は今回の旅行の中で唯一有料の朝食でした。
夕食も食べたホテルに併設しているレストランでの朝食でしたが、宿泊者は半額と言うことで、私の注文したベネディクトは5ドルほどでした。
朝食

外は気温が一桁でヒンヤリとしていますが青空の良い天気♪
ホテルの前に白い桜の様な花が沢山咲いていました。
白い花

この日も400km程移動です。
日本で考えると毎日鹿児島や大阪まで移動していることになりますが、アメリカでは80マイル巡行だし、景色は綺麗なので全く苦になりません♪
インターステート90

途中、給油で立ち寄った小さな街で、ガソリンスタンドの隣りにピンクの綺麗な花が咲いたお宅がありました。
眺めていると住人のおばちゃんが出て来て、いろいろと説明してくれました♪
ピンクの花  
ピンクの花

リビングストンという街でフリーウェイを下り、南へ走ります。
この道はイエローストーン国立公園の北ゲートへと続く道になりますが、ちょっと寄り道♪
チコという地区にある「チコ・ホットスプリングス」にやってきました!
アメリカなので当然ながら水着着用ですが、ここには天然温泉のプールがあるので入ることにしました。
海外での温泉はカナダのバンフ振りです。
チコ 
チコ 

見た目は普通の温水プールですが、水は少しヌルッとしていて確かに温泉です。
プールの1/3ぐらいが屋根のある屋内になっていて、そこは温度も少し高めで、みんなゆっくりとお湯に浸かってました。
チコ 
チコ

体がポカポカになったところで、この日の残り30km程の移動です。
ホテルは北ゲートの街ガーディナーに取っていますがまだ時間が早いのでそのまま通過してイエローストーン国立公園に入ります。
北ゲートを過ぎて直ぐのところに、実は川岸の天然露天風呂があるのですが、この日は川の水量が多いということで閉鎖されていました。入る気マンマンでしたが仕方なくそのまま通過し、2年前にゆっくり見れなかったマンモスホットスプリングスに行きました。

後ろに写っているのは野良バイソン、背中を向けて写真を撮ってるので周りの人に注意してって言われました(笑)
イエローストーン

マンモスホットスプリングスはトルコのパムカッレや中国の黄龍と同じよう、流れ出る温泉に含まれている石灰分が永い年月の間に蓄積 され、それが白く幾重にも重なり出来たものです。
イエローストーン 
イエローストーン

マンモスホットスプリングスのウッドトレイルをぐるっと回って車に戻ると、来た道を戻りガーディナーのベストウエスタンにチェックインしました。
ベストウエスタン 
ベストウエスタン

ホテルの前にはイエローストーン川が流れていて、対岸は国立公園です。
その対岸にはバイソンが沢山いますが、ホテルの周りには鹿が沢山いました♪
ベストウエスタン

夕食はホテルの隣りのレストランへ。
小さなカジノやバーもあり、地元の人のたまり場にもなっている様な感じでした♪
この日も元気にステーキをいただき一日を終了しました(^^)/
ステーキ 
ステーキ

つづく