車でジムカーナやサーキット走行を楽しんでたころには、実家の部屋に鍛造軽量ホールが数セットも転がってたことがありましたが、バイクでも替えたことのないホイールをロードバイクで替えることにしました。
効果どうこうよりも、とにかくカッコ良くしたかったというのが第一で、予算と相談しながら実用的かつ効果的で、経済的にもやさしいものはと検討していました。
まずタイヤはクリンチャー(チューブ有り)であること。チューブラーはタイヤが高いのでNG。
そうなるとリム高が高いものはチューブラーが多いし、カーボン製だと高価なるのでNG。
ということから、アルミ製でかつ軽量で、出来るだけリム高が高いものを探すことに。
いろいろと口コミ情報などを参考にして、EASTON(イーストン)のEA90 AEROに決めました。
とても軽量で前後合わせても1,545gしかありません。
MAVICのコスミックカーボンというホイールがリム高も52mmあり、カーボン製なので見た目が良いのですが、1,740gとちょっと重めだし、お値段も高めなので止めました。

ホイールを交換するにあたって、スプロケット外しとロックナット外しの専用工具を購入しました。
スプロケットは、外したついでに綺麗に洗浄して取り付けました。
シマノのホイールの時についていた細いスペーサー(写真:左側の下)は取り付け出来なかったの、取り外しました。
タイヤは今使っているものがまだまだ使えるので、前後をローテーションして付け替えました。
スプロケットニューホイール

早速、装着完了!ホイールが変わっただけで、ごろっとイメージが変わりますね!!
カッコよくなりました(^0^)♪
取り付け完了

試乗とランチを兼ねて、平尾台のウッドストックまで行ってきました。
インプレですが、乗った瞬間からフィーリングが全然違います。転がり音も軽やかです。
少し加速してみると、スーーっと加速して行きます。35~40kmでの巡航が楽になりました。

今日は時間がなかったので、ウッドストックで焼カレーを食べて直ぐに行橋側へ下ったのですが、ダウンヒルでホイールの違いをまた感じました。
ホイールが軽くなった性?それとも剛性がアップした性か、減速帯などギャップでの振動が小さくなって、あまり気にならなくなりました。不思議ですね~(^ー^)♪

それと、今日は平尾台のヒルクライムでのタイムを計って見ました。
計測は行橋側の信号を曲がって、左側にある井関酒店前の電柱をスタート地点にして、ゴールは、平尾台自然観察センター、前田商店前の入り口を曲がった地点。
初めての計測は『32分10秒』!とりあえずこれを基準に、毎回縮めていけるようにがんばります。

明日は、午前中フリーなので英彦山まで行ってこようと思います。


今日のロードバイクの記録は
走行距離 25.46km
走行時間 1:12'59
平均速度 20.9km/h
最高速度 61.1km/h
平均ケイデンス 63rpm
平均心拍 161bpm
最高心拍 181bpm
消費カロリー 627kcal


クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポンサーサイト
⑦コンサート応援グッズの作成
せっかくボストンまでブリトニーのコンサートに行くので、ただ見に行くだけじゃつまらないということで、何か目立つことが出来ないかと思い考えついたのが、ジャニーズのコンサートとかでよく見るうちわ
偶然にも去年、浜崎あゆみのコンサートで妻が買ってきていたLEDで光るうちわ(写真:左)があったので、それを改造することに。
パソコンでチョチョいと画像を作成してダイソーで買ってきたパーティーグッズを付けて完成(写真:右)。
どうでしょう!これでコンサート会場で目立つこと間違いなし!!!(^ー^)♪
浜崎あゆみのうちわ改造後うちわ
裏面



クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

⑤お金の両替
旅行でアメリカに行った場合、買い物や食事での支払方法は、1)キャッシュ 2)トラベラーズチェック3)クレジットカードの3種類あるのですが、自分はいつもキャッシュ(現金)オンリーです。
トラベラーズチェックは落としたときや盗難に安心といいますが、なんかサインするのが面倒。
クレジットカードは、ちゃんと支払いできたのか不安だし、そのときのレートによって支払額が変わってくるから、なんか嫌で。(いざという時のために、一応はVISAカード持ってますけど)そうなるとやっぱり現金が一番です!

今回の旅行はJTBを利用したツアーだけど、食事は全く付いていないので、食事代と土産代、そして現地で支払うオプショナルツアー代を含めて2,000ドル両替してきました。
ドル札

もう少し早く両替に行けばよかったのですが、今日のレートが約97円/ドルで、キャッシュの販売相場だと100.51円/ドルにもなってしまって、20万円では少し足りませんでした(T_T)
1ヶ月前に両替していれば90円台を下回ってたのに・・・って少し後悔しましたが仕方ありません^^;

⑥変圧器の購入

旅行に持っていく電化製品といえば、デジカメの充電器、電気シェーバーの充電器、携帯電話の充電器、ドライヤーぐらいで、現在の電化製品のほとんどは100~240V対応なので、去年、アメリカに行ったときはそのまま使用することが出来ました。(ドライヤーは海外旅行用のものですが)
その中で唯一使えなかったモノは「携帯電話の充電器」で、ドコモの純正品は100Vしかダメなようで最初気がつかずに充電していて、発熱していました。
アメリカのコンセントプラグは日本と同じAタイプなので、プラグはそのまま入るのですが、電圧が120Vなので100Vの電化製品は使えません。(実際、短時間だったら使えないこともないけど)

ところで、何故アメリカで携帯電話かといいますと、普通にアメリカでも使えるからなのです。
僕の携帯電話はドコモのFOMAですが、去年行ったときは、空港に着いたら勝手に現地時間に変更され「海外でも使用できます」みたいなメールがドコモから届きました。
ロサンゼルスのホテルでは、夜中に友達から飲み会の誘いがあって、友達もビックリしていました(笑)
そんなこともあり、とりあえず携帯電話は使えるように、充電用の変圧器を買わなければと思っていたのですが、今日、職場で使っている社外品の充電器を見ると100~240Vになっていたので、買わなくて済みました(^ー^)ラッキ-♪
充電器充電器(ズーム)




クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ