上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコンの一眼レフカメラのストラップには、プロカメラマンしか手に入れることが出来ない非売品ストラップというものが存在します。
プロカメラマンとは、写真撮影を職業としている真のカメラマンのことで、私の様な兼業プロカメラマンというのは該当せず、その他いくつかの条件をクリアーすることによって、NPS(ニコン・プロフェッショナル・サービス)という組織に入会できます。
ちなみにキャノンにもCPS(キャノン・プロフェッショナル・サービス)というのがあります。

NPSに入会すると、(もちろんニコンの機材に限りますが)登録している機材の無料点検や修理代金特別割引などのサービスを受けることが出来ます。そしてNPS会員が一眼レフカメラを購入し、そのカメラをNPSに管理登録すると付属品のストラップとは違うストラップが支給されます。

それを通称『プロストラップ』と呼んでいます。

通常、一眼レフカメラを購入すると、例えばニコンのD7000の場合は付属品として「D7000」とロゴが入ったストラップが同封されていますが、そのストラップには『NPS』とロゴが入っています。
このストラップが職業カメラマンになれないホビーカメラマンには高嶺の花であり、憧れのアイテムでもあります。また、付属品のストラップに比べ質が良く頑丈で、とても使い勝手がよろしいのです^^
私がプロストラップの存在を知ったのもここ数年の話ですが、一昔前は、たぶん一般人がこのストラップを手に入れようと思うと知り合いにNPS会員がいるしかなかったでしょうが、現在ではネットオークションなどに出回っており、容易に入手することが出来ます。その相場は1~3万円ぐらいと結構高価なもので、きっとプロカメラマンの方々のイイ小遣い稼ぎになっているのではないでしょうか?(笑)
私が所有している一眼レフボディは3台ですが、一応全部プロストラップを着けています^^;
一番奥の黒地のものが現行のプロストラップで、他はそれ以前の旧プロストラップになります。
黄&黒のものがニコンらしく、裏地がバックスキン状でとてもしなやかで使い易くお気に入りなので、予備も含めて3本も持っています。
手前の青いプロストラップは10年程前の記念モデルで、シドニーオリンピックの頃に支給されたものらしく、最近ではなかなか手に入れることが出来ない貴重なもので、つい先日名古屋のNPS会員の方から格安で譲っていただきました。前々から欲しいと思って探していたので思わず衝動買いしてしまいました^^;
使うのが勿体ない気がしますが、普段使い用のD700(写真:左)にでも着けようかと思います♪
プロストラップ 
プロストラップ

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト
2011.12.25 山歩き♪
クリスマスの今日、我が家は朝から大掃除♪
午前中には終了し、午後はフリータイムをいただきました^^
最近運動不足なので、前日は池の周りをグルグルでしたが、今日は極寒の平尾台で山歩きをしました。
茶ヶ床というところに車を止めて貫山まで往復約2時間のトレッキングです。
ときどき目の前が真っ白のホワイトアウト状態になるほど吹雪いて遭難するかと思いましたが、誰もいない静かな山の上を黙々と歩くのも心がリフレッシュできて、なかなか楽しかったです( ̄▽ ̄)♪
平尾台

クリックしてネ!
banner_03.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
今朝は寒いけど快晴の自転車日和!!
しかし、ドクターストップ中の身(自分で思っているだけ)なのでグッと我慢して、(クリスマスイブだというのに)2回目の野鳥撮影に出掛けました♪
前回は海側だったので今回は山へ行こうと思い、豊前方面へ行ってみることにしました。
途中の川にカモが沢山居たので、練習がてら撮影してみました。
河川敷からの撮影なので身を潜めるところもなく、かなり手前に止めたにも関わらず、車を降りただけで警戒され遠ざかって行きました。
諦めてたまるかと、忍び足で近寄って何とか撮影することが出来ました^^
たぶんマガモだろうと思うけど、今まで気に止めなかったカモも、いろいろな色や模様のヤツがいるんだなぁ~と思いました♪
マガモ 
マガモ

しかし、今日の目的はマガモではなくもっとカラフルなヤツ!!
早々にマガモ撮影を切り上げ、目的の鳥を探します。
スマホでグーグルマップを見ながら、地図上で確認できる池を片っ端からチェックして行きました。
大分県との県境まで南下しましたが目的の鳥は見つけることが出来ずUターンし、最後に寄ったダム湖でなんとその目的の鳥を発見することが出来ました!!

それはオシドリ・鴛鴦(カモ目カモ科)です。
釣り客も撮影している人も誰一人居ない山の中の大きな池で、池の中心付近を漂っているオシドリを発見しました!!
しかし、私の装備では遠すぎてこれ以上拡大して撮ることが出来ません。
しかも(オシドリに限らずでしょうが)かなり警戒心が強く、姿を確認しようと木々の隙間から覗いただけで逃げてしまいます。
車を池の外周道の中腹に止め、カメラを担いで忍び足で近寄ります。
オシドリ

近づけば逃げられを数回繰り返し、池の周りを歩き回ってやっと撮影できたのがこれです。
これでも池の水面が見えるか見えないかのギリギリのところで、ガードレールと木々の隙間から狙って撮影しました。それをパソコン上で少しトリミングしています。
今回の装備はAF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR(通称:ヨンニッパ)テレコンAF-S TELECONVERTER TC-20E IIIを付け、更にDXフォーマット(APS-C)での撮影なので、焦点距離は1200mmです。これでもかなりの超望遠ですが、鳥を撮ってみてるとこれでは全然足りないと痛感し、鳥を撮っている人がロクヨン(600mmF4)やボーグ(BORG)などを使っている意味が分かりました。
ロクヨンなら「600mm×2×1.5」で1800mmなので600mmもの差があります(πーπ)
鳥撮りは程々にしないと新たなレンズ沼にハマってしまいそうです(笑)
オシドリ

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。