■12月29日(日)
前日の列車でも結構眠れたので、朝はすんなり6時前に目が覚めました。
10時39分の列車に再び乗るのですが、ホテルから駅はすぐそこなので慌てる必要ありません。
料金3,000円程のこのホテル、朝食までビュッフェスタイルのものが付いています。
十分過ぎるぐらい沢山いただきました(^^)
ベトナム一人旅

10時頃チェックアウトし、フエ駅へ。
小雨が降っていましたが、濡れる程ではありませんでした。
駅舎の横にある待合室で電車をくるのを待ちますが、案の定、今日も遅れました。
はじめは20分程と言っていたのですが、結局、1時間半程遅れて12時になりました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

12時ちょっと前になってやっとホームに入れてもらえました。
ホームには列車が到着したときにしかオープンしない店が沢山並んでいます。
ベトナム一人旅

12時10分頃、やっと列車が到着しました。
ベトナム一人旅

今回のルームメイトは隣が(聞いてはいませんが)ベトナム人の親子、その上がベトナム人の女性でした。
この親子はダナンで降りていきましたが、入れ替わりでまたベトナム人のおばさんが乗って来ました。
フエ駅を出発すると直ぐにワゴンで売りに来た弁当を購入しました。
写真には撮れませんでしたが、いろんな揚げ物がトレイの上に山積みされていて、適当に指差すと、ご飯と野菜と一緒にさらに盛り、ヌックマムをかけ、小さな青唐辛子を少し添えてくれました。
このヌックマム(タイでいうナンプラー)が美味しいんですよ^^
青唐辛子をかじりながら美味しくいただきました。
これで確か30,000ドン(約150円)でした。
ベトナム一人旅

二つ隣りの部屋に日本人の男性2人組がいました。
少し話すと在中されているらしく、昨日、仕事終わりで電車に飛び乗り、ダナンへ向かう途中とのことでした。
フエを出発してしばらくすると、この統一鉄道の一番の見所であるハイヴァン峠に差し掛かりました。
列車はゆっくりとしたスピードで、キィキィと車輪とレールの擦れる金属音をたてながら、断崖絶壁の線路を進んでいきました。以前、世界の車窓でも見たことがある景色で、頭の中にはそのメインテーマが流れていました(笑)
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

ハイヴァン峠のクライマックスは長いトンネルで、そのトンネルを抜けると今まで断崖絶壁だったのに、急に海面と同じ高さの海岸が現れました。
そしてしばらくしてダナンに到着しました。
このダナン、ベトナム戦争のときにアメリカ軍の基地があったとのことです。
ダナンでは多くの人が下車し、また多くの人が乗車してきました。
今回の私の座席(ベッド)は前回と同じ右下の22番でしたが、車両が一つ前の9車両めでした。
すっかり自分の部屋の様に散らかっています(笑)
ベトナム一人旅

今回の車両はテーブルの下に220vのコンセントがあったので、ここからずっとパソコンで現像作業をしていました。
ベトナム一人旅

16時頃に夕食のチケットを売りに来ました。
チケットには35,000とスタンプが押されているのに50,000ドン(250円)とのこと。
後でチケットの数字を書き換えに来ました(笑)
18時頃、夕食が運ばれてきました。
刑務所の配給の様に、同じトレイの中にスープも注いでくれたので、溢れて非常に食べ辛かったです^^;
この夕食にもヌックマムと青唐辛子を添えて貰いました。
他には「333(バーバーバー)」というベトナムビールを買わないかとやたらススメてくる人がいて、結局2本も買って飲んでしまいました。このビール、一つが20,000ドン(約100円)と格安で、アルコール度数が5%以上もあるんです。
ベトナム一人旅

夜8時を過ぎると、急にみんなが寝支度を始めだしたので、21時頃には就寝しました。
ハノイーフエ間は寒くて目が覚めましたが、南に行くにつれ暑く湿度が高くなって、フエーサイゴン(ホーチミン)間は寝苦しい夜でした。
フエから18時間電車に揺られ、無事にホーチミン市のサイゴン駅に2時間遅れの6時半頃到着しました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

サイゴン駅の強引なバイクタクシーの勧誘をくぐり抜け、一路、ベンタイン市場を目指します。
簡略化されすぎて分かりにくい地球の歩き方の地図を見ながらひたすら8月革命通りを南西へと歩きました。
今年の2月に始めてベトナムに出店されたスターバックスコーヒーが途中にあったので、エアコンの効いた店内で休憩することにしました。流石に値段も高いのでお客は欧米人だらけです。スタバと言えばフリーWi-fiということで、ちょうど良かったので帰りの飛行機のウェブチェックインを済ませました。
ベトナム一人旅

スタバでの小休止を終えると、すぐ近くのベンタイン市場へと移動しました。
特に中に入ることなく、外観だけを眺めるだけにして、すぐに空港へ移動することにしました。
ベトナム一人旅

ベンタイン市場前のロータリーを挟んで向かいにあるバスターミナルから152番のバスに乗りました。乗るときに運賃箱に5000ドン(約25円)を入れ、半券を受け取りました。
ベトナム一人旅

40分程で空港に到着しました。
間違えて国際線ターミナルで降りてしまったので、国内線ターミナルへ歩いて移動しました。
すぐ隣りですが、とても造りが古くてちょっと30年ぐらいタイムスリップした気分になれるターミナルでした。
ベトナム一人旅

暇つぶしにすることと言えば食べることぐらいなので、寂れた空港内のフードコートで、BREAKFASTという項目にフォーがあったので食べてみることにしました。
流石に空港内は高くて、ミネラルウォーターと一緒で60,000ドン(約300円)でした。
ベトナム一人旅

国内線はバスで移動し、タラップでの搭乗でした。
アメリカ横断ウルトラクイズみたいで、これ好きです♩
ベトナム一人旅

ハノイまで2時間程のフライトですが、機内食が出てきました。
ベトナム航空スゴいですね!
ベトナム一人旅

無事にハノイに戻ってきました。
ノイバイ空港から市内へはミニバスを利用しようかと考えていたのですが、乗り場がよく分からず、仕方なくタクシーで移動することにしました。
はじめに料金を確認するとホテルのある旧市街まで350,000ドン(約1,750円)とのこと。ミニバスに比べるとかなり高いです。
二日前にもほぼ同じルートを走っていたので、大体の方角などを把握していたのですが、途中から明らかに違う方向に行っている気がしてきました。
予感が的中し、埋め立て地の様なところにあるトタンで覆われた空き地の様なところに入ろうとしました。
「こりゃマズいかな?(汗)」と一瞬焦ったのですが、そこはタクシー会社の事務所で「1分待って!」と言われ、他のスタッフが助手席に乗り込んで何やらメーターをいじっていました。
ほんとに直ぐに作業は終わって再び走り始めした。
しばらくすると見たことがある風景が現れたので、ホッとしました。
無事に旧市街にあるこの日の宿泊ホテル『ハノイレガシーホテル』に到着しました。
ベトナム一人旅

日本の長屋の様に奥に長く、幅の狭いホテルですが、設備も十分に整っていて、一泊4,000円朝食付きなら文句なしの内容でした。
ベトナム一人旅

荷物を部屋に置くと早速、観光&夕食に出掛けました。
旧市街地内を通り、ホアンキエム湖の畔を散策し、チャンティ通り、グエンタイホック通りを西へひたすら歩きました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

イスラエル大使館の1ブロック先を右折して少し歩くと、ホーチミン廊とバーディン広場に到着しました。
ちょっとだけ座って眺めると、早速、次の目的地へと移動しました。
ベトナム一人旅

グエンタイホック通りまで戻り、西へ少し歩くと、路地の入り口に『ビンミン』という焼き鳥屋に到着しました。
この店、地球の歩き方にも紹介されているのですが、私はBSの確か「ベトナム水紀行」か何かで見ました。
日本にも支店があるらしく、看板もメーニューも日本語表記がされてあります。
私が到着したときは誰も居なかったのですが、私が帰ることには、日本人だらけになっていました(笑)
ベトナム一人旅

生ビールに鶏もも肉、牛の串焼きにパンを注文しました。
地球の歩き方には「スパイシーなタレがビールによく合う」と書いていますが、確かに美味しかったです。
まだ追加で注文したいぐらいでしたが次があるので、ちょい呑み程度で止めときました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

〆はフランスパンを串に刺し、おじさんの素手でギュッと潰したもものに甘いタレを塗って焼いたものです。
これまたパリパリしてて、ちょっと甘くて、美味しかったです!
ちなみにビールまで全部入れて87,000ドン(約437円)でした。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

帰りがけにもう一件寄った店が『コム・ムォイ』で、ここも地球の歩き方に載っています。
ベトナム一人旅

ベトナムらしい大衆食堂って感じの店で、好きなおかずを選ぶと、ご飯の上に乗せてくれます。
私はポーク二種類に野菜をトッピングしてみました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

ヌックマムをかけ、赤唐辛子を添えて食べました。
この店もとても美味しくて、ビンミンで食べていなければ、他にもいろいろ食べてみたかったです。
おかず3品を選んで30,000ドン(約150円)でした。
ベトナム一人旅

お腹も満たされ、ライトアップされたホアンキエム湖やチャンティエン通りを見ながらホテルへ戻りました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

さて、明日は朝7時にホテルをチェックアウトし、空港までタクシーで行って、10時過ぎの飛行機で、行きと同じ香港・台北経由で帰るだけなので、これで『ベトナム統一鉄道一人旅』は終わりです。

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
初めて旅行記事をリアルタイムでアップします。
今年の年末年始は、久々に国外脱出で、一人でベトナムに来ています。
マイルの有効期限が切れそうだったので、なら使った方がいいよねということで、JALの提携社特典航空券を利用しました。

■12月27日(金)
福岡10:20発の台北経由香港行き、キャセイパシフィックCX511便に乗りました。
キャセイパシフィックは初めて乗ります。
テーブルを下ろすと100v電源もありました。
ベトナム一人旅

お陰で香港までの5時間近くは溜まった写真の現像作業をすることが出来ました。
ベトナム一人旅

福岡ー台北間の機内食です。
ベトナム一人旅

台北では機内から降りることが出来ず、そのまま機内で1時間ほど待機させられました。
再び飛び立つと再び機内食です。
ベトナム一人旅 border=

無事に香港に到着しました。
香港は初めてですが、PM2.5のせいなのか霧がかかった様に真っ白で、上空から香港の町並みを見ることが出来ませんでした。
飛行機から降りるとトランスファーで再度、セキュリティーチェックを受け、搭乗ゲートへと移動しました。
2時間以上の待ち時間があったので空港の中を散策♩
ベトナム一人旅

歩いているとお腹が空いてきたので香港らしいものでも食べようかと購入してみました。
これが香港料理なのかわかりませんが、まんまトムヤムクンでした^^;
ベトナム一人旅

ぶらぶらしているとあっという間に搭乗時刻に。
17時45分香港発のドラゴン航空に乗ってハノイへ。
トムヤムクンを食べたばかりですが、また機内食が出てきました(笑)
ベトナム一人旅 border=

定刻通り、無事にハノイ空港に到着しました。
イミグレを通過し、受け取る荷物もないのでそのまま到着口へ。
ここでvietnamtraintravelの人から列車のチケットを受け取る様になっていて、私の名前のカードを持った人が待っているはずなのですが、見当たらないのでとりあえず先に両替をしました。
両替が終わり戻ってみると、名前のカードを持った人がいたので挨拶をしてチケット受け取りました。そしてその人の車に乗ってハノイ駅まで送ってもらいました。普通はvietnamtraintravelの事務所に行ってチケットを受け取らなくてはならないそうですが、私の到着時刻が遅かったので、駅までの送迎付きで25ドルで持って来てくれることになりました。
ベトナム一人旅

受け取ったチケットです。
23時発のSE3という列車のチケットで、もう一つは同じくSE3のフエ発ホーチミン行きのチケットです。
ベトナム一人旅

ハノイ駅に到着しました。
特にすることもないので、駅の中や周りを歩いたり、待合室で座ったりと落ち着きなく3時間ほど時間を潰しました。
ホームに入れたのは出発の20分ほど前でした。
ベトナム一人旅 border= 
ベトナム一人旅 border= 
ベトナム一人旅 border=

列車に乗り込む前に、駅の中の売店で水、パン、みかんを購入しました♩
ベトナム一人旅

私の乗る列車は10両目の1等寝台車で4人部屋の下の段でした。
同じ部屋には女性が3名、フランス人のおばさんとドイツ人の親子でした。
列車に乗る前に駅の外でミネラルウォーターを使って歯を磨いていたので、列車に乗り込むと直ぐに眠りました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

■12月28日(土)
列車の揺れも音も激しくて、備え付けの薄い毛布では凍えそうなぐらい寒かったですが、意外に6時間ほどぐっすりと眠ることが出来ました。
朝、車内販売のワゴンが回って来たので、蓮の葉で包んだちまきを購入してみました。
1つ20,000ドン(約100円)で、購入するとちまきの上を刃物で上手にカットしてくれて、熱々なので容器に乗せてくれます。
ぷるんぷるんしていて見た目も悪く、中にはウズラの卵が一つ入っていますが、食べてみると想像以上に美味しくて、完食してしまいました(笑)
ベトナム一人旅

夜があけても特にすることもなく、フランス人のおばさんと話したり、外をボーッと眺めたりと、のんびり過ごしました。
窓から見える景色は水田ばかりで、どの田んぼも水牛を使って耕していました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

一夜を共にしたルームメイトです。
朝起きての一言がみんな「寒かったね!」でした(笑)
ドイツ人もフランス人も英語がペラペラ、ドイツ人の娘も母から1年半前に教わり始めたそうですが、それでもペラペラ、しかも元ボーイフレンドがフランス人だったらしく、フランス語も少し話せるとのことでした。
フランス人のおばさん(右の赤い服)は1ヶ月間の旅行でベトナムとカンボジアを別の車両にいるオーストラリア人の友達と回っているとのこと。でも友達はショッピングとかが好きだし、育った文化が違うので合わないと言ってました(笑)。
ベトナム一人旅

途中から雨が振り出し、やっと目的地のフエに到着したと思ったら一つ前の駅で、1時間半遅れの12時10分にフエ駅に到着しました。
ベトナム一人旅

既に雨は止んでいます。
まず駅から歩いて10分ほどの予約していたホテルへ行きました。
モンディアルホテルで1泊3,000円程ですが、一人で泊まるには立派すぎるホテルでした。
ダメ元で頼んでみましたが、列車が遅れたお陰もあり、少し早いですがチェックインすることが出来ました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

荷物を置くと早速観光へ出掛けます。
フォーン川沿いのレロイ通りをひたすら歩き、フースアン橋を渡って旧市街へ行きました。
ベトナム一人旅

お腹が空いたので、適当なお店に入ってみることにしました。
手招きして呼んでるので、ハイハイと良い客になって店内に入ります(笑)。
キムチと読むのでしょうか?
ベトナム一人旅

英語表記もありましたが、よくイメージ出来ないので、適当に二つ選んで注文しました。
これがまた想像以上に美味しくて、大盛りに盛られたご飯を完食してしまいました♩
ベトナム一人旅

お腹も満たされ店を出て少し歩くと、またベトナムトラップにハマりました(笑)。
シクロのおやじに声を掛けられ、普段なら無視するのですが、時間もあるし乗ってみるのも良いかなと乗ることにしました。旧市街の中をのんびりと回り、所々撮影ポイントに到着すると、私のカメラで記念撮影してくれます。
時々俺も撮ってくれと要求もしてきます。このおやじ、名前は「レオ」です。
結局、1時間ではスタート地点までは戻って来れず、途中で延長させられ、2時間分の200,000ドン(約1,000円)を支払わされました。これをボラレタのかどうかと悩みますが、良い経験が出来たということで気にしないことにしました。
こいつがレオです(笑)。
ベトナム一人旅

レオと分かれると徒歩で観光再開です。
フラッグタワーです。
ベトナム一人旅

レズアン通りから旧市街への入り口となるフラッグタワーの左右にあるサップ門とガン門の側には大砲があります。
ベトナム一人旅

10,500ドンのチケットを購入し、阮朝王宮に入りました。
基本的にカンボジアのアンコールワットや中国の故宮などと同じような作りですが規模は小さくて、あっという間に回り終わりました。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 border=

旧市街の締めはドンバ市場に行きました。
ここも韓国やカンボジアなどで見た市場と同じような感じで、市場の中は迷路の様になっているので、しっかり方向を考えながら歩かないと迷子になりそうなくらいです。
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅 
ベトナム一人旅

日も暮れ始め、寒くなって来たのでホテルに戻ることにしました。
夕食はフエ駅とホテルの中間ぐらいにあったこのレストランに。
ベトナム一人旅

注文は天井にある写真を指差して!
ベトナム一人旅

お店のお姉さんが生春巻きの巻き方を実演してくれ、この寒いのに冷たいビールを飲むのかとも言われました(笑)。 
ベトナム一人旅

暖かいヌードルはそうめんの様な麺でした。
ベトナム一人旅

カンボジアにもいましたが、テラスで食べていると物売りの子供が寄ってきました。
一人から購入すると収拾がつかなくなるのでと思ったのですが、どうやら二人しかいない様なので、一つ10,000ドン(約50円)ずつ支払って購入してあげました^^
ベトナム一人旅 

お腹も満たされ、早々にホテルに戻ると二日振りのシャワーを浴びてスッキリしました。

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
娘が生まれて初めてのクリスマス♪

今年もお気に入りのイタリアンレストランでクリスマスディナーをいただいて来ました(^^)/
去年も行きましたが、その時はまだお腹の中でした。

今回は生後7ヶ月を迎えてのクリスマスです。
食事中はイイ子にベビーカーの中で眠っていました。
クリスマス

自宅に帰ると初めてのクリスマスプレゼントをあげました!
「やりたい放題」にご満悦です(笑)
クリスマス

クリックしてネ!
banner_03.gif ブログランキング・にほんブログ村へ