今回の鹿児島旅行のメインイベントは、鹿児島を自転車で走ること(^ー^)♪
ライフに自転車を搭載し、高速道路で落ちないかヒヤヒヤしながら鹿児島入りしました。
ライフ

10月11日(日)、朝6時に起床。
まず約10km先の桜島フェリー乗り場を目指して6時30分にホテルを出発しました。
ホテル出発

半袖半ズボンジャージで出発したのですが、さすが南国!そんなに寒くありません。
出発してすぐ、心拍センサーが反応していないのに気が付いたのでコンビニで電池を買うことに。
コイン型リチウム電池のCR-2032はなかなか売っていなくて、サンクスファミマと不発に終わり、3軒目のCOCO!でゲットし、在庫3個をすべて買占め、メーターと車速・ケイデンスセンサーの電池も同時に交換しました。
無事電池交換も終わり、7時ごろフェリー乗り場前に到着しました。
桜島フェリー乗り場

フェリー乗り場の前にあるローソンで朝食を買い、自転車を担いでターミナルのエスカレーターを上がろうとすると警備員に呼び止められました。自転車はそのまま1階からフェリーに乗るように誘導され、自動車と同じ様にフェリーに乗り込みました。自転車でフェリーに乗るのは初めての経験です^^;
桜島フェリー内

乗り込むと直ぐにフェリーが動き始めました。
桜島フェリーは24時間運航で、10分間隔で出航しているので、あまり時間は気にしていなかったのですが、どうやら7時30分の便に乗れたようです。
冷たい風が吹きつける甲板で、ホットコーヒーを飲みながら朝食を食べました。
そうこうしているとあっという間に桜島に到着、15分ほどの船旅でした。
朝の桜島

桜島に上陸しました。
自転車も自動車も到着後に料金を支払うシステムになっています。
桜島の料金所

前日は青空で綺麗に見えた桜島も、今朝は雲に覆われています。
いつもツーリングなどを企画すると必ず雨が降る雨男の私、今回は雨が降らないだけマシですね^^;
桜島

さて、ソロセンチュリーランin鹿児島の前半がスタートです。
コースは桜島から海沿いを走って大隈半島を南下する錦江町までの約56kmです。

桜島の南側、国道224号線は緩やかなアップダウンがあるものの、舗装は綺麗で走りやすのですが、風が吹くと積もった灰が舞い上り、口に入るのでとても体に悪そうです(>_<)
ホテルを出たころから少し気になっていたペダリング時のカチカチという異音が、さらに耳障りになってきたので、さくらじまホテルを通り過ぎたところにある展望場所のスペースで停車し、リアディレイラーの調整をしました。
調整後は何も無かったかの様に無音に。5分ほどのタイムロスでした。

国道220号線へ曲がった早咲大橋から、黒煙の上がる桜島の裏側を眺めます。
桜島フェリーを出発してここまでで既に30分経過していました。桜島フェリーを下りて直ぐに、前半の折り返し点でもある錦江町大根占港から指宿へ渡るなんきゅうフェリーの11時の便を予約していたのですが、予想以上に南西からの風が強いので間に合わなかったら大変だと思い、アップダウンのある海沿い道を黙々と走りました。
桜島の裏側

出航の30分前、10時30分に大根占港に無事到着しました。
2時間ぶりの休憩なので、人気の無いフェリーの待合室でコーラ補給し、時間があるので錦江町の町をブラブラして時間を潰しました。
なんきゅうフェリー待合室

5分前になると指宿から来たフェリーが入港してきました。
車はたぶん5~6台、人間も20人ぐらいしか乗ることが出来ない小さなフェリーです。
なんきゅうフェリー
なんきゅうフェリー概要

大根占港で買った缶コーヒーと持参していたカロリーメイトを船上で食べながら、40分で指宿港に到着しました。指宿港のフェリー待合所でボトルを補給し、後半のスタートです。
指宿から西へ枕崎まで走り、枕崎から知覧・川辺と走って鹿児島市内へ戻る約94kmのコースです。


指宿に来るのは6~7年前の職員旅行以来。指宿駅前は人気が少なく寂しい感じです。
指宿駅

指宿駅を出発して国道226号線を枕崎方面へ走ります。
10km程走ると、日本最南端の駅で有名な『西大山駅』に到着しました。
西大山駅の目の前には綺麗な三角形の開聞岳が一望できます。
西大山駅

電車は1時間に1本ぐらいしか来ないようで、駅のホームは観光客で溢れていました。
人の写真を撮ってあげたり、ホームでボーっとしたりと少し休憩してから枕崎へ出発しました。
開聞岳

ここから枕崎までの約30kmは向かい風が強く、アップダウンが続く単調な道でかなりキツくて、電車で帰ろうかと何度も心が折れそうになりました。
やっとの事で枕崎に到着し、JR最南端線の終着駅舎で記念撮影でもしようと思っていたのに、数年前に駅舎は取り壊さたらしく、待合室など何も無いホームだけの寂しい無人駅になっていました。
写真を撮るようなところも無かったので、さっさと知覧へ出発しました。

枕崎から北東に伸びる県道34号線(枕崎知覧線)は右も左も見渡す限り茶畑で、その様な道が約20kmも続きました。
枕崎の茶畑

その途中、ボトルの中身をスポーツドリンクから伊右衛門の緑茶に替えると、知覧に着くころには体力が少し回復したようで、何故か元気に体が軽くなっていました。どうやら、お茶畑を見ながらお茶を飲むと体にいい様です(笑)
指宿から枕崎の辛さがウソの様に、軽快に走って知覧に到着しました♪
既に16時を過ぎていたので、知覧特攻平和会館と武家屋敷で写真だけ撮って、補給も休憩もせずに川辺方面へ出発しました。
知覧特攻平和会館

武家屋敷

知覧から川辺へは約10kmで、ほとんど下り坂なのであっという間に到着しました。
川辺には姉夫婦が住んでいるのですが、時間が無いので特に連絡もせず、家の前を通過しました。
川辺から鹿児島市内へは国道225号線を通り、今回のコースの最後の砦、川辺峠があります。
その峠の手前にある道の駅『川辺やすらぎの郷』で最後の休憩、コーラを補給しました。
道の駅

標高300m程の峠ですが、150km走ってきた脚にはかなり効きます^^;
道幅も広くて路面も綺麗なので、登坂車線をのんびりと上りました。指宿スカイラインの川辺ICの標識が見えると頂上は直ぐ目の前で、その先の川辺トンネルを通ったら市内まで一気に下りです。
川辺トンネル

トンネルを抜けると鹿児島市内や桜島、錦江湾が一望出来ます。
綺麗な2車線道路を快適に下り、あっという間に海沿いの産業道路まで到着しました。
最後の下り

産業道路に出れば残りは5km程、最後の力を振り絞り、無事にホテルに到着しました。
到着後は直ぐに温泉に入り、お義父さん達と合流して夜の天文館へ出発しました!

今回のソロセンチュリーランですが、急遽企画した割には中々面白いコースでした。大根占港⇔指宿港間のフェリーに間に合うか少し焦ったりもしましたが、特にトラブルもなく予定通りフェリーに乗れ、指宿から枕崎の区間も単調な道で何度もリタイヤしたい気持ちに駆られましたが諦めることなく枕崎に到着でき、明るい内に鹿児島市内まで戻って来れました。朝の出発ギリギリまで、逆走にしようか迷っていたのですが、川辺トンネルからの下りは最後のご褒美となったので、予定通りのコースを走って良かったです。



さて、来週はいよいよツール・ド・下関です(^^)/~


今日のロードバイクの記録は
走行距離 165.05km
走行時間 6:21'56
平均速度 24.1km/h
最高速度 67.3km/h
平均ケイデンス 73rpm
平均心拍 150bpm
最高心拍 180bpm
消費カロリー 2,977kcal


クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/146-bfc1390a