■12月30日(水)
観光1日目です。
モーニングコールは6時45分だったのですが朝6時に起床しました。朝食は7時半からで、もう少しのんびり朝食を食べたかったのですが、出発が8時20分なのでバタバタ食事を済ませバスに乗り込みました。
ホテルの朝食

まずバスが向かったのはコロッセオです。
この日のローマの天気は曇り一時雨。ホテルを出たころは降っていなかったのですが、到着するとポツポツと小雨が降り始めました(さすが雨男)。今回のツアーでは各都市ごとに現地ガイドが合流して、日本旅行から配布されているイヤホンを装着していると集団の何処に居てもガイドさんの声が聞こえる様になっていました。あまり離れすぎたり、建造物などで遮られると雑音が入ったり聞こえなくなったりするので、そうなった場合は「ヤバい、遅れてる(汗)」と分かるとても便利なものです。しかしお陰で写真撮影に専念できました^^;
コロッセオの近くにバスが到着し、ガイドさんと合流してコロッセオまで歩きます。まだ9時前だというのに、コロッセオ前は観光客でいっぱい、しかもほとんど日本人でした。
コロッセオ前では大晦日(翌日)にイベントがあるらしく大型トレーラーが横付けされ、ステージの設営などが行われていました。
雨の方は小雨が時々降る程度で、なんとか濡れずに観光することが出来ました。
コロッセオ

コロッセオではガイドさんの説明を聞いて、10分程度の写真撮影タイムが与えられただけで、これが弾丸ツアーの幕開けでした(笑)
コロッセオからバスに戻る途中に映画『アマルフィ 女神の報酬』で道路が渋滞しているシーンを撮影した道路の上を歩きました。
アマルフィ撮影現場

バスに乗って次の観光地トレビの泉へ移動しました。
少し離れた大通りにバスを停車して、細い道を歩いて進みます。途中、イタリア大統領の邸宅前などを通過して歩いていると突然目の前が開けトレビの泉がありました。
狭い所に巨大な噴水があるので、かなりの広角レンズじゃないと正面から全体を撮影するのは難しいです。トレビの泉では恒例のコイン投げをしました。ここでも自由時間がありましたが、時間は僅か15分程度です。急いで撮影を済ませ、ジェラートを食べに空いていた近くのお店に入りました。バニラとストロベリーを食べましたが、味は普通でした^^;
トレビの泉 
ジェラート

あっという間に自由時間は終わり、バスに乗って次はローマ三越に案内されました。
ローマ三越では30分ほどの自由時間があったので、ブランド物などに物欲の無い私達は、トイレだけそこで済ませ、今回は観光で行かない真実の口のレプリカ前で写真を撮ってから外に出ました。
ローマ三越 
ローマ三越内の真実の口

ローマ三越前には共和国広場の大きなロータリーがあり、その向かいにサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会があったので入っていみることに。中には礼拝している人や写真を撮っている観光客がたくさんいました。
ロータリー 
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会 
サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会の内部

集合時間になったのでローマ三越へ戻り、共和国広場でバスに乗り込んで昼食会場へ移動します。
途中、ヴェネチア広場やサンタンジェロ城などを車窓から眺めながら、レストランに到着しました。
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂
サンタンジェロ城

大通りでバスを降り、住宅街を少し歩くとレストランがありました。
レストランの入り口

ここでの食事は①塩辛い揚げ物②サラダ③ピザ④ティラミスでした。ピザは一人一枚でトッピングも生地の形成も適当って感じ、ティラミスもドロドロしてて甘いだけって感じでした(@ ̄∇ ̄@)
塩辛い揚げ物 
サラダ 
ピザ 
ティラミス

1回目の食事でテーブルがご一緒になった方々。
奥が(確か?)栃木から参加のご夫婦で、手前は岐阜から参加の小学校教師のご夫婦です。
テーブルで記念撮影

昼食後はヴァチカン市国へ。
このヴァチカン市国は面積が約0.5平方キロメートルで、ローマ法王と聖職者や衛兵など人口1,000人という世界最小の独立国ですが、約10億人の信者を持つカトリックの総本山でもあり、中にはヴァチカン美術館やサン・ピエトロ大聖堂など見どころが満載です。
ヴァチカンの入り口

ヴァチカン美術館の入り口では空港の様なセキュリティチェックがあり、大きな荷物やリュックサックなども持ち込みが禁止となっています。
セキュリティチェック

美術館の内部は迷路の様になっています。
まず、大きな松ぼっくりがあるピーニャの中庭と言うところに出ます。そこでガイドから後で見る「最後の審判」の説明を受けます。
ピーニャの中庭

中庭の中心には球体のオブジェが回っていました。
確かこれと同じものをニューヨークのバッテリーパークでも見ました。同じ作者の作品でしょうか?バッテリーパークにあった物はもともとワールドトレードセンターにあった物らしく、テロでぐちゃぐちゃになっていました。
球体のオブジェ

最後の審判の説明が終わると、ギリシア・ローマ時代の傑作とされる彫刻がたくさん飾られたピオ・クレメンティーノ美術館に移動します。
ピオ・クレメンティーノ美術館1 
ピオ・クレメンティーノ美術館2

美術館の2階へ上がり、燭台とタペストリーが飾られた長い廊下を歩き、ラファエロの間に出ます。
そこの1階へ下りるとシスティーナ礼拝堂があり、ミケランジェロの傑作の『最後の審判』があります。天井にも同じくミケランジェロの傑作『アダムの創造』があるのですが、写真撮影禁止だったので、どちらも写真をご紹介できなくて残念です(*/。\*)
タペストリーのギャラリー 
ラファエロの間 
アテネの学堂

ヴァチカン美術館を抜けるとサン・ピエトロ大聖堂が現れます。
大聖堂の上には屋根にはローマ最大の大きさを誇るクーポラ(丸屋根)があり、その真下には教皇の祭壇があって、ブロンズ製の大天蓋で覆われています。
サン・ピエトロ大聖堂1 
サン・ピエトロ大聖堂2 
サン・ピエトロ大聖堂3

サン・ピエトロ大聖堂の内部です。
真ん中にあるのがブロンズ製の大天蓋で、クーポラのドームからは日が差しています。
サン・ピエトロ大聖堂の内部1 
クーポラ

オベリスクのある広場を横切り、バスが止めてある駐車場まで歩きます。
バスに乗ってフィレンツェへ移動です。。
途中で1回トイレ休憩があり、約4時間走ってフィレンツェに到着しました。
この日はフィレンツェでの観光は無かったのですが、ホテルへ向かう途中に1箇所だけ高台にあるミケランジェロ広場に寄りました。ここからはフィレンツェの街が一望できるのですが、生憎雨が降っていたので真っ黒な雲に覆われていました。しかし、写真を撮るときだけ一時的に雨が止んだので三脚を立てて撮影することが出来ました。
フィレンツェの夜景

10分ほどの自由時間で再出発、この日の宿泊地はフィレンツェのとなり町プラトでした。
ホテルはBEST WESTERN HOTEL PRESIDENTで到着したのは21時過ぎ、ここに2連泊です。
部屋は前回と同様、刑務所な様な殺風景なインテリアで、ベッドは寝返りしたら落ちそうな狭いパイプベットでした。
プレジデント 
部屋の中
※外観写真は朝のBEST WESTERN HOTEL PRESIDENTです。

到着して22時ごろからホテルのレストランで夕食となりました。
ちょっと粗末な夕食でした^^;
弾丸ツアーでみんなお疲れの様で早々に食事を済ませ、部屋へと戻って行きました(--Zzz
パスタ 
白身魚のフライ 
デザート

フィレンツェ&ピサ編へつづく



◆◆◆イタリア旅行記≪本編≫◆◆◆
イタリア旅行記(出発&ローマ到着編)
イタリア旅行記(ローマ観光&フィレンツェ編)
イタリア旅行記(フィレンツェ&ピサ編)
イタリア旅行記(ベニス編)
イタリア旅行記(ヴェローナ&ミラノ1日目編)
イタリア旅行記(ミラノ2日目&帰国編)
イタリア旅行記(オランダ移動&帰国編)




クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/186-5fc8011c