上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月3日(祝)に開催されるツール・ド・国東に参加するため、前日の2日から行ってきました。
前泊して会場入りするほどの距離ではなく、北九州組みの多くは当日早朝移動が多いようですが、朝はゆっくりしたいので去年の初参加から前泊しています( ̄▽ ̄)

去年の前泊風景はこちら

朝9時に豊前市の友達S君の家を出発しました。
中津市内を通過し、宇佐市の海側の道を通って、豊後高田に到着。
ここで補給食を買う予定でしたが、まだ10時前だったのでお店が開いておらずそのまま通過して杵築市を目指しました。
10時半には杵築市内に到着、コスモスで補給食を購入し、本日の宿泊地へ移動します。
去年は会場の住吉浜リゾートパーク入口にあるホテルに泊まったのですが、今年は予約開始日の次の日に電話したところ既に満室で、他に宿泊施設も確保できなかったので野宿(キャンプ)することにしました。
キャンプ地は住吉浜から大分空港側へ3kmほど行ったところにある奈多海岸のキャンプ場です。
有料のオートキャンプ場もあったのですが、そこはパスして一番奥にあった広場へ。
そこもキャンプ場の様でトイレも水場もあるのに無料でした(≧▽≦)♪

とりあえず車を止めて前日練習へと出掛けることにしました。
練習終了後にそのまま会場へ受付に行くので、受理書を持って出発しました。
前日練習は本番Aコースの前半1/4ほどのオレンジロードです。
杵築市内を通過してオレンジロードに入ると緩やかな上りになります。
オレンジロード

Aコースのオレンジロードは簡単に言うと2つの峠を越えるコースになっています。
二人でのんびりとアップダウンを楽しみながら走ります。
オレンジロードを抜けると武蔵町に出ます。そこからはコースを外れて空港へ。
空港の前にあるコンビニで弁当を買って、空港の横にある公園で飛行機を見ながらランチにしました。
大分空港

ランチも終わり、受付をするため住吉浜へ移動します。
前日受付は14時からで、14時を少し過ぎたころに会場へ到着。
受付を済ませ、ゼッケンとパンフレット、参加賞の商品を受け取ってキャンプ地へ戻ります。
受付 
受付完了

空港から来るときはコースの国道213号線を通って来たのですが、車が多いのもあり、国道の手前から右折してCコースを通って帰ることに。このコース、出発して直ぐに2つも上りがあるのでなかなかハード、当日、Cコースに参加した人達も驚いたことでしょうね^^;
Cコース

前日練習はキャンプ場所との往復も含めて58km程でした。
キャンプ場所に戻ると、遅れて到着して一緒にキャンプするTさんを待ちます。
この日はもう一人遅れて参加のW君と、合わせて4人でキャンプすることになります。
Tさんが合流し、自転車などの荷物もあるので交代でお風呂へ行くことにしました。
まず始めに私が行くことに。車に乗って杵築市内の温泉施設『いこいのゆ』へ移動しました。
いこいのゆ

昨年も利用した『いこいのゆ』ですが、流石に今年も利用客はツール・ド・国東の参加者が多く満員状態でした。
カラスの行水でさっさと上がり、奈多へ戻って野営準備をしました。
奈多キャンプ場

野営地の50m先は砂浜で、一晩中波の音が聞こえていました♪
奈多海岸

野営準備も整い、日が暮れ始めた7時ごろから宴会スタート!
遅れてきたW君が合流し、隣でテントを張っていた佐賀県から来ていた中学教諭という人も一緒に、5人で七輪を囲んで夜遅くまで飲んで歌って談笑しました(@ ̄∇ ̄@)♪
奈多海岸

⇒ツール・ド・国東2010(当日編)へ続く


クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/247-311ddd22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。