海の日の3連休を利用して鹿児島へ行ってきました。
鹿児島は去年10月ぶり、今回も単身赴任中のお義父さんのところへ遊びに行く旅行です。
(今回は自転車は無しです^^;)

と言っても、土曜日はなつ譲が仕事なので、正確には2.5連休です(笑)。
17日の午後2時ごろ、苅田から高速道路を走り、約4時間で鹿児島市内に到着しました。
ロードスターでの初長距離運転ですが、軽自動車とは違いやっぱり快適♪
ETCもあるので1,000円で鹿児島まで行けちゃいました( ̄∀ ̄)

今回も宿泊ホテルは『花ホテル オリエンタル鹿児島』に2連泊です。
ホテルの詳細については昨年10月のこちらの記事をご覧下さい。⇒ H21.10.13鹿児島旅行(ホテル編)
花ホテルオリエンタル鹿児島

場所は鹿児島市内の南側に位置する小松原というところです。
近くには有名なラ・サール高校があります。
到着後、すぐにチェックインを済ませ、ホテルから100m程のところに住んでいるお義父さんと合流して夕食へ。
ホテルから歩いて5分ほど、市電の谷山駅の近くにある『ぶたごや』です。
ここは前回10月に来たときに満員で入れなかったお店で、お義父さんが予約しててくれたので、今回リベンジすることが出来ました。
ぶたこや
※写真は暗くなってから帰りに撮ったものです。

「ぶたごや」と言う名前ですが、もちろん店内には清潔感があります(笑)
堀コタツのテーブルが6つあるだけの小さなお店です。
店内の様子

メニューは「ぶたごや」とうだけあって豚肉だけ、それぞれの価格はとても安いです♪
ぶたごやメニュー

お腹いっぱい食べましたε=(´ロ`)
ぶたごや


一夜明けて・・・。
朝8時にホテルを出て、お義父さんの家で朝食をいただき、9時半頃にお義父さんの車で出掛けました。
産業道路から海沿いの国道226号線を南下し指宿方面へ。途中、指宿の道の駅で休憩して、池田湖方面へ右折しました。
朝食からまだ2時間ほどしか経っていませんが、今日の昼食の目的地である唐船峡は、昼時ともなれば人がかなり多くなるということで、池田湖を通り過ぎてまず唐船峡へ昼食を食べに行きました。
唐船峡

唐船峡は、一般的に奇岩などが見られる景勝地と言った感じではなく、大地の割れ目に湧水が沸いているというようなところで、その湧水を利用した回転式そうめん流しで有名なところです。
谷間へと下る階段の途中にメニューの看板がありました。
唐船峡メニュー 
唐船峡の階段

既にたくさんの人で賑わっています。
A定食とB定食の食券を3人分購入し、自分の好きなテーブルでしばらく待っているとそうめんが運ばれて来ました。
賑わう唐船峡 
回転式そうめん流し機

夏の暑い日には、ツルッとサッパリしたそうめんが最高です(≧▽≦)ウマイ!
そうめん

昼食が終わり、唐船峡を出る頃になるとパラパラと雨が降り始めました。
開聞岳の方向は晴れているように見えたので、池田湖は後回しにし、去年も自転車で立ち寄った最南端の駅『西大山駅』『長崎鼻』に行きました。
開聞岳にちょっと雲が被っていますが、雨も止み快晴です♪
そうめん 
長崎鼻

長崎鼻から池田湖に戻りました。
池田湖 

池田湖で有名なものと言えばこの『巨大ウナギ』です。
あまり美味しそうではありません^^;
巨大うなぎ 

池田湖のクルージングも楽しみ、ちょっと贅沢な気分を味わいました♪
クルージング 

陸に戻って来ると、写真スポットとして競争率の高いイッシーくんに跨り記念撮影です。
イッシー 

池田湖から再び開聞岳方面に行き、国道226号線を枕崎方面へ走ります。
少し行くとせびら自然公園というところがあり、長崎鼻とは逆からの開聞岳を眺めることが出来ます。
せびら自然公園

松ヶ浦という交差点を右折し知覧を目指します。
知覧の武家屋敷にも去年自転車で来ましたが、時間が無かったので入口まで来てUターンしたので、実際に中に入るのは約20年ぶりでした。
知覧武家屋敷 
武家屋敷の庭

暑さのせいか、殆ど観光客がいません。
私達も暑さに負け休憩所に避難、みんな日陰に集まっていました(笑)
武家屋敷の休憩所

知覧からは指宿スカイラインを横切り、平川から国道226号線を北上して谷山に帰りました。
一旦ホテルに戻り、温泉に入って汗を流してから、夕食の為、再びお義父さんの車で鹿児島市内の中心部『天文館』へ移動しました。
天文館

祝日の前夜ということもあり、沢山の人で賑わっています。
3人ともあまりお腹が空いていないこともあり、普通の居酒屋を探そうと天文館を歩き回り、『白鹿』というお店に決めました。
白鹿

芋焼酎のお膝元鹿児島でなぜ兵庫県の辰馬本家酒造の「白鹿」なのか尋ねると、もともと鹿児島で唯一『白鹿』を取り扱える卸だったということで、その名残ではじめたお店だということです。
賑やかな前の通りとは打って変わり、店内はとても静かで落ち着いた感じです。
白鹿店内

「とりあえずビール」は変わりませんが、もちろん芋焼酎ではなく冷酒をいただきました(@ ̄∇ ̄@)
ビール 
冷酒 
白鹿

白鹿を出て、さてデザートでも食べようかと「白くま」で有名なむじゃきへ。
残念なことに数分前にラストオーダーとなり、入店することが出来ませんでした(*/。\*)
むじゃき 
むじゃき

デザートは諦め、代行タクシーを頼み、谷山まで帰って本日終了です。

翌朝、お義父さんは仕事で、熊本で少し寄りたいところもあったので、7時ごろにはチェックアウトし鹿児島を後にしました。
10時ごろには熊本に到着し、熊本ICを下りて国道57号線を阿蘇方面へ走りました。
一度寄りたかった今回の目的地は熊本県菊池郡大津町というところにある古賀眼科です。
古賀眼科

もちろん受診に寄ったわけではありません^^;
昨年の9月に北京旅行に行ったときに同じツアーだったご夫婦と仲良くなり、是非、遊びに来て下さいとお誘いをいただいていました。しかし、なかなか熊本まで行く機会がなく、お会いできないまま約10ヶ月が過ぎていました。(写真:右端のお二人です)
北京旅行

そこで今回は完全サプライズで、突撃訪問してみました(」 ̄▽ ̄)
二階にある玄関のチャイムを鳴らし、出てきた奥様の第一声が『あらっ!?鹿児島じゃなかったの?』でした。
なんと!とても嬉しいことに頻繁にこのブログをご覧いただいている様で、私の行動スケジュールも把握されてたそうです(笑)
突然のお邪魔にも快く対応していただき、広いリビングで思い出話や旅行の写真などを見て過ごし、正午前になると4人でランチに行こうということになりました。
奥様オススメのお店はあいにく今日は貸切で空いていないということでしたが、先生の車に乗って西原村というところの森の中にある隠れ家の様な店しきの部屋 更紗(さらさ)に連れて行っていただきました。
場所は俵山の西側、こんなところに店があるの?と言うような山道を走ると突然お店が現れました。
更紗 
更紗 
更紗 
更紗 

店内には和風の雑貨なども売っています。
人気がある店のようで何組か待っているグループが居ましたが、奥様が予約しててくれたお陰ですんなりと入ることができ、個室へ案内されました。
雑貨 

お品書きです。
更紗御膳を注文してくれました。
食前酒は車の運転があるので山葡萄酒ではなく「葡萄酢」に、三の膳は肉と海鮮から選ぶことができ「肉」を選びました。
お品書き

こちらが古賀先生ご夫妻です。※注:プライバシーの関係上、モザイク処理しております。
古賀先生ご夫妻

料理は3つに分かれて運ばれてきます。

一の膳
一の膳

二の膳
二の膳

三の膳
三の膳 

どれも美味しく、お腹いっぱいになりましたε=(´ロ`)げぷっ
デザートは3種類あって、どれか一つ選ぶことが出来ます。私は「あんみつ」(写真上)にしました♪
あんみつ 
チーズケーキ 
プリン

食後は車に乗って、俵山にある風力発電の風車を見に行きました。
若松の海岸や山口の千畳敷などにもありますが、ここの風車は草原の上に立ち、とても絵になります。
間近で見るとその大きさや風車が回る音に圧倒されます(≧∇≦)!!
俵山の風車 
俵山の風車 
俵山の風車 
俵山の風車

南阿蘇の観光を堪能し、大津へ戻りました。
なつ譲も医療職なので診療所の中に興味津々、無理を言って診察室などを見せていただきました。
本物のお医者さんとお医者さんごっこ(笑)
綺麗な受付や待合室にとても感動したなつ譲でした^^;
診察室 
視力検査 
受付

このまま泊まって帰りたいぐらいでしたが、帰りの道のりもまだまだ長いので、とても心悲しいですがご夫婦とお別れし16時半頃に大津を出発しました。
古賀先生&奥様>突然のご訪問にも関わらずお相手いただきありがとうございました(@ ̄∇ ̄@)♪

帰りはミルクロード&ファームロードを通り、20時半ごろ行橋に帰りつきました。
阿蘇で記念撮影

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/281-6e6b7d44