上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■12月30日(木)
朝6時に起床し、朴さんの家まで歩いて行きました。
日中でも-10℃ぐらいなのでこの時間帯だとたぶん-15℃ぐらいでしょうか?
風もあったので体感温度はもっと低かったことでしょうね(*/。\*)
一山西地区 
一山西地区

朴さんと合流し、雪の中を歩いて近所のお店に朝ごはんを食べに行きました。
一山西地区 
朝食の店

朝8時前でしたが、店内には一組の客と、従業員が朝食を食べていました。
朝食の店

この店でいただいたのは、牛背骨肉とジャガイモのカンジャタンです。
このサイズのカンジャタン(中)で26,000ウォン、朝食から豪華です^^
カンジャタン 
カンジャタン 

食後のスープでピビンパを作ってくれます。
韓国のりが沢山入っていて、おこげも香ばしくてマシッソヨ~♪
ピビンパ 
ピビンパ

朝からガッツリいただきお腹いっぱいになりましたε=(´ロ`)げぷっ
直ぐ前の大通りからバスに乗り込み、ソウル市内へ移動します。
バス

満員のバスに揺られ、1時間ほどでソウル市内中心部の光化門に到着しました。
ここからは市内を周遊するシティーツアーバスに乗って市内観光をします。
バスのコースは「都心コース(10,000ウォン)」と「古宮・清渓コース(12,000ウォン)」がありますが、今回は都心コースにしました。
チケットを買うとマップと一人に1つ膝掛け用の毛布をくれました。
このあとこの毛布がマフラーとなりスカーフとなり、かなり活躍しました!
シティーツアーバス 
シティーツアーバス 
シティーツアーバス

早速バスに乗り込み、直ぐ次の停留所で下車して『徳寿宮』を見学しました。
ここで偶然にも前日チャングムテーマパークで一緒に写真を撮ったカップルに遭遇し、お互いビックリしていました^^
徳寿宮

ツアーバスは30分間隔で回って来るので、次のバスが来る間に見学を終わらせ、直ぐに次へ移動します。
ツアーバスの中

また次の停留所で下車して南大門市場を見学します。
市場の入口周辺にはカメラの店も沢山ありましたが、ほとんど日本と値段は変わりませんでした。
迷路のような市場の中をウロウロと歩いていると、店の前に立っている男の人たちに『お兄さ~ん!完璧なニセモノあるよ!!』と声を掛けられ続けます^^
南大門市場 
南大門市場

南大門市場の中心部で韓国ならではの食材にチャレンジ!!
小豆を煮たような匂いがするので大丈夫かと思い、一粒食べてみましたが「ムリッ!!」でした。
ポンデキと言って蚕のさなぎの煮込みで、噛むとプチッとした食感とドロッとしたものが口の中に広がり、慌てて飲み込みました(*/。\*)
南大門市場 
南大門市場

南大門市場を出て再びツアーバスに乗り込み、次はソウルタワーに行きました。
タワーの少し下でバスを下ろされ、坂を歩いて上ります。
ソウルタワー 
ソウルタワー

ソウルタワーの入場チケット(8,000ウォン)を購入し、タワーの展望室へエレベーターで上ります。
ソウルタワー 
ソウルタワー

展望室からは真っ白な雪に覆われたソウルの街を一望できます。
ソウルタワー

タワーの内部にはギフトショップやカフェなどもあります。
ソウルタワー

タワーを下りると、直ぐそばにあったレストランで軽く食事をしました。
ソウルタワー

タワーの周辺は公園のように整備されていて、夜景のスポットでもあります。
柵には願い事が書かれた南京錠がたくさん付けれています。
ソウルタワー 
ソウルタワー

ソウルタワーを下りて、またツアーバスに乗り込み次は東大門市場へ。
しかし、ビルの隙間風が強く我慢が出来ないほどの寒さだったので、直ぐ次のバスに乗り込み移動します。
次は昌徳宮の予定でしたが既に入場可能時間を過ぎていたのでスルーし、青瓦台で下車しました。
ここは時々テレビのニュースにも出てきますが、韓国の大統領が居住する官邸です。
写真は撮っても良かったのですが、ビデオカメラは怒られました^^;
青瓦台 
青瓦台

青瓦台に乗ってきたツアーバスが最終便だったため、青瓦台からは地下鉄の駅まで歩き、地下鉄に乗って明洞(ミョンドン)へ移動しました。
地下鉄

明洞では寒さに震えながら少しショッピングを楽しみました。
明洞 
明洞

お土産に「龍のひげ」も購入しました。
明洞

明洞は物価が高いので一山に戻って夕食を食べようという事になり、1時間ほどで明洞を出て再び地下鉄に乗ってソウル駅へ移動しました。
一山行き電車の発車時刻まで40分ほどあったので、ソウル駅の中のロッテマートでもお土産を購入しました。
ロッテマート 
ロッテマート

ソウル駅前のソウルスクウェアです。
ビル全体が虹のように光っていました♪
ソウルスクウェア 
ソウルスクウェア

高陽市方面行の京義線は最近出来た路線で、電車も線路も駅もとても綺麗でした。
30分ほどで炭峴駅に到着しました。
京義線の電車 
炭峴駅

一山はソウル以上に極寒です。
駅からホテル方面へ歩いていると、良さそうな焼肉屋を発見しました。
お店の名前は『コギKing』です。
夜に写真を撮り忘れたので、翌朝、ホテルをチェックアウトしてから車の中から撮影しました。
コギKing 

一人13,900ウォンで食べ放題、肉も美味しくて、飛び込みで入った店にしてはヒットでした!!!
コギKing 
コギKing 
コギKing 

ビールと焼酎をいただき、閉店時間ギリギリまで食べ続け、満足してホテルに戻りました♪

⇒ 韓国プチホームステイ旅行記 #4 へつづく

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/346-00c6cc71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。