上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『郊外遺跡&オールドマーケット他観光 編』です(≧∇≦)♪

■5月4日(水) 注)今回は写真かなり多めです(@ ̄∇ ̄@)

朝6時に起床し、7時からホテルのレストランに朝食を食べに行きました。
流石にリゾートホテルなので朝食は豪華です^^♪
ビュッフェ 
ビュッフェ 
ビュッフェ 
ビュッフェ 
ビュッフェ

すべて美味しかったのですが、その中でも一番おいしかったのはフルーツ!!!
マンゴーなんてキンキンに冷えていて超~~~甘くて超~~~~美味しい(≧∇≦)!!
食べ放題なので一人で3個分ぐらい食べちゃいました♪
事前に聞いていた情報では一人18ドルということだったのですが、席についても部屋番号も名前も聞きに来ないし、帰りもそのままノーチェックでした^^;

さて、ブムさんとの待ち合わせは朝8時にホテルの玄関前です。
一旦部屋に戻り、用を済ませ玄関前へ(笑)。
この日も一日ブムさんのトゥクトゥクに乗って観光、朝は風も爽やかで快適でした。
今日のスケジュールは郊外の遺跡観光、まず始めにバンテアイ・スレイに向かいます。
トゥクトゥクドライブ

バンテアイ・スレイまではシェムリアップ市内から約30kmぐらいあります。
その間、トゥクトゥクののんびりペースでカンボジアのドライブを楽します。
トゥクトゥクドライブ

野良牛も居ます。
トゥクトゥクドライブ

子供たちは裸で手を振ってくれます。
トゥクトゥクドライブ

途中にも沢山遺跡がありますが、すべてスルーです。
トゥクトゥクドライブ

この様なお土産屋さんもたくさん道路沿いに有ります。
トゥクトゥクドライブ

ブムさんの超安全運転ペースでもちょうど1時間でバンテアイ・スレイに到着しました。
駐車場の直ぐ前にこの様なインフォメーションセンターの様な建物があり、綺麗なトイレもあります。
その隣にはお土産屋やレストランなども沢山ありました。
バンテアイ・スレイ

そこから2~3分歩くとバンテアイ・スレイの入口に到着します。
このゲートで前日買った3日券のチケットを提示して入場します。
バンテアイ・スレイ

バンテアイ・スレイとは「女の砦」という意味らしく、材料にラテライトと砂岩が使われている為、赤褐色をした美しい寺院です。精密な壁面装飾なども特徴的な遺跡です。
バンテアイ・スレイ 
バンテアイ・スレイ 
バンテアイ・スレイ 
バンテアイ・スレイ 
バンテアイ・スレイ 
バンテアイ・スレイ

1時間半ほどでバンテアイ・スレイ観光を切り上げ、次の目的地へと向かいます。
トゥクトゥクに戻るといつもブムさんが冷えたミネラルウォーターを用意しててくれました(^∇^)

次の目的地は、シェムリアップの東に位置するロリュオス遺跡群です。
バンテアイ・スレイからは約1時間半のトゥクトゥクドライブです♪
途中、道路沿いでマッシュルームを売っているところがあり、ブムさんが「ちょっと時間をちょうだい」と言って奥さんへのお土産を購入していました。
巨大な毒々しいキノコに見えますが、ブムさん曰くマッシュルームだそうです^^;
マッシュルーム 
マッシュルーム

ツアーのバスやタクシーなどがほとんど通らない田舎道をのんびりと走ります。
洋服を干しているのか売っているのか、こんな光景も見ることが出来ます♪
洋服店

南へ1時間少しほど走ると、シェムリアップの街を東西に貫く国道6号線にぶつかります。
そこを左折して20分ほどでロリュオス遺跡群に到着です。
国道になると交通量も増え、学校の近くでは授業が終わったらしく、沢山の学生が自転車で帰っていました。
国道6号線

国道6号線から細い道へ右折すると、直ぐに右側に小さな寺院プリア・コーがあります。
プリア・コーはロリュオス遺跡群でも最古の寺院らしく、アンコール・ワットの時代よりも古い物だということです。
プリア・コー 
プリア・コー

プリア・コーから再びトゥクトゥクに乗って5分ほどで、ロリュオス遺跡群の中でもっとも重要なバコンに到着します。
バコンはカンボジアで最初に作られたピラミッド型寺院だそうです。
バコン 
バコン

バコンの中央祠堂の入口に、募金箱を持った子供達が立っていました。
子供立ちは声を揃えて「こんにちは~♪お兄ィ~さんカッコイイ♪お姉ぇ~さんカワイイ♪」と繰り返して言っていました。更に観光客が韓国人だと「アニョハセヨ~♪」、欧米人だと「Hello~♪」と言葉が変わりました。思わず1ドル入れちゃうと「お兄ィ~さん♪ありがとう♪お姉ぇ~さん♪ありがとう♪」と言ってくれました(」 ̄▽ ̄)萌っ
バコンの子供達

ロリュオス遺跡観光はこの二つで終わり、既に正午ごろだったのでシェムリアップに戻りました。
シェムリアップに戻るにつれて交通量が増え、賑やかになっていきます。
シェムリアップ市内

シェムリアップ市内の国道6号線を西へ走り、シェムリアップ川に架かる橋を渡るとハリハラ神像のあるロータリーを左折します。ボーカンボー通りをシェムリアップ川に沿って南に10分ほど走りオールドマーケットに到着しました。
オールドマーケット

オールドマーケット周辺には沢山レストランがあります。
時間は午後1時過ぎでお腹も空いていたので、レストランを決めるためグルグルと狭い路地などを歩き回り、結局オールドマーケット入口前にあるAmok(写真左側)というレストランのオープンテラスでランチを食べることにしました。
レストラン

ピーク時が過ぎたのか、何処のレストランも人が疎らで、Amokは誰もおらず貸しきり状態でした♪
Amokでランチ

料理の正しい名前は忘れましたが、ここではビールを飲みながら①グレープフルーツと海老のサラダ、②揚げ春巻き、③焼きめしの3品をいただきました。
どれも美味しくてハズレが有りませんでした^^
Amokでランチ 
Amokでランチ 
Amokでランチ

ランチが終わると、レストラン前の道を渡ってオールドマーケットに入ります。
マーケット内は海産物の生臭い匂いなどいろいろな匂いが充満しています。
雰囲気的には今まで行ったことがあるソウルの南大門市場やプサンのチャガルチ市場って感じです。
オールドマーケット 
オールドマーケット 
オールドマーケット

直径1センチぐらいある大粒のエメラルドやルビー、サファイアなどが一粒90ドルだそうです(@ ̄∇ ̄@)
私達が近づくとショーケースの電気が点き、少し離れると切れます(笑)
オールドマーケット

果物の中でオバさんが二人寝ています^^
オールドマーケット

この辺が一番匂いがキツかったです。
肉の周辺にはハエが群がっていました(*/。\*)
オールドマーケット

さて、オールドマーケットでは家族や職場へのカンボジア土産を購入しました。
お目当てはスカーフやTシャツだったのですが、同じようなお店が沢山あるので探しながら同じところを何度もグルグル回っていると「お兄さ~ん♪2回目~♪」「お兄さんまた来たぁ~♪3回目~♪」と店員が言うお店があったので、結局4回目でその店で購入することにしました。
店員の女の子は独学で日本語を勉強したらしく、普通に流暢な日本語で私達と会話していました。
店先に書いてある日本語も彼女が書いたそうです。
オールドマーケット 
オールドマーケット 
オールドマーケット 

このお店はシェムリアップ川側の中央入口から入り、宝石のところを過ぎた先を右に曲がると有ります。たぶんどの店に行っても値段はさほど変わらないでしょうから、日本語が通じる分値引き交渉も楽でしたのでおススメのお店です♪
日本人なのでもちろん特別価格にしてもらいました^^♪
オールドマーケット

オールドマーケットでの買い物も終わると、再びブムさんのトゥクトゥクで一旦ホテルへ戻りました。
ホテルに戻るとこの日もプールに入ってサッパリし、ホテル内のカフェでコーヒーを飲んだりしてのんびりと休憩しました。
今までの旅行でこんなにホテルを満喫したことはありません^^;
夕方になると再びブムさんのトゥクトゥクで夕食に出掛けました。
前日ブムさんにアプサラ・ダンスが見れるレストランに行きたいと伝えていたら、ブムさんがレストランを予約していてくれました。
ホテルから10分ほどで、アンコール・モンディアルというレストランに到着です。
ここは一人12ドルで、ビュッフェなのでもちろん食べ放題で、アプサラ・ダンスなどのショーも見ることが出来ます。
アンコール・モンディアル 
アンコール・モンディアル 
アンコール・モンディアル 
アンコール・モンディアル

ブムさんが予約していてくれた席は、最前列の端の方でした。
ステージ前の中央のテーブルはJTBの日本人団体客が抑えていました。流石JTB!!( ̄‥ ̄)
アンコール・モンディアル

食事も一通り食べ終わったころになると、アプサラダンスのショーがスタートしました。
ダンスショー

お気に入りの娘です(@ ̄∇ ̄@)♪
この子を重点的に撮影しました。
ダンスショー 
ダンスショー

男女の駆け引きみたいなアプサラダンスもありました。
ダンスショー

他にも漁師のダンス?などもありました。
ダンスショー

最後にもういちどアプサラダンスが始まりました。
クメール文化の真髄であるアプサラダンスは9世紀に生まれた宮廷舞踊です。アプサラとは天女のことで、この踊りが神への祈りとして捧げられたそうです。1本1本の指の動きには意味があるらしく、また指が綺麗に反る人ほど優れたダンサーだと言うことです。
ダンスショー 
ダンスショー 
ダンスショー

最後にはステージに上がって、一緒に記念撮影をすることも出来ました( ^∇^)♪
記念撮影

お腹も心も満たされ、待っていたブムさんのトゥクトゥクに乗ってホテルへ戻り、アンコール観光2日目が終了しました。

⇒アンコール&バンコク旅行記#4(バンコク移動&市内観光 編)へ続く

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/395-bedda7be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。