一眼レフカメラの交換レンズで、広角・標準・望遠の3種の大口径レンズで、F値が2.8通しと明るいズームレンズの総称を、俗に『大三元ズームレンズ』と言います。
大三元(だいさんげん)とは麻雀の役で、白・發・中の3種類をすべて揃える役満です。誰がいつこう言い出したのかはよく分からない様ですが、カメラが多少好きな方へは誰にでも通じる隠語となっています。
ちなみにF4通しの小三元ズームレンズというのもあります^^

ニコン以外のことはよく分かりませんが、ニコンでいう大三元ズームレンズとは

①広角:AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
②標準:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
③望遠:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

の3本のことを示します。
この3本で14mmから200mmまでの焦点距離をカバーすることが出来ます。
どのレンズも実売価格が20万円前後する高価なレンズなのですが、私は写真に目覚めたのをかわきりに独身時代の資産を売り払って資金に変え、一生使える「一生物レンズ」と思い、思い切ってその内の2本(②と③)を購入していました。
ずっと大三元手前のテンパイ状態だったのですが、この度レンズが1本増え大三元をそろえることが出来ました。
そのレンズはというと・・・2本目の「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」です。
24-70

というのは冗談で、実は右側はニコンが雑貨として1個3,000円で売り出した『ニッコールタンブラー 24-70』なのです。
ホントに良く出来ていて、本物のレンズと並べてみても全く見劣りしません。
左が本物、右がタンブラーです。
もちろんボディに着けることは出来ませんが、フードをタンブラー側に着けることは出来ました(笑)
タンブラー 
タンブラー 
タンブラー


話は「大三元」に戻りますが、実を申しますと本当に大三元をツモってしまいました(笑)
何度か購入しようかと心が揺らいだことがあったのですが、広角レンズは使うことが無いだろうし、24mmがあるから必要ないと考え、なんとか踏み止まっていました。
で、この度とある人から「使ってないから安く譲ってあげるよ」というお言葉をいただき、思いも掛けないことから(心のどこかで)念願の大三元ズームレンズをそろえることが出来ました♪その人もほとんど使うことなく、防湿庫の肥やしとなっていたそうで、ほとんど未使用の極上品を、一般市場では有り得ない破格値にて手に入れました!!
大三元ズームレンズ

一番左が今回増えた「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」でその隣の真ん中が「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」、そして一番右が「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」です。
大三元ズームレンズ 
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

この「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」は開放F値は明るい2.8と一定で、極めて高い光学性能を実現したズームレンズです。撮像範囲の広いFXフォーマットで画面のすみずみまで高い描写力を発揮します。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でもゴーストやフレアーの少ないクリアーな画像を得ることができます。
前玉は巨大でフィルターも着けることが出来ず、重さは約1kgもあるなど、デメリットもありますが良いレンズには間違えありません。
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED 
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

昨年8月のグランドサークルの旅へは「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED」を持って行ってたのですが、24mmでは足らずにもっと広角が欲しいという場面が多々有り、とくにグースネックホースシューベントなどでは後ろに下がって撮ることが出来なかったので、あまり迫力のある写真が撮れませんでした。
旅行のとき以外は広角レンズはほとんど使うことはないとは思うのですが、今年の8月の旅行は大パノラマの絶景スポットを訪れるのできっと活躍するはずです!
ちょっと重たいですが、大三元レンズを全部持って行こうと思います^^♪

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/414-8f1b7658