ここ数日、円相場が77円台になるなど円高・ドル安が騒がれていますが、7月上旬ごろからその動きは続いています。
約1ケ月前のことですがネットサーフィンをしていて偶然B&Hという写真や映像機器の海外通販サイトに辿り着きました。
いろいろと調べてみると自転車用品の海外通販サイトで有名なWiggleぐらいメジャーなサイトであることが分かり、ニューヨークに店舗を構える老舗のショップだということも分かりました。
何気に商品を眺めていましたが、どの商品も円高と言えども、円換算すると日本で購入するのと若干安いぐらいであまりお得感はありませんでした。しかし、ただ一つある商品だけが価格.comの最安値よりかなり(約20%OFF)安いことに気がつきました!
その商品というのが私の物欲最終目標とも言える憧れの一品だったので、この機会を逃したら二度と手に入れることが出来ないぞ!!と思い、なつ嬢とも相談の上、購入に踏み切りました♪
送料などを入れても日本最安値よりも17~18%Offは間違いないですし、日本国内で待っていても今後ここまで価格が下がるとは思えません。Yahoo!オークションなどの中古相場でもそれ以上の金額です。
B&H

善は急げということで早速『ポチッ』としました。
ユーザー登録をして商品をカートに入れて、送付先住所やクレジットカード情報の入力まで進むのですが、最後の最後で「あなたの住所へはお送りすることが出来ません」というメッセージが表示され先に進むことが出来なくなりました。
試しに他の商品でも試してみましたが、同じ状況でした。
ネットでいろいろと調べていると、他にも日本人の方で購入できないとブログに書いている人もいて、更に調べていくとどうやら震災以降、購入が出来なくなったというような記事を見つけることが出来ました。
折角買う気になっているので諦めるわけには行かず、B&Hへ直接問い合わせてみたところ「ニコンUSAからの圧力で国外に販売することが出来ません」というような回答がありました。

一瞬愕然としましたがやっぱり諦めることが出来ず、じゃあ国内なら大丈夫なんだ!と考え、日本に転送してくれるサービスがないか探してみました。
するとSpear.net(スピアネット)』という日本人が経営する会社がカリフォルニアにあることを発見!
利用している日本人も結構多いことが分かり、手数料も数ドル程度と安いので、ここにお願いしてみることにしました。
スピアネット

スピアネットにユーザー登録すると、荷物送付先の住所(スピアネットの住所)と自分専用IDの通知があります。
B&Hのサイトに購入時にこの住所と住所の最後にIDを記入し、購入者名は自分の名前を入力して購入します。アメリカ国内の住所なの今回は問題なくポチッとすることが出来ました。
しばらくするとB&Hからメールが届き、金額が大きいのでクレジットカードの両面コピーを送るようにと指示があったので、スキャンニングしたものをメールに添付して送りました。この作業は一度経験済みなので不安はありませんでした。スキャンしたクレジットカードの画像はカード番号の一部と裏面のセキュリティコードは黒く塗りつぶして送るので安心です。
メールを送ると直ぐに「OK!」と一言だけ返事がありました(笑)
発送までには2~3日掛かると言うことなのでしばらく待ちます。
発送が完了するとB&HからUPS(宅配業者)のトラッキング番号が通知されるので、今度はスピアネットのサイトの方に発注先や商品名、商品金額と合わせてトラッキング番号を登録しました。
ニューヨークのB&Hからカリフォルニアのスピアネットまで陸送で1週間近くかかるということですが、その間はUPSのホームページで追跡することが出来ます。
UPS

ニューヨークからカリフォルニアまでの陸送代金は75ドルでした。
トラックはFedExですがイメージ的にはこんな感じで運ばれているのでしょうかね↓?
これは昨年のグランドサークルの旅で、モニュメントバレー周辺で撮った写真です。
UPS

カリフォルニアのスピアネットに到着すると、メールで到着した旨の連絡があり、今度はスピアネットへ支払う手数料と元払い送料の決済を行います。
スピアネットから日本への発送は商品金額が高価なため、送料が安価なUPSなどの宅配便ではなく、郵便局のEMS(Express Mail International)での発送となります。EMSの送料が158.33ドル、スピアネットの転送手数料が9ドル、郵便局事務手数料が5ドルの合計173.33ドルとなりました。
スピアネットに到着した日に決済が完了し、翌日には日本へ向けて発送されました。
発送が済むとEMSのトラッキング番号が通知されるので、今度は日本郵便のホームページから追跡することが出来ます。
EMSの追跡

8月1日にカリフォルニアを出発し、日付変更線を越えるので約2日で福岡に到着しました。
福岡に到着すると郵便局の新福岡支店にて通関手続きが行われます。
追跡画面によると手続きが開始され約6分で保留となりました^^
保留理由は調査済みだったので、焦らず通関からの連絡を待ちます。しかし、念のために通関に電話で確認したら必要な書類を郵送しましたとのことでした。
商品金額が20万円を超える場合は個人輸入とされ、輸入手続き申請をしなければいけません。かといって直接行ってするのは面倒なので普通は通関士に委任することになります。
それに関する書類が保留された次の日に自宅に到着しました♪
書類の内容は①お知らせ文書(自分で手続きするか委任するかを記入する欄有り)②通関委任状(郵便局の通関士に委任する為)③内容確認シート④伝票コピー⑤その他通関料の支払い方法などのチラシです。
直ぐに必要事項を記入し、先にコンビニに寄って郵便局の新福岡支店へFAXし、原本は行橋郵便局の窓口に出して発送しました。
この時上記の①~③の書類に合わせてB&Hから購入した証明となるインボイス(商品明細の様なもの)と、スピアネットとのメールのやり取りをコピーしたものを同封して送りました。
委任状など

カメラのレンズやボディなどは関税はかからず無税なのですが、消費税は掛かかるそうで、その計算方法は商品合計金額の60%に対する5%だと言うことです。課税対象は商品価格と送料、今回は二度送料が掛かっているのですが、すべてを合計した金額が対象となりました。
書類を投函した翌日、既にFAXでも送っていたので朝一で新福岡支店の方より電話で連絡がありました。
すぐに手続きに取り掛かりますとのことでとても丁寧な対応、急いでいると言ったら納付価格の決定通知書をメールに添付して送ってくれました。
納付番号通知情報 border=

そのメールを受け取ると近くの郵便局に行って、ATMで消費税を納付しました。
郵便局から戻ってメールを確認すると、既に「入金を確認しましたので本日発送します。明日には商品到着予定です」とメールが届いていました。しかも、配達を夜間指定出来ないのかという無理なお願いに対し「箱に夜間配送指定について書いておきました」と快く対応していだきました。

で、昨日帰宅してみるとポストに不在票が・・・。
直ぐに再配達の連絡をして持って来てもらいました!
B&Hに注文してから約2週間で商品が到着しました^^♪
商品到着

段ボールの側面を見ると、しっかりとワープロで書かれた紙が貼り付けられてました。
こんなに大きく書いているのに、配達支店は正規の伝票しか見ていないのでしょうね^^;
商品到着

段ボールには封筒に入った輸入許可通知証が着いていました。
輸入許可通知証

さて、購入した商品とご対面です!!

じゃ~ん!!
AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR です(^O^)/♪
ヨンニッパ

憧れのヨンニッパです!
焦点距離で言えばこの上に500㎜と600㎜というのがあるのですが、レンズの明るさ(F値)で言えば超望遠レンズの中で一番のレンズになります。
定価では軽自動車が買えるぐらいの金額ですが、今回は約半額で購入することが出来ました。
購入資金はというと、渋々ですがサンニッパをドナドナして半分以上を稼ぐことが出来ましたが、残りはなつ嬢への借金となってしまいました。また、コツコツと払って行こうと思います^^;
B&Hのサイトを見ていただくを分かると思いますが、商品リストに「USA」と「Imported」と書かれた同じ商品が掲載されていてImportedの方が若干安くなっています。Importedとはいわゆる“並行輸入品”というものでメーカー保証がありません(B&Hの保証はあります)。メーカー保証はどうせ1年間だし、1年ぐらいで壊れるものでもないので今回はImportedを購入しました。到着した商品を見ると『MADE IN JAPAN』になっていました♪

サンニッパがあったのになぜヨンニッパと思うかも知れませんが、実際、野球やサッカーなどを撮影していてサンニッパをそのまま使うことは少なく、いつも1.4xのテレコンを着けたり(420㎜)、DXで撮ったり(450㎜)することがほとんどでした。
300㎜という焦点距離のレンズが無くなるのは惜しい気がしましたが、70-200㎜もあるので(DXで140-300㎜となる)諦め手放すことにました。

今週末はまた野球の撮影が入っているので、さっそく使ってみようとおもいます(^-^)♪

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 写真ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/430-a85dc6df