上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■8月11日(木)<つづき>
『Icefields Parkway(アイスフィールド・パークウェイ)編』です。
給油を済ませレイクルイーズを出発しました。
一旦、トランスカナダハイウェイ1号線に入り、少し走って93号線に右折します。するとジャスパー国立公園のゲートがありました。ゲートのスタッフがフロントガラスに張ってあるレシートを確認すると、『OK!』と言われ徐行のまま止まらずに入場することが出来ました。
93号線に入って30kmほど走ると左側にボウ湖が見えてきました。
ボウ湖は簡単に見て素通りする予定だったのですが、時間があったのでトイレ休憩も兼ねて少し湖畔を歩いてみることにしました。子供達と戯れてみたりもしました(笑)
ボウ湖 
ボウ湖

ボウ湖を出発すると数分でボウ峠に到着です。
ボウ峠から左折するとペイトー湖の展望台があります。
駐車場に車を止めて10分ぐらいトレイルを歩くと目の前が拓け、眼下にペイトー湖を見ることができます。
湖畔から眺めるほかの湖とはひと味違った雄大な眺望でした。
ペイトー湖

ペイトー湖の展望台には柵があるのですが、みんな柵の外に出て眺めています。
足元はとても滑りやすく、転落しても自己責任です^^;
ペイトー湖

ずっとペイトー湖を眺めていたいぐらいでしたが、先はまだ長いので直ぐに出発しました。
ペイトー湖から1時間ほど走るとアイスフィールド・パークウェイのハイライトとも言えるコロンビア大氷原に到着しました。
大氷原の目の前にあるビジターセンターで雪上車ツアーに申し込みました。
一人49ドルでチケットを購入し、16時発のツアーに参加しました。ビジターセンターからバスに乗って氷河の手前まで移動し、そこから雪上車に乗って氷河の末端に行きます。
コロンビア大氷原 
ビジターセンター

雪上車に乗り換え10分ほどで氷河に到着しました。
雪上車からの眺め 
氷河の末端

氷河に到着しての自由時間は20分間です。
氷河の上に上がったり、雪上車から離れて遠くへ歩いていったりは出来ませんが、あっという間に20分が経ってしまいました。記念に雪上車のドライバーと記念撮影しました^^♪
雪上車のドライバー

氷河の雪解け水は当然ながら氷水の様に冷たく、不純物も無く飲んでもOKだということなので手ですくって飲んでみました。とくに変な味も無く、冷たくて美味しいミネラルウォーターでした。
氷河の水

コロンビア大氷原の雪上車観光が終わると、再び車に乗り込みアイスフィールド・パークウェイを北上します。ジャスパーまでの道のりは見渡す限り、惚れ惚れする壮大な風景が広がっています。
アイスフィールド・パークウェイ

コロンビア大氷原から1時間半ほどでジャスパーの街に到着しました。
ジャスパー

ジャスパーでの宿泊ホテルはメインストート沿いにあるアストリアホテルです。
駐車場が分からなかったのでとりあえずホテル前に路駐し、チェックインを先に済ませました。
フロントのおばさんに聞くと、ホテルの向かいにあるパブリックパーキングに止めて良いということだったので、車を移動してから部屋に荷物を運びました。
とても小さくて部屋もかなり狭かったですが、観光には最高の立地条件でした。
アストリアホテル 
アストリアホテル 
アストリアホテル

荷物を部屋に入れると、ジャスパーの街の散策と夕食に出掛けました。
ジャスパーは500mも歩くとメインストリートの端に到着すぐらい小さな街ですが、多くの観光客で賑わっていました。至るところに花が飾られとても綺麗な街です。
ジャスパー

夕食はメインストリートから一本入った裏通りにあった、テラスの花がとても綺麗なイタリア料理のお店にしました。
夕食のレストラン

このレストランにはワーキングホリデーで滞在している日本女性が働いていて、その女性が私達の接客をしてくれました。日本語で注文出来たので、細かくおススメを確認しながら料理を選ぶことが出来ました。
私はツナのステーキ、なつ嬢はイタリアン料理の3種盛り合わせを注文しました。
サービスのバケットが出てきたので、冷たいチリソースをつけていただきました。
バケット

私のツナステーキに付いてきたスープ、たぶんセロリのスープでした。
セロリのスープ

注文したメインディッシュ料理が出てきました。
なつ嬢のプレートの方にはパルメザンチーズがたっぷりふりかけられて、かなり味が濃く、すべて食べれず食べ残してしまいました。
メインディッシュ

店員の日本人女性は世界中を旅していてその途中らしく、70ヶ国を回ったところでお金がなくなったので、ワーキングホリデーのビザを利用して、カナダに出稼ぎに来ているというワイルドな女性でした!
食事が終わったあとに記念にということで、写真を撮らせていただきました^^
日本人女性と記念撮影

既に時間は21時を過ぎていたので、食事が終わると直ぐにホテルに戻り、この日も翌日の観光に備え早めに就寝しました(ーーzzZ

⇒カナディアンロッキー旅行記#5(カナディアンロッキー復路編)へ続く

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/436-92d39ad5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。