■1月1日(日)
『シドニー滞在3日目 編』です。
この日のスケジュールは郊外にあるコアラパークにコアラを見に行きます。

昨晩はカウントダウンで隣の若者達が騒がしかったですが、朝まで騒ぐということはしないみたいで、直ぐに静かになり、私達もぐっすりと眠ることが出来ました。
朝5時半に起床し、早めに準備が整ったので7時前にはホテルを出発しました。
前日のようにバスでシティまで行こうかと思っていたのですが、日曜日だったのでバスがほとんど無く、仕方ないのでタクシーでボンダイジャンクションまで行きました。
ボンダイジャンクションからはシティレールに乗ってセントラルまで移動します。
セントラル

セントラル駅からはNorthern Lineの電車に乗って、ハーバーブリッジを通り、シドニー北部のペナントヒルズという田舎町まで行きました。
ペナントヒルズ駅

ペナントヒルズの駅からはバスに乗って移動します。
5分ほど待ってるとコアラパーク方面へ行く632番のバスが来ました。

※尚、コアラパークに関する情報は『M@gosido.com』というサイトを参考にさせてもらいましたm(_ _)m

念の為、乗車するときにドライバーに確認し、降りるところもよく分からないので、到着したら教えてくれるようにお願いしました。コアラパークまで一人2ドルぐらいでした。
632番のバス

10分ほどでコアラパークのバス停に到着しました。
コアラパークの前がバス停なので、お願いしなくても分かったかも知れません^^;
まだ開園の30分ほど前だったので、ぼーっと座って待ちました。
コアラパーク

ぼーっと待っていると次々とスタッフらしき人達がやって来て、開園作業を始めました。
しばらくすると私たち以外のお客も一組(女性3人)現れ、ゲートの前に並んでいました。
開園時間の9時30分になると、入口でチケットを購入して入場します。一人24ドルです。
事前情報では19ドルと聞いていたのですが、どうやら値上がりしたようです。
クレジットカードも使用できます。
コアラパーク

コアラパークはあまり広い動物園ではありません。
たぶんシティのハイドパークの方がかなり広いと思います。
しかし、コアラ以外にもたくさんの動物が居ました。
一番初めに出迎えてくれるウォンバットです。
ウォンバット

鳥類も多くてフクロウやオウムなどがいました。
フクロウ 
オウム

ペンギンは日陰から出ようとしませんでした。
ペンギン

ディンゴというオーストラリア独特の動物らしいですが、野良犬にしか見えません^^;
ディンゴ

コアラパークで一番多くいるのがカンガルーやワラビーです。
カンガルー

ウォンバットでしょうか?
もぞもぞ動いていましたが顔を見ることは出来ませんでした。
ウォンバット?

さて、コアラパークのコアラのご紹介です。
コアラパークだけあって、園内のいたるところにコアラがいました。
園内の中心部にコアラが沢山いる場所があって、そこで“コアラのお触りタイム”の様なものが1日4回行われます。
コアラパーク

その時間になるとスタッフがユーカリの木に止まっているコアラを柵の上まで持って来てくれるので、触ったり一緒に写真を撮ったりすることが出来ます。
残念なことにシドニーがある州では州法でコアラ抱っこが禁止されているので、抱くことは出来ません。コアラが抱きたいならケアンズやブリスベン、アデレードなどに行く必要があります。
園内にいるコアラはほとんどが寝ています。ときどき起きてユーカリの葉を食べたり、痒いところをかいたりして、満足するとまた直ぐに寝てしまいます(笑)
コアラ 
コアラ 
コアラ 
コアラ 
コアラ

10時20分のお触りタイムが始まりました♪
スタッフが各グループごとに声を掛けてくれるので、呼ばれたら近づいてコアラをなでなでしたり、顔を寄せて写真を撮ったりしました。初めてコアラに触りましたが、とくに臭くもなく、毛もフワフワしてて柔らかく気持ちが良かったです♪
コアラ 
コアラ

コアラを十分に堪能しコアラパークを満喫したので、10時49分発のペナントヒルズ駅方面行きのバスに乗るため早々にコアラパークを出ました。
この日は日曜日だったので(1月1日です)バスが1時間に1本しかありませんでした。
コアラパーク前のバス停

ペナントヒルズ駅に到着するとチケットを購入すると、直ぐにシティ行きの電車が来ました。
ペナントヒルズ

そしてあっという間にシティへ戻って来ました。
街の中はすっかりキレイに掃除され、前日にあったフェンスやバリケードの様なものも撤去されて、前日にカウントダウンイベントが行われた余韻はほとんど残っていませんでした。
タウンホールで電車を乗り換え、サーキュラーキーまで来ると、ちょうどお昼時でお腹が空いていたのでベンチに座ってホットドックをいただきました♪
ホットドック

オペラハウス周辺も(たぶん)普段通りの状態に戻り、たくさんの観光客でにぎわっていました。
前日よりも天気が良くて、ハーバーブリッジもオペラハウスも鮮やかに観えました♪
ハーバーブリッジ 
オペラハウス

前日は入れなかった王立植物園(ロイヤル・ボタニック・ガーデンズ )ももちろん解放されていました。
ミセスマックォーリーズポイントまで王立植物園内を歩きます♪
王立植物園

王立植物園から見るシドニーのダウンタウンです。
ダウンタウン

オペラハウスからミセスマックォーリーズポイントまでは歩くと結構な距離です^^;
ゆっくり歩くとたぶん20分ぐらいかかるでしょうか?
ミセスマックォーリーとは19世紀の初代総督夫人のことで、彼女がお気に入りだった場所に岩で椅子が作られました。
ミセスマックォーリーズ・チェア 
ミセスマックォーリーズ・チェア

ミセスマックォーリーズポイントから眺めるオペラハウス、ハーバーブリッジ、ダウンタウンです。
シドニーで一番有名なポイントですネ♪
ミセスマックォーリーズポイントからの眺め 
ミセスマックォーリーズポイントからの眺め

セレブな若者たちが優雅に楽しんでします♪
セレブな方々

シドニー観光は満足したのでボンダイへ戻ることに。
王立植物園を横切ってサーキュラーキーに戻り、そこからバスに乗って帰りました。
ホテルへ一旦戻ると、着替えてボンダイビーチへ。
この日も泳いで、夏のシドニー(オーストラリア)を満喫することにしました!
しかし、ここで大失敗(+_+)
ホテルからビーチまで裸足で歩いて行ったら足の裏を火傷して水膨れになってしまいました。
もともと買う予定だったのですが、途中で3ドルほどのビーチサンダルを購入しました(笑)
二日前よりも天気が良いので海がとても綺麗でした!
両足の裏がヒリヒリしていましたが、とりあえず忘れて泳ぎました♪
ボンダイ・ビーチ 
ボンダイ・ビーチ 
ボンダイ・ビーチ

夕方まで泳ぎました。
帰りはホテルの近くにあったピザハットで夕食のピザを購入し、コンビニではデザートのフルーツを買って、2012年の最初の日が終了しました。

⇒上海&シドニー旅行記#5へ続く

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/499-bf5fdef3