昨日の朝まで天気予報は曇りだったのに、朝から雨の土曜日です。
自転車もバイクも諦めて、実家に行ってバイクいじり♪
実はこの時間がとても至福な、萌ぇ~な時間だったりします(*´∀`*)

私もその一人ですが、最近、ご近所に同じバイクがゴロゴロいるので、個性を出して差別化を図ろうと、購入時から密かに考えていました。友達から貰ったり、ネットで買い集めたステッカーと、カッティングシートを使ってなんちゃってレーサーっぽくします。
流行のモタードなので専用設計のかっこいいグラフィックステッカーなども売っているのですが、ステッカーのくせに数万もして高価なので、今回は寄せ集めステッカーによるオリジナルデザインでの貧乏ステッカーチューンにしました♪
純正ステッカーは剥がさずに共存させ、F1やWRCなどのカラーリングでもおなじみのレッドブル仕様にしてみました!
なかなかそれっぽく纏まりました( ̄∀ ̄)♪
まだスイングアームに貼るステッカーなども調達出来ていないのでまだ完成ではありません。
カッティングシートも久々に触るとなかなか手強くて綺麗に張ることが出来なかったので、よーく見ると抜けないエアが噛んでたりシワがあったりと汚いので、暇を見て手直していこうと思います。
WR250X 
WR250X 
WR250X

今日はステッカーチューンの他に、フロント・リア・エンジンのスライダー装着と、ハンドル・ハンドルバーの装着、そしてエアフィルターをTwinAirに交換しました。
WR250Xのエアフィルターは湿式エアフィルターなのでフィルター全体がオイルで濡れている状態なのですが、たぶんこれはオフロード走行を想定しての砂埃対策だろうと勝手な解釈をし、オフロード走行やダート走行などはまずすることないので、今回はそのまま乾式フィルターとして装着しました。
TwinAir

作業が終わるとなんと外は晴れているし、路面も乾いているじゃありませんか!!
ということでエアフィルターも替えたことだし、簡易燃調セッティングに行くことにしました。
キャブレターはメインジェットやニードルで燃調を行いますが、最近のインジェクションなバイクは、正確に燃調セッティングを行おうとするとパワーコマンダーなどのサブコンを接続して、ノートパソコンで数値を変化さ、空燃比を測定しながら行います。しかし、WR250Xの場合、簡易的ですがノーマルメーターで燃料の増減を行うことが出来るのです。
ネットで拾った情報ですが、サービスマニュアルにも載っているとのこと。
たぶんアイドル状態の燃料を増減することで、全マップを±方向にシフトすることが出来るのだと思います。

その操作方法をメモ目的で掲載しておきます( ̄▽ ̄)

≪手順≫
1)キーOFFの状態で「SELECT1ボタン」と「RESETボタン」を同時長押し、メインスイッチをONにすると『dIAGモード』に入る
2)「SELECT1ボタン」を押すと『COモード」に入る
3)再度「SELECT1ボタン」と「RESETボタン」を同時長押しするとC1とエンジン回転数が表示される
4)さらに「SELECT1ボタン」と「RESETボタン」を同時長押すると変更可能になる
  ※数値は「SELECT1ボタン」で上がり「RESETボタン」で下がる
  ※C1の初期値は固体毎に違う
5)メインスイッチOFFで設定記憶し終了

私のC1の初期値は#0でした。
先日マフラーを替えてから抜けがかなり良くなったので、燃調を濃い目の#4にしていました。
今回、エアフィルターを交換してから吸気効率も少しは良くなっているはずですが、とりあえずそのままのセッティングで自宅を出発しました。
マフラーを替えただけのときよりちょっと乾いた感じで、ピリピリした感じの乗り味になったので、平尾台に行く途中で#6に上げてみました。すると今度はモサっとした重い感じになったので、また止まって今度は#5に変更しました。
これで少し平尾台を走ってみましたが、結構いい感じです( ̄∇ ̄)♪

さて休憩でコーヒーでも飲もうかと思い、前田酒店前へ行こうとしたらパラパラと雨が降り始めたので、自然の郷周りでUターンして帰宅することにしました。平尾台を下りたところでバケツをひっくり返したようなスコールになり、びしょ濡れになって帰り着きました。

早くも新車を濡らしてしまいました(*/。\*)

実家の車庫に帰りついた途端、雨が止んで青空が顔を出し始めました・・・。
久々に雨男パワーを発揮です(゚Д゚)ノ ァィ

クリックしてネ!
banner_03.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/562-e09e4206