■8月12日(日)
『パリ~サントリーニ移動 編』です。
この日は朝7時半の飛行機でまずはアテネに移動します。
空港内のホテルだし、既にWebチェックインも済ませていたので5時半に起床しました。
ヒルトンホテルから出ると外は目が覚める寒さでした。
この日のパリの最高気温は30℃、最低気温は15℃だったので寒いはずです^^;
CDGVALに乗ってターミナル2Dに移動しました。まだ7時前なのにターミナル内は人で溢れていて、私たちが荷物を預けるカウンターにも行列が出来ていました。
ターミナル2D

シャルル・ド・ゴール空港のターミナル2はA~Fに分かれていて、それぞれのターミナルはそんなに大きくはありません。なのであまりレストランや名税品のショップなども多くありません。
とりあえずセルフチェックイン機でチケットを発券し、行列が減るまで待とうということになり、その間にベンチに座って朝食をいただきました。
朝食

しばらく待っても全然行列は減る気配はなく、仕方なく列の最後尾に並びました。
すると係員が「アテネ~!!アテネ~!!」と叫んでいます。
どうやら手荷物預けの締め切り時間が迫っているようで、「はい!アテネ!」と手を挙げると、一気に列を飛び越えてカウンター前まで移動することが出来ました^^♪ラッキー
荷物を預け、手荷物検査を受けて搭乗ゲート前に移動すると、既に搭乗手続きが始まっていました。
慌ててトイレを済ませ、飛行機に乗り込みました。
搭乗ゲート前

パリからギリシャまではエールフランスを利用しました。
パリ07:30発のAF1232便に乗って、約3時間のフライトでアテネへ移動します。
エールフランス

途中、飛行機はアルプス山脈の上空を通過し、雪が残る山々や氷河も見ることが出来ました。
アルプス

機内食です。
パンが二つにヨーグルトが付いていました。
機内食

甘くて美味しいビスケットも配られました。
ビスケット

約3時間のフライトですが、パリとアテネでは1時間の時差があるので11時半ごろアテネのエレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港に到着しました。
朝食

到着すると一旦荷物を受け取り、今度は国内線に乗り換えるためチェックインカウンターへ移動します。
ここでも既にWebチェックインを済ませているので、セルフチェックイン機でチケットを発券すると、Baggage-dropのカウンターで荷物を預けました。
エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港

アテネでは約3時間のトランジットがあるので、空港内でのんびりと昼食を食べて過ごすことにしました。
この空港もそんなに広い空港ではないので、レストランなども少なめです。
その中で選んだお店がここです。
空港で昼食

ビュッフェ形式のレストランで、ギリシャ料理やピザ、寿司などもあって、プレートに取った分だけ最後に清算するシステムでした。
空港で昼食

調子に乗って取り過ぎてしまい、昼食だけで二人で43ユーロ、しかも全部食べきれずに残してしまいました(--;
空港で昼食 
空港で昼食

昼食を食べ終わると空港内部を探検です♪
と言っても、そんなに広くないので直ぐに飽きてしまい、搭乗ゲート前でボーっとしていました。

次はオリンピック航空のアテネ15:00発OA554便に乗ってエーゲ海に浮かぶサントリーニ島に行きます。
搭乗ゲートからはバスに乗って移動しました。
飛行機は80人乗り程の小さなプロペラ機でタラップで機内に入ります。
こんなに小さな飛行機ですが、その内10人ぐらいは日本人でした。
オリンピック航空

サントリーニ島まではたった40分ほどのフライトですが、飲み物とスナックが出てきました。
オリンピック航空

あっという間にサントリーニ島に到着です。とても小さな真っ白な空港でした。
飛行機からタラップで下りると、ターミナルまでは直線距離で100mもないのにバスに乗って移動しました。
サントリーニ空港

本日の宿泊ホテルは島の最北端に位置するOia(イア)という地区で、空港からはたぶん5キロほどの距離があります。とくに急ぐこともないのでバスで移動することにしました。
同じ飛行機で来た人たちはレンタカーやタクシーに乗って行ってしまい、空港の前のバス停には私達だけがポツンと取り残されました。
空港からイアへの直通バスはないので、一旦、島の中心地でもあるFira(フィラ)へ移動します。
30分ほど待ってローカルバスがやって来ました♪
バス

フィラまでは一人1.6ユーロです。
たぶんタクシーでフィラまで行くと20ユーロぐらい、ましてやイアまでなら50ユーロ以上かかるだろうからかなりの節約です^^
バスチケット

フィラのバスターミナルに到着しました。
ここで10分ほど待って、次はイア行きのバスに乗り換えました。イアまでも同じく一人1.6ユーロです。
バスターミナル

フィラからイアまでは結構遠くて、バスで20分以上かかりました。
イアのバスターミナルに到着すると、インフォメーションでホテルの場所を確認します。イアの街は迷宮の様に路地が入り組んでいて、インフォメーションで書いてもらった地図だけではよく分からず、途中で道を尋ねながらホテルを目指しました。
路地は意外とアップダウンがあり、しかも小さな石が埋め込まれていて、スーツケースを引っ張って歩くには一苦労でした。
イアの路地

結局はかなり遠回りし、裏ルートを通ってなんとかホテルに辿り着きました。
風が冷たくて日陰に入ると涼しいのですが、日差しはかなり強いので、重たいスーツケースを持っての移動で汗だくになってしまい、素直にホテルに連絡してピックアップを依頼すれば良かったと後悔しました。
レセプションに到着すると受付の可愛い女の子が「自分で運んで来たの!?」ってビックリしいて、冷たい水まで出してくれました。
今回、サントリーニ島で2泊したホテルはFanari Villas(ファナリ・ヴィラ)というとても可愛いサントリーニ島らしい真っ白なホテルです。
ファナリ・ヴィラ

それぞれ部屋は岸壁の岩をくり抜いて作ったケープハウススタイルで、ぱっと見た感じでは何処から何処までが自分の部屋か公共のスペースなのかも分からない様な作りになっています。ホテルの敷地であることが分かるように、ホテルの通路は統一した色で塗られていました。
ホテルの中心にはプールがあり、私たちの部屋はそのすぐ隣の部屋でした。
イアはサンセット勧賞で人気の場所で、夕方になると人々が沢山イアに集まってきます。しかし、このホテルに泊まっていればサンセット勧賞の移動も場所取りも必要なく、自分の部屋から見ることが出来るのでとても人気のあるホテルで、私も半年前から予約していました。
ファナリ・ヴィラ 
ファナリ・ヴィラ 
ファナリ・ヴィラ

チェックインを済ませると、スーツケースを運んで汗を掻いていたので、プールで泳いでさっぱりしました。そして、夕食を食べながらサンセット勧賞でもしようと思い、座席確保の為、早めにホテル内のレストランに行きました。
ファナリ・ヴィラのレストラン

単品料理だとあっという間に終わって、日の入り時間まで居られないので、初めて海外でコース料理を注文しました。レストランに入ったのは19時ごろでしたが、まだ太陽が高く、日差しが強くて暑いですが我慢です(--;
ファナリ・ヴィラ

レストランからイアのサンセットポイントである岸壁の展望台を見ると既に人で溢れていました。
ファナリ・ヴィラ

ビールとワインを飲みながら、のんびりと料理を食べていると次第に日が暮れ、涼しくなって来ました。
日が完全に沈むと同時にイア全体に歓声が響き渡り、まるで年末のカウントダウンの様でした♪
サントリーニ島のサンセット

食事が終わると夜のイア散策に出掛けました♪
夜のイア 
夜のイア 
夜のイア 
夜のイア

⇒ギリシャ&フランス旅行記#3へ続く

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/579-ad8bf4aa