■8月17日(金)
『パリ市内観光 編2』です。
いよいよ観光も最終日です。

今日も朝からモンパルナス駅です。
朝食はヴェルサイユに行ってから食べようと、何も買わずに地下鉄に乗りました。
モンパルナス駅

またモビリス(一日乗車券)を購入し、13号線に乗ってアンヴァリッド駅(Invalides)まで行き、RERのC5線に乗り換えて終点のヴェルサイユリヴゴーシュ駅(VersaillesR.G)まで行きました。
ヴェルサイユリヴゴーシュ駅 
ヴェルサイユリヴゴーシュ駅

駅から「ヴェルサイユ宮殿」までは600mということなので、途中にもカフェぐらいあるだろうと思い、水も何も買わないまま移動しました。しかし、何もお店がない(開いていない)まま、ヴェルサイユ宮殿に到着してしいました。
ヴェルサイユ宮殿

仕方ないのでそのまま入口へ行ってみました。
チケットは事前にネット購入し持参していたので直ぐに入れるだろうと安易に考えていたら、入口の係員に「この列に並んで下さい」と言われ、数百メートルはありそうな入場待ちの列に並びました。
ヴェルサイユ宮殿の入口 
ヴェルサイユ宮殿入場待ちの行列

このとき広島から個人旅行で来ていた女性二人組と一緒になり、今までどこに行ったとか、楽しくいろいろお喋りしながら待っていると、直ぐに時間が経ち、あっという間に入場の順番がやって来ました。
入場時には手荷物のセキュリティチェックがあり、カメラの三脚は持ち込み禁止らしく一時預かりに没収されました。
広島の二人と別れる前に、一期一会の思い出にと記念撮影しました♪
記念撮影

二人と別れ、ヴェルサイユ宮殿内の中に入ります。
まだ朝食を食べていないままですが、順路に沿って見学しました。
絵とか見てもよく解らないので、さっさと早足で見ていきます♪
ヴェルサイユ宮殿 
ヴェルサイユ宮殿 
ヴェルサイユ宮殿 
ヴェルサイユ宮殿 
ヴェルサイユ宮殿 
ヴェルサイユ宮殿 
ヴェルサイユ宮殿

空腹と喉の渇きに耐えながらヴェルサイユ宮殿の出口付近まで行くと、カフェを発見したので迷わず入りました。硬いフランスパンのサンドウィッチとマフィン、コーラを購入し、ブランチをいただきました^^♪
ヴェルサイユ宮殿でブランチ

お腹も落ち着き元気を取り戻したので、宮殿を出て庭園を回ることにしました。
庭園

元気になったといっても、とても歩く気になれないほど広い庭園なので、園内を巡回するプチトランに乗りました♪
ヴェルサイユ宮殿のプチトラン 
ヴェルサイユ宮殿の庭園 
ヴェルサイユ宮殿の庭園 
ヴェルサイユ宮殿の庭園 
ヴェルサイユ宮殿の庭園 

ヴェルサイユ宮殿観光が終わると、またヴェルサイユリヴゴーシュ駅からRERに乗ってパリ市内へ戻りました。
行きに地下鉄からRERに乗り換えたアンヴァリッド駅まで来るとその先は工事中ということで降ろされました。そしてその先は工事区間の代行バスがあるということなので地上に上がり、道案内に従って移動し、近くの公園から発車する臨時代行バスに乗りました。
そのバスをサン・ミッシェルというバス停で降りると北へ向かって歩きます。
セーヌ川に架かるサン・ミッシェル橋を渡ると「ノートルダム大聖堂」が見えました。
ノートルダム大聖堂

美しいゴシック様式のノートルダム大聖堂です。
ノートルダム大聖堂はシテ島というセーヌ川の中州にあります。このシテ島は紀元前200年ごろにケルト民族が集落を築き住み始めたパリ発祥の地です。
ノートルダム大聖堂

ここでもまた新郎新婦に出会いました。
近くにいたご家族に撮影許可をいただき、新婦さんに「おめでとう!」と言って、ノートルダム大聖堂を背景に撮影さえて貰いました♪
ノートルダム大聖堂と新郎新婦

ノートルダム大聖堂の中に入りました。
内部は撮影はOKですがフラッシュは厳禁です。
しかし、中に入ってみると遠慮なくバシバシフラッシュが光っています。そういうルールを守れないのはだいたいが中国人だったりします^^;
ここも説明なく写真だけでご紹介します♪
ノートルダム大聖堂 
ノートルダム大聖堂 
ノートルダム大聖堂 
ノートルダム大聖堂 
ノートルダム大聖堂 
ノートルダム大聖堂 

ノートルダム大聖堂を出るとシテ島の北に架かるアルコル橋を渡り、パリ市庁舎前を通って地下鉄シャトレ駅(Chatelet)に行きました。シャトレ駅の前にはサン・ジャック塔があります。
サン・ジャック塔

シャトレ駅から地下鉄7号線に乗って、パレ・ロワイヤル・ミュゼ・ルーヴル駅(Palais Royal Musee du Louvre)で降りて、二日前に祝日で休みだった「ルーブル美術館」に行きました。
パレ・ロワイヤル・ミュゼ・ルーヴル駅を出ると、パレ・ロワイヤル前の広場で地面に絵を描いている人がいました。
パレ・ロワイヤル前

ちゃんとルーヴル美術館は営業していました^^
手荷物のセキュリティチェックを受けると中央入口のピラミッド内に入ります。チケットは事前にネットで購入していたので、すぐに入場できました。
たくさんある絵や彫刻を見てもよく分らないので、目的を絞って見学することにしました。
ルーヴル美術館 
ルーヴル美術館

「モナリザ」に到着しました♪
流石に人気があるのでたくさんの人で溢れていました。
みんなモナリザとのツーショット写真を撮ろうとしてなかなか動かないので、最前列まで移動するのは一苦労でした。
モナリザ 
モナリザ

モナリザの次は「ミロのヴィーナス」です♪
ミロのヴィーナス

そして最後は「ハムラビ法典」です。
ハムラビ法典

主なものは見たので、満足してルーヴル美術館を後にしました。
再びパレ・ロワイヤル・ミュゼ・ルーヴル駅から地下鉄に乗り、モンパルナス駅まで戻りました。
モンパルナス駅前に、中華と日本食の店があるのを確認していたので、最後の夕食はそこで食べようと決めていました。
しかし結局はそのすぐ隣の「LE PSRADIS」という小さなレストランに入りました。
LE PSRADIS

店内の様子です。
小さなお店ですがとても雰囲気の良い店です。
LE PSRADIS

パリは夕方になると涼しくて快適なので、もちろんオープンテラスです♪
LE PSRADIS

席に着くとウェルカムドリンクでリンゴが入った甘くておいしい赤ワインが出てきました。
LE PSRADIS

フランスと言えばエスカルゴ!!
最後の最後でフランスらしいものを食べることが出来ました^^
エスカルゴは日本語でカタツムリですが、味はバジルの味しかしませんでした。
LE PSRADIS

前日に引き続き、この日もステーキを食べました♪
なつ嬢はサーモンのパスタです。
LE PSRADIS 
LE PSRADIS

先に入っていた隣の席のグループが美味しそうなデザートを注文していたので、店員を呼びとめて同じものを注文しました。
するとデザートといっしょに店員の男性からなつ嬢にバラがプレゼントされました♪
LE PSRADIS

適当に入った店でしたがとても満足な最後の夕食でした!
食後はちょっとホロ酔いでホテルまで歩いて帰りました。

⇒ギリシャ&フランス旅行記#8へ続く

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 旅行ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/584-a4b8cb8f