今日は自転車競技の『2013ツール・ド・国東』の撮影で、大分県杵築市に行ってきました♪

ツール・ド・国東のコースは4つあり、Aコースは「 国東半島1周センチュリーラン(160km)」、Bコースは「国東半島満喫コース(95km)」、Cコースは「国東半島ふれあいコース(75km)」、Dコースは「城下町散策コース(20km)」です。
本年度より若干コースに変更があり、私の撮影担当はその新しくなったコース上の2箇所での撮影でした。
一つ目はスタートして直後の約2.5km地点から3.4km地点で、そこは杵築市役所があるメインストリートであり、商人の町と言われる観光名所です。
このメインストリートを選手はパレード走行しました。
撮影ポイントはこの通りで一番有名な場所である「酢屋の坂」&「綾部味噌」前で撮影することにしました。
また今回も欲を出して2台同時撮影です^^♪
ツール・ド・国東 
ツール・ド・国東

9時半からAコース、Bコース、Cコースの順でスタートし、約30分程でパレード撮影が終了しました。
ちなみにDコースはスタート直後からコースが違うのでここには来ませんでした。

直ぐに次へポイントへ移動です。
二つ目は杵築城前の杵築大橋で撮影です。
ここはゴールまであと1kmというポイントで、A・B・C・Dのすべての選手が通過するポイントです。
ただA・B・Cコースは北から、Dコースは南からやって来ます。
AとBはまず午前中には帰って来ないとしても、Cの75kmは早い人だと2時間ちょっとで帰って来るかもしれないので、そっちをチラチラと気にしながら、反対車線からパラパラと帰って来るDコースの選手を撮影しました。
歩道を走る人、車道を走る人がバラバラで、無理して道路を横断して撮影すると車に撥ねられそうなので、反対車線から望遠レンズで撮影しました。
ツール・ド・国東 
ツール・ド・国東

結局AもBもCも帰って来る前に、Dコースが終了しました。
このツール・ド・国東、以前はマラソンの様にチップを付けてタイム計測していたのですが、そうするとタイムを競いガチンコレースになって、交通ルールを守らなかったり事故が増えたりしたので、今は完走目的だけのイベントとなっています。そのお陰かみんなのんびりとエイドでの食事などを楽しみ、制限時間ギリギリで走る人も増えました。
今回の私の撮影ポイントはどちらも一目で「杵築」と分かるポイントなので、縦位置一人抜きは他のポイントのカメラマンに任せ、ちょっと選手が小さくなってしまいますがこれもバリエーションと思い、三脚固定で杵築城を背景に、ひたすらシャッターを切り続けました。
ツール・ド・国東

交通量の多い国道沿いでネズミ取りの取り締まりの様にカメラを構え続け、18時ごろまで撮影が続きました。
知り合いも多く参加してた大会で、声を掛けてくれる人もいて、楽しい撮影でした(^-^)♪

クリックしてネ!
banner_03.gif にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/651-98cef187