上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと思い立ち、使い古しのD700とマラソン撮影用のD700、そしてプライベート用と集合写真のD610の3台をドナドナし、ほとんど手出しすることなく、D810を購入することが出来ました(^-^)♪
防湿庫の中もかなり窮屈になって来ていたので、一台に集約することでだいぶスペースを空けることが出来ました。D610はまだ購入して1年ほど、プライベートで子供を撮ったり旅行に持って行ったりすることが多かったのですが、FXのエントリー機なのでやはり動いているものにはちょっと弱く、ホワイトバランスというか色合いもなんとなく好きになれないままでした。
D810は3635万画素という高画素高画質なので一つ一つのデータ量が大きくなることから、D800のころから憧れを抱いてはいましたが、パソコンでの処理や管理が大変になりそうで、少し敬遠していました。
でも、やはり諦めきれずD810Aの発表と同時にD810の購入に踏み切りました!!(笑)
D810

D810の記録媒体は、SDカードとコンパクトフラッシュをそれぞれ一つずつ入れることが出来るダブルスロットです。
SDカードはD610の時の64GBがあるのですが、やっぱりコンパクトフラッシュの方がいいかなと思い、同じく64GBのコンパクトフラッシュ(Transcend 800x)を購入しました。
Transcendは同じ64GBでも1000xと400xがあり、1000xは800xの倍の価格で、400xは2,000円ぐらいしか差がないので800xを購入しました。
SanDisk製のコンパクトフラッシュの32GBと16GBはいくつか持っているのですが、同メーカーの64GBとなるとかなり高額になるので、安価なTranscendにしました。Transcendは安いだけあって信頼性に不安があったのですが、カメラマン友達にいろいろ聞いたところ、意外と使っている人が多く、トラブルは少ないということなので思い切って購入することにしました(^^)/
コンパクトフラッシュ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/785-05567df3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。