8月下旬までKUOTAのカリバーに乗っていましたが、やはり以前乗っていたサーベロにまた乗りたくて、思い切って購入しちゃいました♪
当初はKUOTAも残す予定でしたが、やっぱり2台あってもどちらかがホコリを被るだけなので、KUOTAはたった半年ほどしか乗りませんでしたが、手放すことにしました。

今回のパーツ購入はすべてネットショッピングを利用しました。
しかも、大物のフレームやホイールはニューヨークにあるR&A Cycles(https://www.racycles.com/)と言うショップから個人輸入しました。
フレームは直ぐに届いたのですが、ホイールの方は何故か間違えてオーストラリアに行ってしまい、通関で2週間ほど放置され、注文から3週間ほどで手元に届きました。
海外から個人輸入した場合は日本の税関を通り、関税が課せられますが、どれもだいたい3千円前後でした。
今回選んだフレームはサーベロのSシリーズの最上位であるS5、しかしS5の中でも3グレードあるので、その中の最下位のグレードとなります。年式は2012年モデルです。そんなに価格も変わらなかったので現行モデルも考えたのですが、デザインがあまり好きではないので2012年モデルを選びました。
ホイールは念願のZIPPです。カンパのボーラウルトラも候補に上がりましたが、やはりサーベロにはZIPPだろうと思い、購入に踏み切りました。これもR&A Cyclesのアウトレット品の購入で、安かった2013年モデルのカンパ用フリーのものを購入して、同時にシマノ用フリー単体を購入して付け替えることにしました。リムは404と808の組み合わせが理想でしたが、在庫が前後808のものしかなかったのでそれにしました。
コンポーネントはアルテグラ6870で、初めてのDi2です。これは国内で買ってもほとんど金額が変わらなかったので、ウエムラサイクルパーツのオンラインショップで購入しました。バッテリーは内装式で、シートチューブの中間に収まっています。
一つ失敗したのは、バッテリーのケーブルをタイラップで縛ってしまったので、圧入しているBB30を外さないとバッテリー交換が出来ません。ただバッテリーの寿命が来るのが2年以上先なので、その時にはBB30を新しいものに替えようと思います。
KUOTAではハンドル、ステムは3Tでしたが、今回はFSAにしました。クランクもFSAのK-FORCE LIGHTのBBLight用で、これはアメリカはイリノイ州にあるVelomine(http://www.velomine.com/)と言うショップで購入しました。ここで購入した時はフレームとホイールを買った直後だったので、アメリカ国内でのクレジットカード使用額が短期間で高額になったので、審査が入ることになりました。待つのが面倒なのでVelomineに連絡し、一旦キャンセルしてPaypalを利用して再度、支払い手続きを済ませました。
次にブレーキですが、コンポーネントに合わせてアルテグラ6800で済ませるつもりでした。しかし、サーベロS5はリアブレーキの取り付けが少し特殊で、ワッシャーかカラーを入れればアルテグラでも行けないことはなかったのですが、これを機に憧れていたTRPの970EQを購入しました。マグネシウムCNCアームを採用した超軽量キャリパーブレーキで、前後セットで228gしかありません。
cervelo S5 
cervelo S5 
cervelo S5 
cervelo S5

まだ細かい調整や、パーツの変更など必要になるかも知れませんが、完全新品パーツで組み上げたニューマシンの完成です(^^)/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/826-79a74bf0