上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末は宮崎県の三股町というところで開催された記念すべき第1回目のマラソン大会の撮影に行ってきました。今回の移動は、大寒波が予報されていたので、車ではなく公共交通機関を使用しました。
1月24日(土)、九州新幹線に乗って鹿児島中央駅まで行き、そこから日豊本線の宮崎行に乗り換えて都城入りしました。
宿泊は都城駅のすぐ近くにあるビジネスホテルです。
三股町は都城市に隣接する街でJRで一駅の距離です。
今回の撮影は2か所の撮影ポイントを移動しなければいけません。三股駅を中心に北側が1ヶ所目、南側が2ヶ所目、直線距離にして3kmほどしかありませんが、徒歩ではランナーに負けてしまいます。なので、25日(日)の当日は電車で三股駅には行かず、都城のビジネスホテルで無料のレンタサイクルを借りて、撮影ポイントへ直接移動しました。
この撮影ポイント、主催者側のご指定なのですが、立派な看板が設置され、写真に写るように少し斜めになってます。そして、この直線の道の先には天気が良ければ霧島連山がどどーんとそびえ立つ最高の撮影ポイントなのですが、この日は看板だけとなってしまいました。来年にリベンジです(^-^)/
三股町
2ヶ所目に移動しても雪は止むことなく、酷いときにはランナーが見えないぐらいの吹雪でした。
2ヶ所目の撮影ポイントはゴール直前だったので、制限時間の12時10分ぐらいに最終ランナーが通過して撮影が終了しました。撮影後に主催者の担当者様に電話連絡する予定でしたが、あまりの寒さにスマホの電池が10%以下に低下して使えない状態に。電車の時間もあったので、連絡は後ですることとし、吹雪の中を自転車に乗って都城へと戻りました。
ホテルで自転車を返却し、都城駅に行くと、予想はしてましたが鹿児島方面の電車が不通となっていました。13時15分都城発の特急列車で鹿児島中央駅へ移動する予定でしたが、電光掲示板が真っ黒です(笑)
改札前には同じく鹿児島中央駅まで行きたい人で溢れていました。

何か方法はないかと考えます。
近くにいたスーツ姿のサラリーマンと山口県から自転車で来ていた学生とで、タクシーを相乗りして行きましょうということになりました。しかし、近くにいたタクシーの運転手にいろいろ調べて貰いましたが、鹿児島へと続く国道10号線はチェーン規制が出ているらしく、南国宮崎のタクシーはチェーンを持っていないとのこと。3社ぐらい当たってみましたが、どこも拒否されました(笑)
高速バスは高速道路が全面通行止めになっているのでダメですし、路線バスも次の便が17時ごろで鹿児島まで行けるかどうかも不確か、15時ごろの次の鹿児島行き特急列車が動くかどうかに賭けるしかなく、これがダメならもう一泊して翌日帰る覚悟でした。
都城駅

兎にも角にも腹が減っては何とかということで、駅のすぐ近くでラーメンを頂きました♪
ここでラーメンを食べながら何かイイ方法はないものかと考えます。
ラーメン

鹿児島中央駅まで行けば、九州新幹線は辛うじて動いている様なので、チェーンを付けている車を探してヒッチハイクでもするか?
でもそれはタクシーがスタッドレスもチェーンも持ってないぐらいなので、かなり確率が低いです。
宮崎市内から特急にちりんでという方法もありますが、佐伯~延岡間が運休なので無理です。
自分はチェーンを持っているので、初めから車で来て、下道でも帰る覚悟があればそれが正解だったのかも知れませんが、公共交通機関の陸路はすべて閉ざされてしまいました。

ところで、空はどうなってるのかな?と、宮崎空港のホームページを確認すると、遅延はしてるものの既に3便ぐらいは福岡に行けている様です。しかも宮崎市内は全く雪が降っていないとのこと(笑)
慌ててクライアントに電話し、事情を説明したところ、一番安全に帰れる方法で帰って下さいと、飛行機利用を快諾してくれました。スマホで急いで17時50分宮崎発の飛行機を予約しました。15時35分もあったのですが、間に合わないだろうと思いその便にしました。
13時半ごろ、再び都城駅に戻ります。
宮崎方面の電車は西都城の折り返しで動いていて、次の電車は14時12分発の普通電車でした。
するとその時、遅れている宮崎行の特急列車が間もなく入るとアナウンスが入りました。
駅員に確認すると、宮崎空港への乗り換え駅となる南宮崎にも止まるとのことなので、急いでホームに移動して飛び乗りました。
都城駅

先ほどまで撮影していた三股町を通過し、真っ白な山の中を電車はのんびりと進みました。
田野というところまで来るとほとんど雪は降っておらず、清武手前から宮崎市内は全く雪など降ってなく、青空が出ていました。
南宮崎駅に到着して空港行の電車に乗り換えようとホームに行きましたが、やはりダイヤは乱れているようで、空港行の電車が1時間ほど先までありませんでした。迷わず改札を出てタクシーに飛び乗り空港へ。ちょうど15時ごろに宮崎ブーゲンビリア空港に到着しました。
タクシー

17時50分の便を予約していましたが、JALのチェックインカウンターで15時35分の便に変更して貰いました。さらに14時30分の便が遅延していて、まだ出発していないということで、空席待ちの予約を入れて貰いました。
14時30分発の便の出発時刻が16時15分に決まり、15分前の16時ごろに空席待ちで自分の番号が呼ばれ、ちょうどそのころ、17時台の福岡行きのANA便が欠航を告げるアナウンスが流れていました。
もう少し遅れていたらJALもダメだったかも知れません(^^;
宮崎空港

飛行機に乗り込む時間も少し遅れ、結局は16時40分ぐらいに宮崎を離陸しました。
宮崎空港

福岡までは通常40分ぐらいのフライトですが、この日は福岡空港が混雑していて、長崎上空でさらに40分ぐらい旋回しながら待機し、18時10分ごろに真っ白な福岡空港に無事着陸しました。
その後、地下鉄で博多駅まで移動すると、山陽新幹線は10分ほどの遅れで、18時50分ぐらいの大阪行きの新幹線さくらで小倉に戻ることが出来ました。

仕事なので仕方ありませんが、数十年に一度といわれるぐらいの大寒波の時に行動すると、こういう目に合うのだなと肝に銘じました。ただ、大変でしたが楽しい宮崎脱出でした(^-^)♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/841-58ce6e77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。