昨日開催された「北九州マラソン2016」、地元開催ということもあり、前日のEXPOからいろいろな知人に会いました♪
撮影がおわりfacebookをチェックすると何名かの友達に後ろ姿を盗撮れさていました(笑)
その中の一つ、ゴール地点の近所にお住いの社交ダンスの先生が撮ってくれたものを拝借!
北九州マラソン

こうやって見ると私ってデカイですね(^^;;
この写真だけを見るとサボってるかの様に見えるので説明致します!
今回の撮影担当はチップ撮影と言って、ゴール全体を広角レンズで捕え、選手がゴールラインを通過した瞬間にシャッターを切るという撮影です。基本、ピントは固定(置ピン)で絞り優先モードで撮影します。露出はカメラ任せとなり、露出の調整はシャッタースピードの増減となります。なので急に陰って暗くなったりするとシャッタースピードが極端に遅くなって被写体ボケしてしまうので、慌ててISO感度を上げて修正します。急に日が照って来た時はその逆です。
ISOオートでも大丈夫なのかも知れませんが、機械任せは心配なのでいつもこのようにして撮影しています。
チップ撮影はファインダーを覗かずに、レリーズケーブルを持って両目で被写体を確認しながらの撮影なので、目には優しいのですが、定期的に現在のシャッタースピードや撮った画像の露出を確認しながら行うので、脚立の上に座っていても頻繁に立ったり座ったりすることになります。
だから今日は太腿が自転車でセンチュリーライド走った後かの様に筋肉痛です(^-^)♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/845-80a725a6