上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月30日(金)です。
この日は上海から香港への移動日です♪

マリオットホテルのフルブレックファーストでしっかり朝食を食べると、直ぐにチェックアウトして空港へと向かいます。
ホテルの朝食

空港は「浦東」ではなく初めて利用する「虹橋」です。
地下鉄の2号線に乗って虹橋空港第2ターミナル駅で降り、10号線に乗り換え第1ターミナルへ移動しました。飛行機は9時20分発でしたが、移動に結構時間がかかり、ギリギリで飛行機に乗ることが出来ました(笑)
上海虹橋国際空港 
上海虹橋国際空港 
機内の様子 
機内の様子




12時半ごろ香港に到着しました。
香港国際空港 
香港国際空港

入国審査を済ませ、荷物を受け取ると、香港ドルを両替し、エアポートエクスプレスのチケットを2枚と、子供はオクトパスチケット(チャージできるやつ)を購入しました。
エアポートエクスプレス 
エアポートエクスプレス

約30分ほどで九龍駅に到着しました。
ここから主要ホテルを廻る、無料のシャトルバスに乗り換えました。
シャトルバス 
シャトルバス

今回、香港で3泊するホテルは尖沙咀(チムサーチョイ)にある「カオルーンホテル」で、香港島の夜景が見られるプロムナードまで直ぐで、MTRの尖沙咀駅もホテルから直結といった好立地のホテルですが、今どき無料Wi-fiない(1日140ドルの有料)と言う、変わったホテルでした。
ホテルの部屋に荷物を置くと、MTRに乗って香港島の金鐘駅まで移動し、ビクトリア・ピークへ登るピークトラムの駅まで歩いて移動しました。
金鐘

駅に到着すると、手前の広場から長蛇の列です(^_^;)
ピークトラム駅 
ピークトラム駅

地元の人っぽい人に確認すると2時間以上は待つとのこと。
子供も一緒なのでそんなに待てないので諦めようかと思ったのですが、列の近くで売り子が何か言ってるので確認すると、マダムタッソー(蝋人形館)とピークタワーのチケットをセットで購入すると、この列に並ばずに20分ほどでトラムに乗れるらしい。
3人で800ドル程しましたが、時間は金に換えられぬということで、そのチケットを購入することにしました♪
それでも結構並びましたが、おかげで1時間ぐらいでピークタワーに上がることが出来ました。
チケット

3枚目の写真で分かるように、ピークトラムはすごい急勾配を登っていきます♪
トラム 
トラム 
トラム


夜景を観るピークタワーの展望台は人で溢れていました。
ここまで来て夜景を観ずに帰る分けにはいかないと、最前列の人の背後にピタッとへばりつき、その人が飽きるのをじっと待ちました。
1時間ぐらいジッと立って待っていると、右前の欧米人の4人組が退いたので、すぐさま最前列へと移動しました。
三脚を持って行ったのですが、脚を広げることが出来ないので。2本を手すりの溝に挟み、1本を地面に着けて体で挟んで固定して夜景撮影をしました。
1眼レフで三脚を使って撮影している人は何人かいましたがほとんどがスマホかコンデジで、私がスローシャッターで撮って確認する度に周りの人が「オ~♪」って歓声を上げていました(^^ゞ
確かにビクトリアピークの夜景は肉眼で見るよりカメラで撮った方が綺麗です(笑)
ビクトリア・ピーク

夜景も撮れて満足すると次の人にポジションを譲り、下の階でなつ嬢と娘と合流して、ピークタワー内の日本料理屋で夕食をいただきました♪
味は日本と変わらず十分美味しくて、娘もガッツリ食べていましたが、とにかく単価が高くて1万5千円ぐらい払うことになりました(笑)

食後はマダムタッソーへ!
一部だけご紹介♪
香港といえばポリスストーリー等でもおなじみのジャッキー・チェン(笑)
マダムタッソー

そしてテイラースイフト!!
背が高いし顔が小さっ!!!
マダムタッソー

有名人との写真撮影を堪能するとホテルに戻りますが、帰りのピークトラムも2時間以上待たないとのこと。
やはり待っていられないので、タクシーで下ることにしました。
値段を聞いてみると金鐘駅まで300ドル(約4,400円)とおもいっきりボッタくり金額ですが、仕方がないので乗ることにしました。
かなりのスピードで山を下り、約10分ほどで金鐘駅に到着しました♪

MTRに乗って尖沙咀に戻り、直ぐに就寝しました。
カオルーンホテル

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://matsuken77522.blog57.fc2.com/tb.php/892-29ad7c10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。